« 2010年鉄道十大ニュース。 | トップページ | 今年最後の記事。【京急新1000形ステンレス車】 »

やっと会えました!【225系0番台】

▼毎日通勤で京都・大阪間でJRを利用しているにもかかわらず、12月にデビューした225系0番台には全然出会いませんでした。

▼休日には、時間を見つけて225系のチェックに大阪駅ホームで佇みましたが、空振りばかり。

▼本格的に投入されるまで縁がないかなぁと思っていました。今日も時間ができたので1時間ほど大阪駅へ。

▼1時間ほど上下ホームを行ったり。帰ろうと思っていたら、上り新快速長浜行きがやって来ました。

▼やっと会えました!やはり、先頭車両のお顔は223系と比べると厳つい。不細工な感じがします。

Cimg2517

▼225系は、基本的には223系を踏襲していますが、中味はだいぶ進化しています。製造メーカーは近畿車輛と川崎重工業。福知山線脱線事故を教訓に、列車衝突時に運転席周りに比べて相対的に強度を低くした先頭上部が先ににつぶれる「クラッシュブルゾーン」をJRWで初めて採用しました。これにより、乗客への衝撃を和らげ、客室の変形を抑えるようになっています。車でもベンツのように同様の構造が採用されたものがあります。

Cimg2516

▼台車は軸梁式ボルスタレス台車を採用。集電装置は、やっとシングルアーム型パンタグラフを搭載。つり革や手すりは目立つオレンジ色を採用。手すりを大きな曲線とすることで事故時の乗客へのダメージを抑えようとしています。新バリアフリー法の施行に伴い、トイレの形状も変更され、車椅子スペースも2箇所に増えました。客用ドアの室内側に黄色のラインも追加されるなど、バリアフリーへの対応が強化されました。

Cimg2514 

▼321系と同様の車内旅客案内装置の「WESTビジョン」が導入され、ドアの間に2箇所(両面)、車両の両端に2箇所(片面)が設置されました。

▼先頭車の前面はかなり扁平な形ですね。運転席もかなり上にあるように思えます。

Cimg2521

▼225系に会えて、うれしくて何回もシャッターを切りました。しかし、まだまだ、通勤時に乗車できるのは先のことになりそうです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 2010年鉄道十大ニュース。 | トップページ | 今年最後の記事。【京急新1000形ステンレス車】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

おめでとうございます(^^)。
個人的には、225系は森ノ宮で
ときどき遠目に見かけることはありますが、
まだ乗ったことはありません。
そのうち乗る機会もあると思うので、
今から楽しみです(^^)。

投稿: るーと | 2010年12月30日 (木) 11時27分

るーとさん。

ありがとうございます。
何とか、年内に会うことができました。
森之宮の225系ということは、関空快速の5000番台ですね。

投稿: kumoha313 | 2010年12月30日 (木) 15時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/38262981

この記事へのトラックバック一覧です: やっと会えました!【225系0番台】:

« 2010年鉄道十大ニュース。 | トップページ | 今年最後の記事。【京急新1000形ステンレス車】 »