« 「雷鳥」ピンバッジ。 | トップページ | 2月の雑感。 »

KTR一部廃線の危機!?

▼JRWの新型特急列車の287系がKTR線内で試運転を行ったそうです。3月のダイヤ改正に向けて着々と準備が進んでいます。

▼2月18日に287系3連(クモハ-287-2+モハ286-101+クモハ286-101)でKTRの福知山・天橋立間を試運転したとのことです。(鉄道ニュース・railf.jpより)
 ○「287系がKTR線内で試運転」http://railf.jp/news/2011/02/20/065900.html

▼KTRのアテンダント日記によると、2月18日にKTRの乗務員、アテンダントへの講習があった模様です。
 ○「KTRアテンダント日記」http://ktr-tetsudo.jp/attendant/

▼というわけで、183系特急列車も城崎、丹後、舞鶴方面からは確実に減ってくることが現実味を帯びてきました。

101008_164203
福知山駅での183系

▼新旧の交代でうれしさ半分、寂しさ半分というところですね。ところで、少し暗いニュースが飛び込んできました。2月1日付けの日本経済新聞近畿経済版によると、「京都府、一部廃線を兵庫県に打診 補填額折り合わず 北近畿タンゴ鉄道」とのことです。

▼KTRは、京都府、兵庫県、沿線自治体等が出資者となる第3セクター方式の鉄道会社であり、2008年度からの急激な経営悪化により、自治体などの出資者が赤字を毎年補填してきました。赤字の拡大に伴い補填額も増加してきたが、兵庫県側が補填額の増加について折り合わず、筆頭株主の京都府が一部路線の廃線を兵庫県に打診したということです。

▼廃線を検討しているのは、輸送人員の少ない宮津線の兵庫県豊岡方面の路線であり、今後、関係府県や自治体及び学識経験者などでに呼びかけて、総合交通体系のあり方検討委員会を設ける予定で、その中で廃線も含めた経営改善を目指すとのことです。

100915_164258
地域の足、KTR700型

▼いわば、赤字補填額の増額を飲まない兵庫県などへの脅しとも取れる動きではありますが、当の京都府の山田知事は、2月4日の記者会見の質疑の中で、京都府から兵庫県への一部廃線の打診は公式・非公式レベルでもなかったと否定しています。

▼知事は、兵庫県、豊岡市がKTRに対する支援を続けられるかどうか。それで、続けられなくなった時に、どうするのかということが一番問題だと述べています。

▼さらに、知事は、弱者の足としての公共交通という観点から、兵庫県や豊岡市にも、一緒に支えながら考えてもらいたいと主張しています。

▼また、地域の公共交通をどうやって守っていくかという点から、方策としては、KTRにテコ入れしていく方策、例えば上下分離方式を取る方式、さらに別の代替手段を考えるという方策もあり、その方策について、関係者が率直に意見を述べる場を作らないといけないし、1年間くらいで早急に考え方をまとめないといけないと答えています。

▼ということからも、京都府から兵庫県サイドへの一部廃線の打診はないとしても、KTRと地域公共交通のあり方について、早急に話し合いの場をもちたいとの考え方は伝わっているのではないでしょうか。

▼2月2日付けの読売新聞舞鶴支局版では、検討委員会では、KTR路線のうち、福知山-宮津-天橋立、宮津-西舞鶴、天橋立-豊岡の3つに分けて経営分析し、廃線も選択肢として経営のあるべき姿を検討するとのことで、来年3月のダイヤ改正に向けて、9月ごろまでには結論を出すようです。

▼KTRは府県をまたぐ鉄道でもあり、出資者も多いのでなかなか利害を一致させるのは困難かもしれません。今後も目を離せない状況ではあります。

100915_164135
宮津駅停車中のタンゴエクスプローラー

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 「雷鳥」ピンバッジ。 | トップページ | 2月の雑感。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

不採算路線をどこまで支えるべきか、
というのは難しい問題だと思います。

個人的には、ピーク時の輸送力がクリアできれば、
バス転換もひとつの選択肢だと思います。

投稿: るーと | 2011年2月21日 (月) 23時20分

るーとさん。

今回の豪雪などでもわかるように、道路網の雪に対する脆弱性は顕わになりました。こういうときは鉄道が頼りになるのですが…

KTRへの思い入れは京都府と兵庫県では温度差がありますね。一気にバスへと代替なのかどうか、そのあたりはさまざまな要素を検討していく必要がありそうです。

投稿: kumoha313 | 2011年2月21日 (月) 23時26分

私は、中学の頃、宮津線の丹後神野から久美浜まで汽車通学でした。今は、自転車通学になっていますが。
小学生の頃は、豊岡まで、買い物やら、歯医者やら、よく乗りました。
昔は、駅も有人で、活気がありましたけど、残念です。人口も減りつつあり、都会へ逃げた人間としては、申し訳ない気持ちです。

投稿: kazunhana | 2011年2月23日 (水) 20時18分

kazunhanaさん。

久美浜あたりでは、豊岡が商圏なんですね。京都府と兵庫県と密接にかかわりがあるんですね。

ドクターヘリでは連携が取れていますが、kTRではどうもうまくいかないようですね。

投稿: kumoha313 | 2011年2月23日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/38963849

この記事へのトラックバック一覧です: KTR一部廃線の危機!?:

« 「雷鳥」ピンバッジ。 | トップページ | 2月の雑感。 »