« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

JR京都線遅延。迷惑な線路内立ち入り。

▼今日は、帰りのJR京都線でアクシデント。いつもより早い時刻の新快速に乗れました。さらに座ることができました。ラッキー!と思ったのもつかの間。なかなか発車しません。そこで、車内案内が・・・。

100120__021 

▼新大阪・大阪間で人が線路に立ち入ったたため、安全確認を行っているとのこと。結局15分遅れで発車。

▼途中徐行、停車があって、高槻には25分くらいの遅れ。

▼新大阪まで、結構回復運転のためか飛ばしていましたが、新大阪停車直前で先行列車がつかえているため、長い間停車。40分くらいの遅れに。

▼ここでおもしろい光景を目にしました。新大阪駅の下りホームは15番線が普通、16番線が快速、新快速の乗降用。17番線は長距離専用。18番線は新大阪始発の長距離列車専用となっています。

Cimg2676
18番線は「こうのとり」の始発ホーム。隣は「サンダーバード」の発着ホーム。

▼しかし、今日は、列車遅延のため、16番線、17番線に新快速が並んで入線しました。乗降客を少しでもさばくために空いているホームを有効利用のようです。

新大阪駅構内図:http://www.jr-odekake.net/eki/premises.php?id=0610155

▼さらに、新快速はほぼ同時に発車。途中淀川の鉄橋手前まで並行して走りました。新快速が並んで走るところはなかなか見られる光景ではないのでは。イライラが募っていましたが、ちょっと気持ちが和みました。

▼それにしても、JRWはアーバンネットワークと称してさまざまな線区を乗り入れる列車を運行しているので、いったんアクシデントが生じると、とんでもないことに。結局大阪到着45分遅延となりました。。。

▼9月のJRW社長定例会見でも明らかになったように、こうした遅延を少しでも改善するため、JR京都線、JR神戸線における列車折り返し設備の新設を行うようです。灘駅、尼崎駅、吹田駅に順次折り返し設備を整備するようです。

http://www.westjr.co.jp/press/article/items/20110914_suita.pdf

▼踏み切り遮断機の破損、人の線路内立ち入り、人身事故など。JRWは営業距離が長いので、いろいろアクシデントが生じやすくなっています。なかなか頭の痛いことです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

115系初期型を作る。

▼房総半島では、数少なくなった113系が終焉を迎えつつあるとのこと。関西では、かろうじて、福知山線、舞鶴線、山陰線などで目にすることができます。もっともオレンジと緑の湘南カラーの113系はもっと少なくなっていて、抹茶カラーが席巻しています。

Dsc00992
以前作ったスカ色113系。

▼というわけで、113系の親戚の115系の初期型をGMのキットで作ってみました。もう何回目になるでしょうか。少しも腕は上達していませんが、手を動かすことが好きなので、夜毎ごそごそと。

Cimg3363

▼大目玉の115系です。一応高崎と横川を結ぶ信越本線での運用を想定しての製作。連結器は、KATOの密連形にしています。ジャンパ管はそのまま、お髭のようにぶら下がったままです。スカートはKATO方式で、台車にくっつけてあります。きつい曲線でもスカートごと動くのでこの連結器でも装着が可能となっています。

Cimg3370

▼幌も付けてみました。切り妻のドアは本来ならうす緑系のカラーですは、今回は省略しています。側面の行き先表示は、板の表示を貼っています。トイレ汚物処理タンクは銀河モデルのバルブ左タイプを付けています。

Cimg3367

▼ベンチレーターは丸型ではなく長細い形状のものを取り付けてあります。

Cimg3368   

▼信号炎管のほか、無線のアンテナを設置したものとしています。初期型に改造が加わったものと想定。いろいろ想像の範疇でなかなかリアリティとは程遠いですが・・・

Cimg3369

▼部品をこまごまとくっつけると、模型としてはなんだかリアリティがありそうに見えます。窓ガラスはHゴムとして、ブラックで筆入れしています。これは、ありえないですね(汗)

Cimg3371

▼自己満足の世界で、模型はいろいろ想像を掻き立てられて面白いです。ますますやめられなくなりました。冷房つきの既存の115系と連結させて走行させてみました。スムーズに走ったので、やはり模型はレール上を運転させることが無常の喜びかもしれません。

