« 長距離から通勤までオールラウンド。【近鉄2610系】 | トップページ | 鉄道コレクションのNゲージ化【南海21000系】 »

グリーンマックス塗装印刷済組立キット【近鉄2610系】

▼こつこつと夜に1両ずつ組み立てていた近鉄2610系キットですが、なんとか出来上がりました。(いつものことながら、車番インレタはパスしていますが・・・)

Cimg4364

▼実車はこういう感じです。大阪上本町駅にて撮影。

Cimg2873 

▼いつもながらGMは取り扱い説明書が訂正の嵐で困ります。今回も、大きな誤りがあって、訂正として小さい紙が入っていましたが、見過ごしてしまいました。

▼その1は、幌です。幌は上本町方のク2710に付けないといけませんが、松阪方のモ2610に付けてしまいました。結果は次のとおりとなりました。

Cimg4359_2

▼その2は、優先座席の表示マーク。これは、モ2660の松阪方に向かって右側の窓には必要ないのに、貼ってしまいました。しかもシールの数が足らないので、1個ずつ。どうりで足らないはずです。一方には必要なかったのだから。

Cimg4356

Cimg4349

▼分散キセを組み立てたわけですが、キセは屋根と一体型で、組立の面白みはありません。ヒューズ箱とアンテナを付けるのがせいぜいの工作です。

Cimg4363

▼分散キセの実物は次のとおりです。

Cimg2869

▼方向幕は、元々プラスチックの素材のままの赤色。近鉄マルーン色とは違うので、合いません。。。GMも気にしているのか、上級者は、色なしの方向幕を付属させているので、マルーン色で塗って付けるように配慮はしています。筆者は面倒なので、そのまま色付きのものを貼り付けました。

Cimg4361

▼先頭車の連結器はダミーカプラーを付けています。お好みで、GMのドローバーか、TOMIXのTNカプラーを付けることが可能です。ドローバーはちょっと。。。という感じです。

▼サ2760のトイレも表現されています。窓も埋め込まれています。

Cimg4353

▼実車はこんな感じです。

Cimg2871

▼モ2660の屋根の表現もまぁまぁの出来でしょうか。

Cimg4358

▼キセの通風用の網がけは表現が省略されていて、ちょっと雑な感じです。連結面の貫通扉は、色分けがされています。アイボリーではありますが。

Cimg4347

▼取扱説明書の間違いはあったものの、組立キットとしては、まぁ満足できるものでしょうか。完成品を買うのと、組み立てキットを買うのと、どちらがよいのか。ちょっと迷います。以前発売されたマイクロエースの2610系と比べると、どうなんでしょうか。

▼近鉄の普通車はGMから数種類の未塗装キットも出ているので、いろいろ組立っていますが、やはり、ツートンの色塗りがなかなか難しい。そういった意味で、今回の塗装印刷済キットは重宝なキットではあります。

Cimg4365

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 長距離から通勤までオールラウンド。【近鉄2610系】 | トップページ | 鉄道コレクションのNゲージ化【南海21000系】 »

模型」カテゴリの記事

コメント

この頃はまだ大阪線と奈良線の車体寸法がちがっていたので、
大阪線用は車体下部のすそ絞りがありませんね。

クーラーのカバー(キセ=着せ=カバー?)が
あんなに分散しているとは知りませんでした(^^;。
同世代の奈良線用はもっとすっきりしていますね。

投稿: るーと | 2012年7月16日 (月) 09時53分

るーとさん。

奈良線の裾絞りは流線型のようで
速い印象を持ちます。
クーラーのカバーが「キセ」というのは
そういう意味があるのでしょうか。
個人的には連続キセより分散キセが
好きなんですが…。

投稿: kumoha313 | 2012年7月16日 (月) 10時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/46279286

この記事へのトラックバック一覧です: グリーンマックス塗装印刷済組立キット【近鉄2610系】:

« 長距離から通勤までオールラウンド。【近鉄2610系】 | トップページ | 鉄道コレクションのNゲージ化【南海21000系】 »