« 連休の遠足3。【水間鉄道】 | トップページ | 連休の遠足5。【阪堺電軌】 »

連休の遠足4。【南海、阪堺電軌】

▼水間鉄道の1000形をじっくり観察して、貝塚まで戻りました。

Cimg3982

▼南海本線で北上します。各駅停車で浜寺公園まで。貝塚以北では、岸和田周辺の高架整備が終わり、それより以北での高架化工事が進められています。まだまだ工事は続くようです。

▼お目当ての浜寺公園駅に到着。この駅は、水間観音駅と同様、登録有形文化財になっています。この駅舎は1907年(明治40年)10月に建設されました。明治時代に多くの建築物を残した辰野金吾の設計で、木造平屋建ての私鉄で最古のものだそうです。

▼南海本線の高架化工事のため、その存続が危ぶまれましたが、なんとか新駅の正面に移築されることが決まったそうです。

Cimg3984

▼駅舎の前に説明の碑があります。屋根の正面に見えるドーマ窓、柱の骨組みを壁に埋めずに装飾模様として活かすハーフチンバー様式、鹿鳴館と似た玄関柱などがその特徴と書かれています。

Cimg3987

▼なかなか風格のある建物ですね。明治のテイストが感じられます。

Cimg3986   

▼この駅から100メートルほど西に向かうと、阪堺電気軌道の浜寺駅前電停です。昔は南海電気鉄道と同じ会社でしたが、経営状況が悪く分離されました。今でも廃線の話があるのですが、地元の足として、堺市なども財政的な支援をおこなって、なんとか生き延びています。

Cimg3989
なんとも目立たない阪堺電車の浜寺駅前駅舎

▼ここから寺地町までチンチン電車で北上します。久しぶりの路面電車。後方の座席に陣取り景色を楽しみます。

Cimg3990

▼阪堺電車の側面は全面広告のラッピングが施されていることが多いので、撮影にはあまり向きません。なんとか撮影できたのは、東京都電とコラボしている車両で、都電の塗装風にしてあります。都電では逆に阪堺電車風に塗られた車両が走っています。

Cimg3994

▼寺地町で下車して、ちょっと探検します。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 連休の遠足3。【水間鉄道】 | トップページ | 連休の遠足5。【阪堺電軌】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

浜寺公園の駅舎はいつ見てもほれぼれしますね(^^)。

投稿: るーと | 2012年5月 5日 (土) 23時25分

るーとさん。

辰野金吾の建築物は、この駅舎や
奈良ホテル、大阪市中央公会堂など
関西に多くありますね。

投稿: kumoha313 | 2012年5月 6日 (日) 09時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/45111674

この記事へのトラックバック一覧です: 連休の遠足4。【南海、阪堺電軌】:

« 連休の遠足3。【水間鉄道】 | トップページ | 連休の遠足5。【阪堺電軌】 »