▼最近、ネタ的には近畿北部の実車以外は模型ネタが増えています。今年の夏はどこへも遊びに行かず、新たな画像はないので、ネタには苦労します。一方で模型はちょこちょ製作を進めているので、こっちの画像がアップされやすくなっています。実車を撮りたい気持ちがだんだん強くなってくる今日この頃です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

台風中の丹後への出張【KTR、はしだて、こうのとり】

▼週はじめから、台風15号が日本列島を駆け抜け、また大きな被害を各地にもたらしました。

▼その台風接近の真っ只中、お仕事で丹後へ。行きは火曜日。福知山線とKTRで丹後へ向かうとすると、大阪からの「こうのとり」はよく遅れるため、東海道線で京都へ向かい、「はしだて」でKTR線区直通に乗車しました。もっとも、台風接近の影響で雨がひどくなる前に家を出て、京都駅には「はしだて」発車まで1時間も早く着きました。

▼その前の「きのさき・まいづる」はすでに遅れが出ており、京都折り返しは10分くらい遅く発車しました。

▼「はしだて」は183系での運用です。あと少しでなくなると思えば、いとおしくなる車両です。しかし、座席のピッチは相変わらず狭い。。。幸い「はしだて」は遅れずに定時で出発しましたが、山陰線園部を出て綾部まで、徐行運転が始まりました。綾部到着は30分遅れとなりました。

101008_164230
今はなき「たんば」とツーショットの「はしだて」

▼山陰線は福知山から先、城崎方面は川の増水などの影響で特急は運休、普通列車も徐行運転となっていました。大阪からの「こうのとり」は福知山止まりと変更となっていましたが、遅れずに到着していた模様。KTRは宮津線が運休。宮福線はかろうじて運転されていましたので、目的地に到着することができました。

▼台風が接近し日本を縦断している最中はなんと、奇跡的に仕事をこなすことができました。奇跡のようです(汗)

▼さて、台風が去った今日、無事仕事も終え、帰ることに。京都方面は、山陰線が綾部・園部間で運転見合わせとなり、特急はもちろん運休となっていました。15時以降には普通列車が運転を再開するとのことで、京都組は上役の公用車に同乗して帰りました。

▼こちらは、KTRが何とか運転しており、JRも福知山線の大阪方面は運転しているので帰ることが可能ということで、別行動に。

▼いつものように宮津駅にて、KTR700形を記録。なんとも可愛らしい大きな目玉が印象的です。

110922_165042

▼豊岡行きですが、台風の影響で休校が多いのか高校生の姿が少なめです。こういう状況でも、ほぼ定時に出発しました。

▼福知山からのMF200形が到着しました。こちらもほぼ定時での到着。

110922_164952 

▼いつも思いますが、KTR700形・800形とMF200形・100形とはだいぶ車両の印象が異なります。MFのほうが細身のように思えるのですが、寸法はどうなんでしょうか。同じ1067ミリの軌道を走行しているし、KTRとの併結もあるので、寸法はあまり変わらないのかもしれませんが、ずいぶん違うような気がします。

▼大阪へ向かうために、「たんごリレー10号」を待ちます。やはり大雨の影響で徐行運転をしており、10分遅れで到着。今回は「エクスプローラー」での運用でした。福知山で、「こうのとり」に乗換が出来るかハラハラしました。

100915_164135 

▼久しぶりのエクスプローラーです。指定席車はなんと私1人だけでした。。。おかげでゆっくり車内を撮影。座席のヘッドカバーは地元の丹後ちりめんです。ハイデッカー車はだんだん少なくなるし、大阪への直通もなくなったので、この車両も貴重なものとなりつつあります。

110922_165907

▼ハイデッカー車は段差があって、福祉対応となっていないので、今後はなくなる運命かもしれません。構造も複雑でメンテも大変そうだし。。。

110922_171245 

▼KTRの車掌さんは検札で、福知山での乗換については、連絡済みと言ってくれましたので、ひと安心です。なんとか10分遅れで福知山に到着。

▼結局15分くらい遅れて福知山に到着。直通ではないので、KTR線ホームに到着。JR線の2番線に階段を上下しないといけません。

▼急いで「こうのとり」の待つホームへ。無事乗り換えることができました。各地でダイヤが乱れている中、連絡列車の待ち合わせの配慮はありがたいです。温情が身に染みます。

