« 夕方の団体列車【京都駅にて】 | トップページ | マルーンに挑む2【阪急組立キット】 »

マルーンに挑む【阪急組立キット】

▼前回に触れた「団体列車」ですが、次のような列車でした。

『2010(平成22)年7月28日(水),JR東日本青森車両センター所属の24系客車6両(天理方からカニ24 112+オハネフ24 12+オハネ25 213+オハネ25 152+オハネ25 211+オハネフ25 202)を使用した団体臨時列車(通称:天理臨)が,青森—京都—天理間(日本海縦貫線経由)で運転されました.
 青森—京都間は青森車両センター所属のEF81 137,京都—天理間は宮原総合運転所所属のDD51 1043がそれぞれけん引しました.』

※(鉄道ニュース・鉄道ファン)
http://railf.jp/news/

やはり、京都と天理間はDD51の牽引でした。

▼さて、これまで、禁じ手としていた阪急を製作することになりました。阪急は昔は山手の高級感のある鉄道というイメージでした。学生時代も阪急に乗るために学校を選んだようなものでした。

0901030110__008

▼しかし、最近はどうも阪急マルーン色がどうも地味な感じがして、馴染めなくなりました。しかし、通勤で毎朝利用しているし、ちょっと触手が動いて、作ってみようと一念発起しました。

▼昨日手に入れたのは、グリーンマックスの未塗装組立キット。2000系から8000系までさまざまなバリエーションが作れるキットです。

100730_083211

▼しかし、中身を吟味してみてびっくり。床下機器は、床板と一体になっていて、阪神のキットと同じものです。詳しく分析していませんが、阪急のどの系列でもいけるというものではありません。

100730_083527

▼特に、8000系はインバータ車なので、だいぶ制御機器は異なるので、ちょっとこのままでは難しいような気がします。

100730_083236

▼そこで、とりあえず、3000系4両をあまり詳細にこだわらずに作ってみることにします。

100730_083339

▼阪急車両はなぜ禁じ手かというと、窓枠やドアまわりのサッシの表現が細かくて難しいからです。いまも、うまくいくか不安ですし、途中で投げ出すかもしれません。

▼なんとか頑張ってみたいと思いますが、さて、どうなりますやら・・・

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 夕方の団体列車【京都駅にて】 | トップページ | マルーンに挑む2【阪急組立キット】 »

模型」カテゴリの記事

コメント

昔はJR奈良線沿線に住んでいたので、
天理臨はよく見かけました。
機関車はDD51かDE10(どっちか忘れました(^^;)、
客車は12系か14系座席車でした。
(これは確かに両方使ってました。)

阪急って作るのむずかしかったんですか。
作成レポート期待してます(^^)。

余談ですが。
Bトレ京阪6000&9000GETしました。
かわいいですよ(^^)。

投稿: るーと | 2010年7月30日 (金) 21時05分

るーとさん。

そうですか。
お馴染みの方にはそうなんですね。
知らなかったです。

阪急は、窓枠とかサッシの色塗りが細かくて大変なんです。。。

Bトレ、京阪。
発売されましたね。
私も見ました。
お気に入りが出てよかったですね。

投稿: kumoha313 | 2010年7月30日 (金) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/35952726

この記事へのトラックバック一覧です: マルーンに挑む【阪急組立キット】:

« 夕方の団体列車【京都駅にて】 | トップページ | マルーンに挑む2【阪急組立キット】 »