« ダイヤ改正後のKTRとJRW287系。 | トップページ | なぞの美術館から信楽高原鉄道へ。 »

タヌキの里を訪れて。【信楽】

▼連休の1日、久しぶりに信楽に出かけてみました。もう20年も前に車で出掛けてからだいぶご無沙汰でした。

▼今回は山城地域から木津信楽線という京都府道を通っていきました。大阪からだと名神や新名神を使うルートを思い浮かべるのですが、お茶の里和束町を経由するこのルートは意外に早く信楽に到着します。ただ、この府道は道幅が狭く落石が多いのでちょっと心配な路線ではありますが・・・。

▼まずは「滋賀県立陶芸の森」を訪れてみました。陶芸館、信楽産業展示館、創作研修館などの施設とともに、広大な公園となっており、なかなか楽しい場所です。ちょうど陶芸館では「ウィリアム・ド・モーガン」という19世紀英国のアーツ&クラフツ運動のタイル作家の展示会が開催中でしたので見学してみました。

Cimg3038
陶芸館の前のパンダのモニュメント。ユーモラスです。

Cimg3039 
陶芸の森の全景。

▼表へ出て、「星の広場」という陶芸作家のいろいろなモニュメントが屋外展示されている広場へ行ってみました。いろんな陶芸モニュメントがあって、どれもユニークでした。

Cimg3025

Cimg3029

▼この広場からは信楽の町が一望できます。さらにこんな作品も。「膨らみながら進む」。なんとも奇妙な作品です。女性作家のものですが、なんだかエロティックな感じもします。

Cimg3028

Cimg3035

▼まだまだユニークな作品があります。

Cimg3034

Cimg3032

Cimg3033 

▼さて、産業展示館で茶碗などを買ってランチを取りました。ゆっくりできたところで次の訪問先へ向かいました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« ダイヤ改正後のKTRとJRW287系。 | トップページ | なぞの美術館から信楽高原鉄道へ。 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

確か信楽近くの川沿いに公園が整備されている道でしょうか。
だとすればかなり通好みの道筋ですね。
個人的には、信楽と言えばR307がMY定番です。
まだ少し狭小部分が残っていますが、
改良されてだいぶ走りやすくなりました(^^)。

投稿: るーと | 2011年5月15日 (日) 09時04分

るーとさん。

そうです。滋賀県との境あたりに森林公園のようなものが川沿いにありましたね。そのあたりは道は整備されていましたが、湯船あたりは道がものすごく狭いです。

投稿: kumoha313 | 2011年5月15日 (日) 16時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/39992892

この記事へのトラックバック一覧です: タヌキの里を訪れて。【信楽】:

« ダイヤ改正後のKTRとJRW287系。 | トップページ | なぞの美術館から信楽高原鉄道へ。 »