▼しばらくして動き出したと思ったら、すぐに急停車。アナウンスがあり、舞鶴からの列車を待ち合わせするとのこと。いったん動き出したのに、また停車とは異例なことです。

▼舞鶴方面からの列車では綾部で京都方面への特急が運休となっているため、福知山経由の客への配慮をしたようです。こんな緊急時だから仕方ないことです。

▼帰りの「こうのとり」はまたしても183系。287系だとうれしいのですが、あと少しで姿を消すと思えば、お名残惜しいものともいえます。結局、大阪到着はラッシュの最中の遅延列車ということで、25分遅れとなりました。贅沢はいえません。帰れただけましです。

Cimg3337

▼今回の出張は、奇跡といえば奇跡でした。運休箇所をすり抜け、なんとか目的地に向かい帰ることができました。とはいうものの、今年はなんと災害の多い年でしょう。冬の大雪、東日本大震災、それに伴う原発被害、台風による洪水や風による被害など。

▼これまで、平和な国であった日本は戦争こそありませんが、今後は災害で命を失う危険性が増した不安定な国となってしまいました。

▼なんとも大変な時代になってしまいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

バーゲンでゲットしたBトレ。【京急2100形】

▼8月末にJ電機に行くと、バーゲンをやってまして、ほしいなぁと思っていたBトレインショーティーの京急2100形が、800円の特価からさらにお安くなって600円になっていました。

▼つかさず買ってしまいました!それも4箱も。あと2箱買うと8両編成のフル編成が出来ますが、さすがBトレでも8両では長いので6両編成にしました。先頭車の2両は余りました。

Cimg3357

▼このBトレは先頭車の行き先方向幕は、古い型です。新1000形のステンレス編成車は幕が内側から貼れる様になっていますが、このBトレは外から貼る形。。。仕方ないから、できるだけまめに切り貼りしました。

Cimg3360

▼さらに、部品特にガラスが硬くて、方向を誤ってはめ直すため、取り外そうとしたりすると、もろくて割れました。。。ちょっと寸法がキツイようです。

▼一応、三崎口方から、2101+2102+2103+2104+2107+2108としています。2103がと2107がパンタ車となっています。

Cimg3347
2102+2101

Cimg3346
2104+2103

Cimg3345
2108+2107

▼クーラーの向きもファンがあるほうが品川方なので、間違わないようにしないといけません(汗)

Cimg3352

▼おなじみのBトレのパッケージは次のとおりです。1008円から600円へ値下げ。

Cimg3361

▼いろいろな角度からパチリ。

Cimg3349
2108

Cimg3353 
2101

▼再販の製品なので、改良はされていないため、かみ合わせが硬く、行き先方向幕も稚拙な出来ですが、安くゲットしたし、まぁまぁ満足かなぁ。久しぶりのBトレ組み立ては勝手が違って雑になったようです。そこが少し悔やまれます。

▼ちなみに本物の2100形はこんな感じです。元日の品川駅にて。

Cimg2637

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

119系を動力化する。

▼宿泊つきの出張から帰って、模型を作りたくなってむずむず。そこで、出張の翌日の仕事帰りにJ電機へ。板キットは作りたいなぁと思うものが入ってませんでした。そこで、鉄道コレクションの動力ユニットを買って帰りました。

▼そこで、これを使って前に作った119系を動力化することにしました。画像ではよくわからないとは思いますが、動力化したクモハ119です。

Dscn0018

▼動力ユニットは「鉄道コレクション」の「Nゲージ動力ユニット 20m級A2」です。このユニットにはDT21の台車枠が付属しています。しかし、色はブラックです。今回、119系を動力化したいので、グレーがよかったのですが、なかったので仕方なく買い求めました。台車枠はあとでグレーに塗ればいいので。

