« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

天橋立鋼索鉄道

▼お天気もまずまず。ということで、今日は日帰りで天橋立へお出かけしました。

▼北へ向かうおなじみのルート、国道173、27号で舞鶴へ。そこから、175、178号で宮津市へ。

▼天橋立駅をバイパス通過して、阿蘇海をぐるっと回って、府中へ。そこから、傘松へケーブルカーで向かいました。丹後海陸交通の経営する天橋立鋼索鉄道とリフトが平行して走っています。行きはリフトで、帰りはケーブルカーで降りました。共通券ですからお好みの方法でどうぞ。

Cimg2167

▼傘松公園からの天橋立です。有名な股のぞき台があります。さかさまでも撮ってみました。

Cimg2154

▼ちょっと雲が多くて、残念でしたが、まあまあ絶景を見ることができました。

Cimg2153 

▼ケーブルカーで降りて、天橋立を歩いてみました。根元は割合広いです。このまま30分くらい歩いていくと天橋立駅方面まで行くことができます。

Cimg2171

▼天橋立の観光案内板です。股のぞきはあたかも天に架かる架け橋のように見えるそうです。どうでしょう?そう見えましたか?

Cimg2170

▼なかなか、ケーブルカーからの天橋立もきれいでした。

Cimg2164 

▼久しぶりの記事は、同じ鉄道ネタとはいえ、ちょっと毛色の変わった鋼索鉄道ということで、アップしてみました。

<にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

タンゴ・たんご【KTR】

▼舞鶴に出かけたついでに、運転区を見学。といっても、駅から覗いただけです。でも、KTR、つまり、北近畿タンゴ鉄道の列車を撮りテツしました。

▼まずは、タンゴ・ディスカバリー号。丸い先頭車両が特徴的です。経営状況が厳しいので、側面に宣伝が入っているのが、優等列車としてはちょっとがっかりですが・・・

100518_073508

▼タンゴ・ディスカバリーと並んで普通列車のKTR700型もしくは800型です。朝の通勤時なので比較的混んでいます。

100518_074135

▼運転区に近づいてみると、タンゴ・エクスプローラー号が車庫に停車中。ライトベージュメタリックというカラーは珍しいらしいです。

100518_073911

▼続いて、普通車両の700型ないし800型とならんだ姿をパチリ。

100518_073748   

▼700型ないし800型は大きなライトが特徴的です。単独の姿もパチリ。

100518_073824_2 

▼最後に、西舞鶴駅で発車を待つタンゴ・ディスカバリー号。側面から見ると、曲線がよくわかります。側面の汚れが目立ちます。台車からの油漏れですかね。。。

100519_162137

▼第3セクターの鉄道をこんなにじっくり見たのは初めてです。なかなか、おもしろい車両を保有している会社ではありますね。今度、一度乗ってみたい気がしました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

特急まいづる

▼舞鶴に用事があり、車ではなく列車で赴きました。京都発の特急「たんば・まいづる」です。1から4号車までが福知山行き「たんば」、5から7号車までが「東舞鶴行き「まいづる」です。

100517_084810_3

▼列車編成は次のとおりです。

(綾部寄) 1号車・グリーン + 2号車・指定 + 3号車・指定 + 4号車・自由 * 5号車・指定 + 6号車・指定 + 7号車・自由 (京都寄)
                         

▼運用車両は、旧の485系改め、183系です。元「雷鳥」の車両を直流に改造した車両です。1号車、7号車は高運転台のクハ。5号車は元モハを改造したクモハです。JRWお得意の変な顔の先頭車両です。

▼西舞鶴駅に停車中のクモハ183。切妻に運転台を付けた変な顔です。綾部で福知山から来る「たんば」と併結され、京都へ向かいます。

100519_161809

100519_161859

▼1から4号車と5から7号車は綾部で切り離し、東舞鶴行き「まいづる」は運転方向が前後反対になります。下は7号車の行き先表示です。

100517_084854

▼往復、京都・西舞鶴間乗車しました。行きは8:51発で指定席はがらがらの状態。帰りの16:35発の指定席は3割程度の乗車率でした。チケットホルダーがあるのですが、取り忘れを考えるとちょっと無駄なサービスかもしれません。

100517_090647

▼帰りに乗車した車両はモハ182-204。その下の表示では、「モハ484-336・平成15年改造・金沢総合車両所」となっていました。

▼京都・西舞鶴間約1時間20分ほどの運転区間です。京都から園部まで複線化が完成したので早くなりました。

▼アコモデーションは改造されていますが、やはり昭和の雰囲気のある優等列車の面影があります。乗り心地もそれほどいいとは思えません。現在の優等列車は格段の進歩があるように思えます。しかし、ボンネット特急が消えつつある中で、貴重なボンネット型特急であるのです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おけいはん。【宇治線】

