« 381系の福知山回送からみえるもの。 | トップページ | 225系にはなかなか会えない。【文殊・スーパーはくと】 »

南海高野線乗り入れ鉄道。【泉北高速鉄道3000系】

▼南海高野線には、中百舌鳥から泉北高速鉄道が乗り入れています。南海と相互乗り入れを行っています。

▼泉北高速鉄道は、大阪府などの出資による大阪府都市開発株式会社という第三セクターが経営する鉄道会社です。もともと、大阪府が堺市の泉北ニュータウンを開発するにあたって、インフラである鉄道路線を建設するために南海に建設を打診しましたが、そのころ南海は事故が重なり新路線建設どころではなかったそうです。

▼そこで、泉北ニュータウンを開発していた大阪府は仕方なく第三セクター方式で鉄道会社を新設することになりました。当初はノウハウもないため、南海に業務委託をしていましたが、徐々に直営化を進めて、1993年に南海との業務委託を解消しました。つまり、プロパーで鉄道業務全般を行うこととなりました。

▼時代が変わって、現在、大阪府では橋下知事の就任により、府の出資法人の見直しが行われ、大阪府都市開発も見直し対象となり、民営化に向け検討が進められています。皮肉なもので、泉北高速鉄道については、南海が買収に意欲をみせています。

▼総延長14.3km、狭軌1067mm。中百舌鳥から和泉中央まで6駅をもつミニ鉄道です。しかし、南海高野線との相互乗り入れで、大阪都心の難波と結ばれています。大阪のベッドタウンの泉北ニュータウンと大阪市内を結んでいるので黒字経営を維持しています。

▼難波駅で撮影をしていると、泉北高速の車両が停車中でした。3000系50番台です。3000系の中間電動車に先頭車に改造した車両です。もとの3000系との違いは、ヘッドライトと尾灯が一緒になっていることです。

Cimg2474

▼和泉中央方に3000系50番台の先頭車、反対側の中百舌鳥方は本来の3000系先頭車です。こちらは、ヘッドライトと尾灯が別々に配置されています。

Cimg2478 

▼柔軟な編成を確保するため、先頭車を捻出するために改造が施されたものです。JRWのように、113系の中間車の切妻のまま食パンマンのように改造するよりはましです。まあまあ見れる顔をしています。

▼泉北高速には、この形式以外に7000系や7020系があり、結構乗り心地もいいし優れた車両がありますが、今回の撮影ではお目にかかることはできませんでした。またの機会にということで。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 381系の福知山回送からみえるもの。 | トップページ | 225系にはなかなか会えない。【文殊・スーパーはくと】 »

関西私鉄」カテゴリの記事

コメント

泉北3000系は、南海6200系同様、
個人的に好きな顔です。
先頭車化された車両も、ちゃんとそれらしく
作られていていいですね(^^)。

投稿: るーと | 2010年11月29日 (月) 23時38分

るーとさん。

ステンレス車好きそうですね。

投稿: kumoha313 | 2010年12月 1日 (水) 22時07分

抵抗制御車ですね

投稿: 阪急9003F@快速急行 | 2010年12月11日 (土) 17時12分

阪急9003F@快速急行さん。

はじめまして。
3000系は、一番古手になりました。抵抗制御車です。

投稿: kumoha313 | 2010年12月11日 (土) 18時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/37893906

この記事へのトラックバック一覧です: 南海高野線乗り入れ鉄道。【泉北高速鉄道3000系】:

« 381系の福知山回送からみえるもの。 | トップページ | 225系にはなかなか会えない。【文殊・スーパーはくと】 »