« 115系1000番台長野色 | トップページ | 鉄道ブームについて思う。 »

新マルーンに挑む【阪急組立キット】

▼毎日通勤でお世話になっている阪急。何気なく乗っていましたが、模型を作り始めると、屋上機器、床下機器、窓サッシなどディテールが気になりだしました。

▼最新鋭の9300系では、乗降ドアのガラス窓下の誘導用のサッシがなくなっています。クーラーはアイボリーの盾で隠されてみることができなくなっています。

▼9300系をよく見てみると、8300系と基本は先頭車のデザインは変っていないのですが、貫通扉上の額が剃り上がった感じが異なる点ですね。

100213__005

▼8300系って、こういう顔です。

0901030110__006

▼かつて近鉄がマルーン一色から、アイボリー色を加えてお洒落なイメージを得たように、阪急もマルーン色+アイボリー色でイメージがちょっと変ったかもしれません。なにせ、上品なイメージのマルーン色も、元はと言えば、汚れが目立たないカラーだから採用されたからです。

▼旧世代の3000系もよく見てみると、クーラーが3個だったり、4個だったり、中央に寄って並べられたり、中央から適当に離れて設置されたり、クーラーの箱がステンレスだたったり、バリエーションがありますね。

▼というわけで、リベンジの阪急組立キット。今回はクーラーの位置を中央寄りに置いてみました。

100810_213133

▼塗料をより多く吹き付けて、マルーン色がつるつるの感じまでなりました。しかし、よく乾燥させないと、指紋が付いてしまいます。

100810_213222

▼とにかく、なんとか、ここまで色つけは終わりました。あとは、問題のサッシ塗りです。気合を入れてやらないと・・・

100810_213020

▼ところが、ついに夏バテで風邪を引いてしまいました。ちょっと、作業は中断です。回復したら、再チャレンジです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« 115系1000番台長野色 | トップページ | 鉄道ブームについて思う。 »

模型」カテゴリの記事

コメント

暑さもほんの少しやわらぎ、疲れが出やすい時期ですね。
くれぐれもお大事に。

投稿: るーと | 2010年8月10日 (火) 23時31分

るーとさん。

連日の酷暑で参りました。。。
お盆はお休みさせていただきます。

投稿: kumoha313 | 2010年8月11日 (水) 20時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/36111020

この記事へのトラックバック一覧です: 新マルーンに挑む【阪急組立キット】:

« 115系1000番台長野色 | トップページ | 鉄道ブームについて思う。 »