▼うちに帰ると、以前「20m級A」を買っていたので、DT21のグレーが付いてました。ラッキー!そこでこれを使うことにしました。あとは、作ったキットの残りの部品でクモハ119の床下機器を適当に作り、グレーに塗って上部を削って動力ユニットに貼り付けました。そのままの部品ではレールに当たってしまうので、削らないとだめです。これが鉄コレの動力ユニットを使うときには面倒な作業です。

Dscn0016

▼連結器は、KATOのカプラー密連形Aのグレーを付けました。ジャンパ管はそのまんま付けています。ちょっと変ですね。髭みたいです。

Dscn0015 

▼ボディも内部のリブを削り取って、鉄コレの動力ユニットの押さえを取り付けて、乗せてみました。

Dscn0017

▼クハ118も連結器をKATOのものに換えて連結しました。走行試験もしました。なんとか床下機器がつかえないでスムーズに走りました。

Dscn0019

▼この編成はクーラーがAU711のインバータの冷房装置で、JR東海独自のものです。もうひとつ、AU75Gを載せた2両編成も作ってあったので、この編成もKATOの連結器に換えて4両編成にして走らせたりしました。なかなか、愉快でした。

▼最近は既存のキットを動力化し続けています。模型は飾って見るだけで満足してましてましたが、最近は走らせることが楽しみになってきました。そこで、鉄コレの動力ユニットの存在が大いに助かっています。床下機器の付属キットも出るとうれしいのですが・・・。

Dscn0021

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

恒例の丹後路。【287系・KTR・183系】

▼恒例の丹後路への出張ですが、台風一過。素晴らしい天候に恵まれました。お天気はいいし、乾燥して気持ちのいい感じで過ごせました。今回はデジカメを持参しました。というのも、ケータイよりはいい画像を撮りたかったからです。

▼まずは、帰りの福知山でのショットです。287系ってなんだかツルツル感があるボディですね。西日に後ろの外灯が写りこんでますが・・・。前には福知山始発の3両がお待ちかねで連結の最中でした。

Cimg3341

▼結構珍しい車種ではないでしょうか、「クモロハ」。グリーン車と指定車のコンビ、おまけに先頭車で動力車。

Cimg3344

▼次に同じく福知山での183系。貫通扉ありのクロハです。

Cimg3337

▼今回の出張では行きは京都回りで「はしだて」、帰りは福知山線経由で「こうのとり」を利用しました。というのも、行きの福知山線経由ではいつも遅れが生じて、連絡の「はしだて」に置いていかれたりするので、今回は京都まで東海道線に乗車して「はしだて」で直行しました。乗車した「はしだて」は287系なので快適です。

▼しかしながら、今回は台風12号の影響で「こうのとり」は、福知山から以西は運休にもかかわらず、遅れずに到着。なんのために遠回りしたのか(汗)。

▼さて、行きの京都での「はしだて」です。221系との並び。

Cimg3311

▼京都駅の山陰線ホームは暗くて憂鬱です。。。とはいうものの、優等列車は昨年の183系からはだいぶ進化しました。多くの特急が新型に代わっています。連結風景もパチリ。

Cimg3316

▼側面の行き先表示とパンタの図。列車種別は幕、行き先はLEDです。パンタはシングルアーム。

Cimg3315

▼亀岡方先頭車の凛々しいお顔です。

Cimg3319

▼帰りの「こうのとり」 は座席のピッチが狭くて、トイレは汚いし、全体的にアコモは老朽化しています。いずれ287系にとって代わられる運命ですから。

▼老朽化といえば、この車両もだいぶ年季が入ってきました。しかし、このKTR700形はまだおでこがきれいです。もっとさびているものもありますから。(宮津での撮影)

Cimg3325   

▼おなじく宮津でのMF100形です。沿線のイラストが側面に描かれています。

Cimg3332_2

▼KTRを取り巻く状況は日増しに厳しさを増しています。今後の経営検討会議などで明らかにされたところでは収支状況はますます悪化の一途のようです。車両の更新もままならぬといったところでしょうか。メンテだけはしっかりしてほしいものです。

▼なにはともあれ、9月の泊まり出張はまた同じルートで再来週の連休の合間に行く予定です。次回もよいお天気であるといいのですが・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

