« マルーンに挑む3【阪急組立キット】 | トップページ | 新マルーンに挑む【阪急組立キット】 »

115系1000番台長野色

▼マルーン色の阪急については、窓サッシの塗りがなかなか難しく、今一度製作中です。

▼昨今、JRWでは、経費節減などの理由で113系や115系の単色化が進んでいますが、JREでは、そのようなことがないよう祈るばかりです。というのも、、ちょうどKATOから発売された「115系1000番台長野色」をみて、やはり、113系や115系はいろいろな塗装が見られてこそ、旅が楽しいなぁと思うからです。

【KATO HP】 http://www.katomodels.com/product/nmi/115kei_1000_nagano.shtml

▼長野色は、数あるカラーバリエーションの中でも、シンプルですが、すがすがしい感じがして気に入っています。KATO製を買ってもいいのですが、なんだか、自分で作りたくなっています。

115kei_1000_nagano_m_ori
【KATOホームページより】

▼あさまフォギーグレーを基調にした、アルパインブルーとエメラルドグリーンの帯。ジェイズの鉄道模型車両色のスプレーが発売されていますので、なんとか挑戦してみたいです。

▼未塗装の組立キットはグリーンマックスから発売されています。115系なので、耐寒耐雪仕様で、雪切室を表現したりしないといけないのですが、どうでしょうか。できるかなぁ?

▼塗りのイメージとしては、次のとおりでしょうか。

①まず、エメラルドグリーンを塗る。②そのエメラルドグリーンの帯をマスキングテープで隠す。③その上から、アルパインブルーを塗る。④そのアルパインブルーの部分をマスキングする。⑤その上から、フォギーグレイを塗る。⑥最後は側面全体をマスキングして、屋根を塗る。

▼手間がかかりそうですが、出来上がりが楽しみなカラーですね。マルーンが終わったらやってみたいです。

▼以前に阪和色の113系に挑戦しました。出来上がりは荒いですが、自分としては満足しています。今度はもうちょっと精密にしたいですね。

090723_221208

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

|

« マルーンに挑む3【阪急組立キット】 | トップページ | 新マルーンに挑む【阪急組立キット】 »

模型」カテゴリの記事

コメント

国鉄時代の近郊型・急行型電車は前面デザインは共通で、
末期のステンレス車を除けばごく初期の低運転台・
それ以降の高運転台の2パターンですね。
個人的には153系高運転台車の間延びした塗分けを除けば、
国鉄時代の塗分けが気に入っています。
(原理主義的?懐古主義的?(^^;)

投稿: るーと | 2010年8月 7日 (土) 20時06分

るーとさん。

旧国鉄時代が懐かしくなるのは歳を重ねたからでしょうか。。。

しかし、ステンレス車の画一的なカラーはよくないですね。
阪神1000系のように、工夫をしたステンレス車ならOKですが。

投稿: kumoha313 | 2010年8月 7日 (土) 22時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/36062114

この記事へのトラックバック一覧です: 115系1000番台長野色:

« マルーンに挑む3【阪急組立キット】 | トップページ | 新マルーンに挑む【阪急組立キット】 »