« 次の製作車両。【創業百周年を迎える近鉄にちなんで】 | トップページ | ようやく完成。【近鉄特急12200系】 »

抹茶色113系【湖西線】

▼JRWが各線での車両の塗装色を単色化すると発表してから、しばらく経ちますが、一気に単色化が進まないので、なかなか単色車両を見ることはありませんでした。

▼それでも、京都周辺では、夏の初めから、ちょくちょく姿を現していましたが、ようやく最近営業運転に充当されたようです。毎日の通勤で京都駅で見ることとなりました。

100901_110618

▼今日は、遅めに京都へ向かいました。快速にて2番線に到着すると、隣のホームに、偶然、抹茶色の113系が入線していました。11時11分京都発近江今津行き普通でした。

▼大阪方の先頭車は、クハ111-5765です。

100901_110657

▼トイレ窓です。(クハ111-5765)

100901_110726

▼LEDの行き先表示です。(モハ112?)

100901_110741

▼近江今津方の先頭車は、クハ111-5715です。

100901_110905

▼じっくり見てみると、塗りたてなので、ピカピカですが、やはり、湘南色と比べると違和感が・・・

100901_110839    

▼この色、どこかで見たような・・・。そうそう、東急の5000系青蛙です(笑)。

091122_002710

▼しかし、113系には、似合わないと思うのですが、どうですか。模型で作るのは楽そうですが。。。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 次の製作車両。【創業百周年を迎える近鉄にちなんで】 | トップページ | ようやく完成。【近鉄特急12200系】 »

JR」カテゴリの記事

コメント

初めまして。知佳と申します。

確かに西日本の「地域色」は入場の際に変更するので、突然増えるという感じはありませんね。

私も北陸(413系)・和歌山(105系)・広島(115系・117系)は見たのですけど、緑一色の京都はまだ見たことがないんですよね(^^ゞ
けど、どれも共通して言えるのが、何かしっくり来ないというか、違和感を感じるのですよね。
これまで単一色なのは大都市圏の通勤形だけでしたので、その先入観があるのかもしれませんね。

その一方で模型作製では単一色であるため、非常に簡単に作れるでしょうね。
入門者向けの車両としてはもってこいだと思いますね。
ただ、私としてはこれまでの塗装に愛着がありますので、当面地域色の作製は行わないつもりですね。

投稿: 知佳 | 2010年9月 1日 (水) 23時44分

これ、私もラーメン行脚の際(^^;草津駅で見ました。
オーシャンブルーの105は結構いい感じでしたが、
これはちょっと…orz。
同じ緑でも、もうちょっときれいな色は
なかったんですかねぇ…(TT)。

投稿: るーと | 2010年9月 1日 (水) 23時52分

知佳さん。

こんばんは。

単色化はやはり無理がありそうですね。最初のコンセプトがツートンだったりしてデザインされていますから、なんとも違和感がありますね。

ステンレス製の車体も増えて、単色化も進むと、なんとも車両を眺める楽しみが減りますね。

模型も作る苦労が減って、面白みがなくなるかもしれません。。。

投稿: kumoha313 | 2010年9月 2日 (木) 21時38分

るーとさん。

オーシャンブルーはまだ見たことがないんです。見てみたいです。

抹茶色は、なんだか、やはり東急の旧型車両を想起させますね。

投稿: kumoha313 | 2010年9月 2日 (木) 21時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/36487861

この記事へのトラックバック一覧です: 抹茶色113系【湖西線】:

« 次の製作車両。【創業百周年を迎える近鉄にちなんで】 | トップページ | ようやく完成。【近鉄特急12200系】 »