« 丹後ちりめんの里の鉄道。【加悦SL広場】 | トップページ | 加悦SL広場。その3。 »

加悦SL広場。その2。

▼丹後ちりめんの里でかつて活躍した鉄道車両を展示した「加悦SL広場」には、蒸気機関車のみならず、気動車、ディーゼル機関車、事業用車両などいろいろなものが集められています。

▼売店横には、キハ08形が展示されています。この車両は、1955年(昭和33年)国鉄60系木造客車オハ62130を盛岡工場にて鋼体化改造、1962年に苗穂工場で気動車化改造を施され、キハ40に形式変更、釧路に配属されていたもの(1966年キハ08に形式変更)を、1971年に加悦鉄道が譲り受け、翌1972年より営業運転を開始。

Cimg4276

▼その横には、 キハ10形が保存状態がいまいちで展示。塗装がだいぶ剥げています。

Cimg4269

▼「日本国有鉄道」、「帝国車輌・昭和31年」という標識がなかなか渋い。

Cimg4271

▼加悦鉄道の最後まで走り続けた気動車。

Cimg4270

▼それにしても、幌もボロボロ。。。何とかしてあげて。

Cimg4325

▼元加悦駅舎のそばには2号機関車の横に、1261号蒸気機関車が展示されています。この機関車は1923年(大正12年)日本車輌製造製。1943年に加悦鉄道に譲り受けられ、1945年までニッケル鉱石の輸送、旅客輸送で活躍しました。

Cimg4280

▼この機関車にはハブ3号形付随荷物緩急車が連結されています。この客車は1889年にドイツで製造され、九州鉄道、鉄道省、伊賀鉄道と変遷を重ね、1927年に加悦鉄道が譲り受け、昭和44年まで稼動していました。大阪万博にも出展されたそうです。すごいつわものですね。

Cimg4286

▼続いては、ハ10形付随客車。1925年(大正15年)製で、伊賀鉄道発注の新車を加悦鉄道が譲り受けた車輌。昭和43年まで使用された長寿車輌です。当時は二等室と三等室に分かれていましたが、現役時代はとっぱられていました。

Cimg4305_2

▼園内には転車台もあります。

Cimg4297

▼まだまだあります。つづく。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 丹後ちりめんの里の鉄道。【加悦SL広場】 | トップページ | 加悦SL広場。その3。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

このキハ08、とても個性的なルックスで、
昔雑誌の写真で見て以来、すごく印象に残っています。
いかにも客車、という車体に無理やり気動車カラーを塗りたくり、
前面窓をはめ込んだあたりのちぐはぐさがポイントでしょうか(^^;。

投稿: るーと | 2012年6月11日 (月) 23時08分

るーとさん。

JR北海道のキハ141系みたいに
50系客車の改造なら
まだ、なんとか自然に
見えそうですね。

投稿: kumoha313 | 2012年6月12日 (火) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/45617075

この記事へのトラックバック一覧です: 加悦SL広場。その2。:

« 丹後ちりめんの里の鉄道。【加悦SL広場】 | トップページ | 加悦SL広場。その3。 »