101系を動力化する。【鶴見線101系3両編成】

▼週末に襲来した台風は超ノロノロのスピードで西日本を縦断し、紀伊半島を中心に大きな被害を引き起こしました。幸い、筆者の住む街は大きな被害もなく、やりすごすことが出来ました。

▼心配は明日からの恒例の北近畿への連泊出張でした。これも幸い大きな被害はなさそうで無事出発できそうです。昨日までは、特急列車などが運転休止となっていたので、なかなかハラハラものではありました。

▼さて、出張前に、夏の最後を飾る模型製作。以前作っていた101系、鶴見線3両編成の黄色です。今回は、113系などに使っている鉄コレの動力ユニットを共用で使えるように、モハ100形を新たに作ってユニットがはまるようにしました。

Cimg3310

▼おなじみグリーンマックスのプラ板キットを使った組み立て。非冷房車で、グロベンが丸型の屋根。この101系のモールドは割合しっかりしていて、好きなキットです。103系より丁寧な感じがします。

▼鉄コレの動力ユニットは床下機器や台車を113系仕様にしていますので、101系でもまぁまぁ変な感じには見えないのでは・・・。

Cimg3307

▼ボディは新たに作ってみました。塗装が今回丁寧にやったので、既存の車体より色が濃くなってしまいました。うしろのモハ100形と比べてみるとよくわかると思います。

Cimg3308 

▼鶴見線は今は旧型電車は一掃され、205系の前面がリニューアルされた車両が使われていて、こういう電車が走っていた風景はもうありませんが。。。

Cimg3309

▼鉄コレの動力ユニットが発売されてから、既存のキットを改造して動力化がいろいろ出来るようになって、制作意欲が増しています。床下機器の改造が難儀なことはちょっと憂鬱ではありますが・・・。

Cimg3304

▼これからは秋に向けてはまた北近畿への連泊出張が続く季節となります。その間を縫って模型製作をすることが出来るかどうか。台風などがまたと到来するとなかなか難しいかもしれませんが、温度が高い間に、また作ってみたいですね。

▼明日は287系に京都から乗車予定です。帰りはタンゴエクスプローラーと183系かなぁ。それはそれで楽しみな出張ではあります。では、また。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

遅ればせながら完成させました。【GM103系】

▼あっという間に9月になってしまいました。月初めから物騒な台風が日本列島に襲来の気配。。。

▼この夏は、あまり模型は作れませんでしたが、近鉄鮮魚列車、113系抹茶色、東急旧3000系の鉄コレ動力化など、暑い中なんとか細々と作業は行ってました。

▼そんななか、ずーっと昔にポ○ン○ッタでゲットしていた中古の模型キットを完成させました。といっても、素組程度ですが(汗)

▼そのキットは、グリーンマックスの「JR103系関西形 オレンジ 低運転台車」です。トータルセットなのでGMの動力付きです。完成した103系のご披露です。

Cimg3297

▼なかなかいい仕上がりです。塗装済みですから、窓サッシや行き先表示やシルバーで塗装済みです。組み立ては簡単です。側面のドアの戸袋は閉じられたものの、103系の原型をほぼ残した形の車両のモデルです。

▼まずはクハ103形です。

Cimg3301

▼モハ103形。

Cimg3298

▼モハ102形。パンタ付き車両です。GMの旧のパンタが付属品でした。きっちりパンタが上がらなくて不安定です。動力車はこの車両になっています。GMの動力ユニットは相変わらず、ギクシャクした感じで、歯車がきしむ音が出ています。鉄コレの動力ユニットのほうがいいなぁ。

Cimg3299   

▼クハ103形。反対側。

Cimg3300

▼集電板パーツも付属ですので、やる気があれば室内灯も点灯が可能です。

▼まぁまぁ、いい出来で撮影しました。先頭車両の連結器はダミーですが、これもリアルです。連結器はアーノルドカプラーですが、KATOのカプラー密連形をはめてみると、カーブで間隔が狭すぎて脱線します。だからアーノルドカプラーのままとします。

Cimg3303

▼JRWの103系は体質改善車などいくつかのバリエーションがあって楽しいのですが、GMのキットはその割りに人気がなかったのか、中古で結構放出されています。103系がお好きな方にはいいかもしれません。

Cimg3296

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »