« リニア・鉄道館を訪問。その5。 | トップページ | リニア・鉄道館を訪問。感想。 »

リニア・鉄道館を訪問。その6。

▼まだまだ、展示車両は続きます。キハ82形も展示。ヘッドマークは「ひだ」。

Cimg4151

▼佐久間レールパークでは、キハ181形が展示。ヘッドマークは「しなの」でした。

090921_045

▼その181形も展示されていました。

Cimg4161

▼いつ見ても、パノラミックウインドウは豪華な感じがします。子どもの頃、紀勢線で白浜に連れて行ってもらったときに、「くろしお」を見たときは、これぞ気動車の王者という雰囲気をもっていました。

Cimg4162

▼クモハ165形がヘッドライトも誇らしげ。目玉が大きいです!

Cimg4132

▼隣は、サロ165形。運転台つきで、ヘッドライトが設置されています。

Cimg4133

▼クロ381形。振り子電車。グリーン車の先頭車。クロ481形のほうが格好はいいかなぁ?

Cimg4129

▼EF58。

Cimg4178

▼C57形蒸気機関車。貴婦人。

Cimg4185 

▼初期の電気機関車は外国製だったんですね。形式の表示板の左右には英国のメーカー名の銘板が貼り付けられています。

Cimg4186

Cimg4183

▼業務用車両群やキハ48000も展示されています。盛り沢山な展示です。広い展示室は歩くのに疲れました。さて、次回は、リニア・鉄道館の総括などしてみたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« リニア・鉄道館を訪問。その5。 | トップページ | リニア・鉄道館を訪問。感想。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

キハ82はその優美なデザインで評判を博した名車ですね。
ただ如何せん従来車と同じ180psのエンジン(中間車は×2)では
山岳路線でのパワー不足は否めず、
そのために500psの新エンジンを搭載したキハ181系が開発されました。
でも、出力を欲張ったせいで、結構トラブルが多かったような(^^;。
165系急行型ECは153系の山岳路線版で、基本編成を2M1T、
モーター出力を2割増しにして勾配抑速ブレーキを付けたものです。
いずれも1960年代を代表する名車ですね(^^)。

投稿: るーと | 2012年5月29日 (火) 23時39分

るーとさん。

詳しい解説ありがとうございます。

昭和には名車が多いような気がしますね。
勢いがあった時代でしょうか。

投稿: kumoha313 | 2012年5月30日 (水) 21時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/45459873

この記事へのトラックバック一覧です: リニア・鉄道館を訪問。その6。:

« リニア・鉄道館を訪問。その5。 | トップページ | リニア・鉄道館を訪問。感想。 »