« さよなら119系。【飯田線】 | トップページ | 新幹線イヤミ号。【300系引退】 »

近鉄ダイヤ改正について。【平成24年3月改正】

▼近畿日本鉄道は1月20日に「平成24年のダイヤ変更について」と題してプレスリリースを行いました。

○近鉄HP:http://www.kintetsu.jp/news/files/daiyahenkoH24.pdf

▼その主なものは次のとおりです。

◎実施日は、
 平成24年3月20日(火曜)
◎対象路線は、
 全線(けいはんな線、内部線、八王子線、生駒鋼索線を除く)

◎特急列車関係では、
 1.難波線・奈良線(平日)で大和西大寺発朝一本増発。橿原線(平日)で橿原神宮前発深夜一本増発。同(土休日)橿原神宮前発一本増発。

Cimg3219_2
22600系、大阪難波駅にて

2.名阪特急のうちすべての甲特急が津に停車。大和八木に停車する特急も増加。(平日・土休日)

091128_090
21000系、鶴橋にて

 3.高の原に停車する特急が増加。(平日・土休日)
 4.昼間時間帯に、西ノ京に特急が停車。(平日)※土休日はすでに実施
 5.古市に一部特急が停車。(平日・土休日)
 6.五十鈴川に京都と鳥羽・賢島間のすべての特急が停車。(平日・土休日)
 7.その他運転区間の変更が若干あり。
 8.昼間時間帯の京都・橿原神宮前間と京都・近鉄奈良間の一部特急を統合、併結特急に変更。結果、一部特急削減。(平日・土休日)
 9.京都・賢島間特急一部削減。(平日・土休日)
 10.昼間時間帯の大阪阿部野橋・橿原神宮前間特急の一部削減。(平日)

◎一般列車関係では
 1.大阪線(平日・土休日)で昼間時間帯に、区間準急を新設。

091128_029
急行宇治山田行き、鶴橋にて

 2.橿原線(平日)で西ノ京に急行停車。※土休日はすでに実施
 3.大阪線(平日・土休日)で快速急行と区間快速急行を快速急行に統合し、室生口大野、赤目口を停車駅に加え、伊賀上津、西青山、東青山を除く。
 4.名古屋線(平日・土休日)で昼間時間帯に、近鉄名古屋・近鉄四日市間の急行を増発。
 5.京都線・橿原線(平日・土休日)で昼間時間帯に、京都・橿原神宮前間の普通を京都・新田辺間に短縮。
 6.大阪線(平日・土休日)で昼間時間帯に、大阪上本町・青山町間の急行を大阪上本町・名張間に短縮。
 7.朝夕時間帯に東青山・伊勢中川間の普通の一部を、青山町・伊勢中川間に短縮。
 8.名古屋線・山田線(平日・土休日)で、昼間時間帯に、近鉄名古屋・伊勢中川間の急行の一部を近鉄名古屋・松阪間に延長。

Cimg2882
5200系急行松阪行き、近鉄名古屋にて

 9.同じく近鉄名古屋・伊勢中川間の一部の普通を近鉄名古屋・津新町間に短縮。
 10.近鉄名古屋・冨吉間の準急の一部の運転区間延長、近鉄名古屋・近鉄四日市間の普通の一部の運転区間短縮。
 11.阪神・なんば線(平日)で昼間時間帯に、大阪難波と大和西大寺・近鉄奈良間の区間準急を、尼崎・大和西大寺間に変更し、結果、快速急行の停車駅を変更して、近鉄奈良・三宮間が5分短縮。

091128_075
阪神1000系、鶴橋にて

 12.同線の土休日の夜間時間帯で、近鉄奈良・尼崎間の快速急行の一部を三宮まで延長。

◎列車の削減では
 1.京都・天理間の昼間時間帯の急行(平日・土休日)の一部削減。竹田・近鉄奈良間の急行の一部削減。
 2.古市・橿原神宮前間の夜間時間帯(平日)の急行の一部を削減。
 3.道明寺線、御所線、名古屋線、湯ノ山線、鈴鹿線でも準急や普通の一部を削減。

0901030110__025
6000系、南大阪線今川にて

▼特急関係では、総括すると、乗客数の減少に対応するため、停車駅の増加や運転本数の削減、統合などが行われるというもの。

▼一般列車では、これも、乗客数の減少に対応するため、運転本数の削減、運転区間の短縮、停車駅の増加などが行われるもの。

▼とりわけ目立つのは、京都線、橿原線での、列車種別に関係なく、特急、急行、普通とも運転本数を削減するもの。沿線には、同志社大学や高校などの教育施設が多く立地しているほか、関西文化学術研究都市、新興住宅地などがあるのですが、同志社大学では、文系学部が京都市内に戻る傾向にあるほか、景気の後退により、企業立地も伸びず、少子高齢化の影響で、住宅着工件数も伸び悩み、労働人口が減少傾向にあるなど、こうした影響をモロに受けているのが、京都線、橿原線沿線ということができるかもしれません。

▼それにしても、京都線、橿原線の昼間時間帯に利用するとすると、かなり利便性が悪くなりそうです。もっとも、特急は、「はるか」同様、空気を運んでいるようなものですから、削減は仕方ないかもしれません。

Cimg2389
12200系、奈良行き特急、生駒にて

▼現在、京都発のダイヤをみてみると、昼間時間帯では、急行では、橿原神宮前行き2本、天理行き1本、奈良行き1本。竹田以南では、国際会館からの2本が加わり、1時間に6本。10分ヘッドで急行が運転されていますが、これが、天理行き1本、国際会館発の1本が削減されて、1時間に4本となるのではないでしょうか。実質15分ヘッドの運転となるでしょう。

▼今回のダイヤ変更は、市場調査の結果を踏まえたものであるのでしょう。しかし、なかなかドラスチックな改正ではあると思えますが・・・。どうでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« さよなら119系。【飯田線】 | トップページ | 新幹線イヤミ号。【300系引退】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

まぁ、輸送人員でピーク(H3)から3割近くの減、
旅客収入もピーク(H8)から1/4超の減ですから、
輸送力増強で伸びきった兵站線を維持するのはなかなか困難かと…。

京橿線はもともと奈良線や大阪線とサイクルが合ってなかったので、
これを機に西大寺や八木での接続が改善されるとよいのですが。

投稿: るーと | 2012年1月24日 (火) 23時40分

るーとさん。

輸送人員、収入とも
大変な落ち込みなんですね。

かつての人口急増地域は
その後の変動で
落ち込みもすごいことに
なるんですね。

今回のダイヤ改正で
乗り継ぎがよくなると
いいのですが…

投稿: kumoha313 | 2012年1月25日 (水) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/43850608

この記事へのトラックバック一覧です: 近鉄ダイヤ改正について。【平成24年3月改正】:

« さよなら119系。【飯田線】 | トップページ | 新幹線イヤミ号。【300系引退】 »