« リニア・鉄道館を訪問。その4。 | トップページ | リニア・鉄道館を訪問。その6。 »

リニア・鉄道館を訪問。その5。

▼新幹線を沢山見てきましたが、今回はそれ以外の車両をご紹介いたしましょう。ご存知の方もいらっしゃるでしょうが、このリニア・鉄道館の前身になるのは、飯田線中部天竜駅にあった「佐久間レールパーク」で、その展示車両がベースになっています。

▼このブログの第1回目に書いたのが、この佐久間レールパークの訪問記でした。あれから、もう3年6ヶ月にもなります。さて、新幹線以外で、やはりこの施設で展示の代表格と言えるのは、モハ52形でしょうか。

Cimg4173

▼昭和初期に、いまの新快速のスピードと代わらない速さで、阪神間を走っていたそうです。当時の流行の流線形がいまも新鮮な感じがします。

Cimg4192 

▼ちなみに、佐久間レールパークに展示時はこんな風でした。久しぶりの再開です。

090921_033

▼続いては、クモハ12形。昭和初期の鋼鉄車体の電車の始まりです。

Cimg4164

▼レールパークではこんな感じでした。

090921_028

▼リニア・鉄道館では、車両の内部にも入ることが出来るのがいいですね。床は木製です。

Cimg4166

▼懐かしい、JNRの扇風機。戦後も改良・改修がなされていろいろ当初より変わっているようです。

Cimg4168

▼運転席はこんな感じ。客室と運転席との境の扉には「乗務員室」と書かれています。

Cimg4165   

▼モハ1形、木造の電車も展示されています。

Cimg4187

▼屋根には明り取りの窓が開いています。クラシックな雰囲気です。かつての欧米の客車とよく似た形でしょうか。

Cimg4182

▼側面には赤色の帯が巻かれています。「Ⅲ」と表示されており、三等車を示しています。

Cimg4181 

▼同じ国電でも、これは量産型のものですね。101系につながるモハ63形。だいぶ現代に近づいてきました。切り妻でシンプルな先頭。

Cimg4152

▼近郊型の111系がその前に展示されています。行き先が「東京」となっています。

Cimg4159

▼この車両もレールパークに展示されていましたし、車内に入ることもできました。そのときは行き先表示の幕はありませんでした。

090921_019

▼今回は国電を中心に紹介してみました。屋外展示になって、雨ざらしにならないのはいいですね。保存状態は各段によくなりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« リニア・鉄道館を訪問。その4。 | トップページ | リニア・鉄道館を訪問。その6。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

流電は吹田工場にも保存されていますが、
一般非公開なので遠目に眺めるしかありませんね…(TT)。

投稿: るーと | 2012年5月26日 (土) 09時17分

るーとさん。

吹田工場にあるんですか?
知らなかったです。

投稿: kumoha313 | 2012年5月26日 (土) 12時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/45410957

この記事へのトラックバック一覧です: リニア・鉄道館を訪問。その5。:

« リニア・鉄道館を訪問。その4。 | トップページ | リニア・鉄道館を訪問。その6。 »