« 新「はまかぜ」に会いに。【キハ189系】 | トップページ | はるばるお帰りなさい。【寝台特急日本海】 »

パノラマグリーン車【雷鳥】

▼大阪からの北陸方面の優等列車といえば、以前は「雷鳥」でしたが、いまは「サンダーバード」と横文字になり、「雷鳥」は細々と1往復のみとなりました。

▼「雷鳥」と称する特急は、7時10分に金沢を出る雷鳥8号と、17時12分大阪発の雷鳥33号しかありません。

▼いずれ485系の雷鳥も消える運命にある日も近いので、パノラマグリーン車を記録に残しておきたくて、はまかぜを撮影する前に金沢からの雷鳥を撮ってみました。大阪着は10時04分ですから、通勤時間から一息ついて落ち着いて撮影できますね。

Cimg2432

▼近づいてみると、なんだかおもちゃみたいな感じがしますね。ボンネットを取っ払ってパノラマビューの先頭をくっつけたので、手作り感が伝わってくるように思います。

Cimg2431

▼それにしても、パノラマビューを味わうのにグリーン料金を取られるのは辛いですね。JR東海のワイドビュー飛騨号では、先頭車はグリーン車ではないでの、普通車指定席でパノラマビューを味わえます。

Cimg2435

▼結構人気があるみたいで、家族連れなどがパノラマグリーン車と一緒に記念にカメラに収まっていました。向日町の京都総合運転所にはいまだにいくつかの485系の雷鳥編成が留置されています。今後はどういう方向なのか。ちょっと謎ですね。

Cimg2433 

▼旧国鉄の雰囲気を残した車両はどんどん姿を消し、一抹の寂しさを感じますが、キハ189系のように、また新しい車両も生まれてくるので、複雑な思いです。最近贔屓の北近畿では485系の直流改造車の183系が使われていますが、はやり、老朽化と乗り心地の悪さは隠せません。ノスタルジーを感じて走る姿を見るだけがいいかもしれません。

Cimg2429

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 新「はまかぜ」に会いに。【キハ189系】 | トップページ | はるばるお帰りなさい。【寝台特急日本海】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

JR特急は走行距離も長く気候など使用条件も過酷なので、
車体の老朽化が早く進むのかもしれませんね。

車齢は485とたいして変わらない
スナックカーの大型シート交換車に乗ったりすると、
シートの座り心地がかなり改善されているので
当分これでいいかな、と思ったりもします(^^;。

投稿: るーと | 2010年11月16日 (火) 00時11分

るーとさん。

そうですね。過酷なんですね。
台車、連結器などがギクシャクするように思います。

スナックカーは座席換えただけで乗り心地がアップですか!?

投稿: kumoha313 | 2010年11月16日 (火) 20時41分

もともとボディ自体がJRの同世代車ほどヤレているわけではなく、
リクライニング時に座ぶとんが前に出る旧型シートのがたつき感が、
22000系ACE以降の座ぶとん固定型シートのしっかり感と比べて
座り心地が悪かったのが、
シート交換により改善された、ということです。

もっとも、厳密に言えば、高速走行でのポイント通過時など、
目を閉じていると台車があばれているように
感じられなくはありませんが…(^^;。
(ボルスタレスのほうが走行安定性が高い?)

投稿: るーと | 2010年11月17日 (水) 00時05分

るーとさん。

シートですか。確かに背もたれと腰掛が独立しているほうがいいですね。183系はまだ、独立していない座席があるし、シートピッチが狭いですね。

台車はどんどん進化して、ボルスタレスが安定していいですね。

投稿: kumoha313 | 2010年11月17日 (水) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/37682528

この記事へのトラックバック一覧です: パノラマグリーン車【雷鳥】:

« 新「はまかぜ」に会いに。【キハ189系】 | トップページ | はるばるお帰りなさい。【寝台特急日本海】 »