« 万葉まほろば線フィールドワーク。その1。 | トップページ | 万葉まほろば線フィールドワーク。おまけ。 »

万葉まほろば線フィールドワーク。その2。

▼高田駅での待ち時間。15時25分発奈良行きですが、15時03分には和歌山から到着。ゆっくり撮影することができました。しかし、和歌山から通しで乗車すると、この待ち時間はえらい長いですね。列車番号が変わるので、通しの列車ではないようですが・・・

▼105系ラッピング編成。側面には四季ごとの万葉集の歌が書かれています。まずは、春。山上憶良。

Cimg2202

▼次に夏。持統天皇。

Cimg2205

▼秋。柿本人麻呂。

Cimg2204

▼最後は冬です。穂積皇子。

Cimg2209

▼どうですか。なかなか、風流でしょう。まほろばの国の列車らしい雰囲気ですね。トイレの側面はもみじでいっぱい。

Cimg2206

▼反対側のラッピング。やはりもみじです。

Cimg2219

▼この編成は、ドアの戸袋窓がすべてふさがれています。

Cimg2217   

▼奈良駅に到着したクハ105-4。

Cimg2225

▼同じく、クモハ105-514。

Cimg2228

▼旧奈良駅舎は、保存されて、観光案内所に生まれ変わりましたが、元の位置からは動かされましたが、建物はそのままです。なかなか堂々たる姿です。

Cimg2233_2

▼久しぶりのローカル線の乗り鉄でした。このあと、近鉄奈良駅へ移動して、近鉄で帰ることにしました。奈良線も少しフィールドワークして帰ることにしました。

▼次回へ続く。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 万葉まほろば線フィールドワーク。その1。 | トップページ | 万葉まほろば線フィールドワーク。おまけ。 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

別の機会に、王寺から御所まで乗りました。
王寺から高田までは221、高田からは105でした。
直線区間が多いからか、105も結構飛ばしてて、
単線ですが85km/hくらいは出てたと思います。
結構迫力がありました。

投稿: るーと | 2010年8月24日 (火) 00時14分

るーとさん。

そうですね。
結構、軽快に走りますね。
この105系は…

投稿: kumoha313 | 2010年8月24日 (火) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/36323829

この記事へのトラックバック一覧です: 万葉まほろば線フィールドワーク。その2。:

« 万葉まほろば線フィールドワーク。その1。 | トップページ | 万葉まほろば線フィールドワーク。おまけ。 »