« 昭和の時代にタイムスリップ(1)【大井川鉄道】 | トップページ | 昭和の時代にタイムスリップ(3)【大井川鉄道】 »

昭和の時代にタイムスリップ(2)【大井川鉄道】

▼金谷駅に到着して、待っていますと、11時29分発の千頭行き普通列車がやってきました。

Cimg2279

▼なんと、懐かしい。南海高野線で活躍した、いわゆる「ズームカー」ではないですか!

Cimg2281

▼大井川鉄道のHPから、ご紹介しましょう。「電車21000系。昭和33年南海高野線急行・特急用として製造されました。高野山への急勾配を登り、河内平野を110kmで走行するという高性能を誇りました。現在大井川鉄道では、2両編成(21001+21002)(21003+21004)2本が活躍しています」とのことです。

▼南海の会社マークがそのままの21001です。

Cimg2282

Cimg2285

▼2両編成で、ワンマン運転です。そこで、このような表示がされています。

Cimg2283 

▼車内です。セミクロスシートの座席です。なんだか懐かしい雰囲気。しっかり冷房が効いていますが、クーラー音が喧しいです。

Cimg2286

▼運転席です。ワンマン運転のため、運転席の中央の扉はありません。

Cimg2287 

Cimg2288

▼検査日などの表記。なんと、マジックで記入されているのがなんとも微笑ましいですね。

Cimg2284

▼千頭までの切符は、硬券です。これも今は見ませんね。懐かしい。降車時に出札口でお願いすると(済)と判子を押してくれて、もらえました。

Cimg2294 

▼いよいよ出発時間です。これから、1時間15分の乗車となります。次の停車駅は、新金谷。大井川鉄道の本社があります。

Cimg2293

Cimg2291

▼次回に続く。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 昭和の時代にタイムスリップ(1)【大井川鉄道】 | トップページ | 昭和の時代にタイムスリップ(3)【大井川鉄道】 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

ズームカーですか。なつかしいなぁ。
あの頃は前面2枚窓の湘南形スタイルが流行りましたね。

投稿: るーと | 2010年9月22日 (水) 23時25分

るーとさん。

静岡で南海電車と遭遇するなんて・・・
面白いですね!

投稿: kumoha313 | 2010年9月22日 (水) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/36874408

この記事へのトラックバック一覧です: 昭和の時代にタイムスリップ(2)【大井川鉄道】:

« 昭和の時代にタイムスリップ(1)【大井川鉄道】 | トップページ | 昭和の時代にタイムスリップ(3)【大井川鉄道】 »