« 近鉄ダイヤ改正について。【平成24年3月改正】 | トップページ | ダイヤ改正前夜。【さよなら寝台特急日本海】 »

新幹線イヤミ号。【300系引退】

1991年の暮れの会話。

「3月のダイヤ改正で、東京・大阪間が2時間半になるって。」

「のぞみの登場だろう?」

「ひかりに代わってもっと早い新幹線になるみたい。」

「そうそう、300系って新型車両が導入されるって。」

「見た、見た!なんだかこれまでの新幹線とはイメージが全然ちがうんだけど・・・」

「まるで、赤塚不二夫のイヤミみたいな顔だろう?」

Dsc00908

「これまでの0系や100系みたいに丸顔ではなくて、出っ歯みたいな顔になっちゃった。」

「100系はちょっと尖がった顔になったけど、よかったよなぁ。0系に比べると、座席のピッチが断然広がって窮屈さがなくなって、東京出張が楽になったよなぁ。」

Dsc00864

「平成に入った頃によく出張で使ったよな。時刻表で100系のひかりばかり探して指定席を買ってたなぁ。」

「2階建ての食堂車やグリーン車が連結されて、味気ない新幹線の旅にちょっとスパイスを効かせてあったのに。」

「残念ながら300系は、速さを優先して軽量化したおかげで、2階建てはなくなったみたい。」

「列車の旅がますます速さ優先で、情緒がなくなってしまったような。」

▼憎まれ口をたたかれながらも、鉄道と航空機の競争に果敢に挑み続け、東海道、山陽道を驀進してきた300系。すでに後輩の500系はのぞみの座を追われ、700系やN700系がさらにスピードアップを推し進めた。

▼1992年3月 新幹線300系による「のぞみ」営業運転開始

▼1993年3月 山陽新幹線区間に乗り入れ開始

▼1993年5月 「ローレル賞」受賞

▼そして、2012年3月。

  300系、引退。

Cimg2889_2

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 近鉄ダイヤ改正について。【平成24年3月改正】 | トップページ | ダイヤ改正前夜。【さよなら寝台特急日本海】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

100系はデザイン的にもアコモ面でも名車ですが、
技術的には0系の延長線上にありました。
その意味で、交流モーター採用の300系は、
新幹線初のフルモデルチェンジ車と言えます。
性能面での向上は著しく、東京-大阪2時間半は、
当時としてはやはり、かなりのインパクトがありました。

イヤミとははじめて聞きましたが、
よく見れば似ていなくもないですね。
個人的には、量産試作車をはじめて見たとき、
フロントガラスのサイドエンドのデザインに
かなり違和感をおぼえましたが、
量産車では手直しされていてホッとしました。

投稿: るーと | 2012年2月 7日 (火) 20時06分

るーとさん。

300系は、インバータ初採用でしたね。
軽量化にも力が注がれました。
登場はインパクトがありましたが
引退は予想以上に早いですね。

投稿: kumoha313 | 2012年2月 8日 (水) 20時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/44012398

この記事へのトラックバック一覧です: 新幹線イヤミ号。【300系引退】:

« 近鉄ダイヤ改正について。【平成24年3月改正】 | トップページ | ダイヤ改正前夜。【さよなら寝台特急日本海】 »