▼お仕事の関係で、六地蔵あたりに行くことになりました。そこで、大阪からおけいはんの利用。最近、快速急行で上洛することが多いのですが、今日は、特急に乗車。

▼特急は、ロングシートの9000系でした。通勤時でもあり、8000系でなくて幸いでした。9000系はスムーズな走行、ゆれも少なく、京阪特有のがたがた感もないので、いいですね。3000系は少しがたがた感があるのが気になります。

091208_011

▼特急は、天満橋からだと、枚方市、樟葉、中書島・・・と停車駅は少なめで、乗降のざわつきがなくていいです。快速急行は、守口市、寝屋川市、香里園と停車し、学生などが多く乗降して混雑しがちです。。。

▼だいぶ早く中書島に着いたので、ちょっと撮りテツ。2600系。そのうち、この系統もなくなるでしょうから、どんどん記録しておかないと・・・

▼中書島では、8:06発、8:14発の2600系を撮りました。

8:06発は、2621+2921+2721+2821。

100513_080358_2

8:14発は、2623+2923+2723+2831。

100513_081138

▼支線での運用なので、4両編成とこじんまりしています。でも、一番京阪らしい系統なので好きなのです。

100513_080431

▼どうでしょうか?でかい目玉、特徴のある幌止め。いかにも京阪って雰囲気しませんか?

100513_081119

▼宇治線はカーブが多くて、スピードはほどほど。うなりながらのモーター音が心地よいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

京浜急行ダイヤ改正。

▼京急蒲田周辺での立体高架化工事が進み、京急では、5月16日にダイヤ改正を行うことになりました。

090101_009
品川での快特・三崎口行き、2100形。

▼当然、相互乗り入れの東京都営地下鉄、京成電鉄も同様にダイヤ改正が行われます。

▼京急のダイヤ改正の主な内容は次のとおりです。

●朝・夕ラッシュ時の混雑緩和
●横浜方面~羽田空港間では、新逗子駅発の8両編成「エアポート急行」を新設(従来、快特・特急に連結していた4両編成での運転は取りやめ)。
●快特は、新たに金沢八景駅に停車。
●品川駅~羽田空港駅間をノンストップで運転する新「エアポート快特」(標準16分)を設定。

【京急HPより】  http://www.keikyu.co.jp/corporate/press/press_files/100507.shtml

▼今回の改正で、蒲田駅の地元がえらく反発しているそうです。つまり、立体高架化工事への地元負担があるにもかかわらず、エアポート快特が京急蒲田を通過することになったからです。

▼京急としては、羽田空港に新駅を開設するので、羽田空港までの到着時間が長くなることや、東京モノレールとの競争を意識して、スピードアップを図りたいところ。そこで、蒲田の通過となったようです。

▼鉄道事業者としては、各地元を通過するので、仲良く行きたいところでしょうけれど、競合路線とのバトルにも対抗しないといけないので、なかなか、両立が難しいようです。

▼地元、大田区では、立体高架化事業への負担金の支払いを留保するとの強行策も検討中とのことで、ちょっとこじれそうです。。。

▼ちなみに、テツとしては、京急川崎での、羽田空港からの特急と、品川方面からの快特との併結がなくなるので、ちょっと残念です。特急はいったん川崎の手前の待避線で快特を待って、快特の後ろに連結するという、おもしろい動きがもう見れなくなるからです。

▼写真は、羽田空港での「特急」新逗子行きの3ドアの2000形。

Dsc00065

▼それに、もうすぐ、京急の代表的な形式であった1000系がどんどん淘汰され、あとわずか。その残りの編成ももうすぐ姿を消すと思われます。それも、寂しいものではあります。

▼写真は、2004年、金沢文庫での1000形。この姿も、あと少しですね。。。

Dsc00070

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

舞鶴へ。【北近畿タンゴ鉄道】

▼連休の真っ最中。いいお天気に誘われて、ふらふらと、お昼前に車でお出かけ。

▼高速道路はどこも渋滞で大変だから、一般道路優先で、高速走行を味わえるルートは・・・。

▼ということで、いつも楽しんでいるルートでドライブに。目的地は日本海。舞鶴。

▼阪神高速池田線で北上。渋滞はなし。そのあと、国道173号でひたすら北上。阪神高速を出て、山下から一庫ダム周辺まで渋滞しました。予想外でした。やはり連休はすごいです。

▼その後、能勢町、篠山市、京丹波町、綾部市へと。綾部で国道27号線へ入り、舞鶴市と向かいました。途中、京丹波市の道の駅で休憩。

▼西舞鶴駅に到着。大阪を出て約3時間弱。東側の駅舎を撮影。

Cimg2134

▼この駅は、JRWとKTR(北近畿タンゴ鉄道)の共管駅となっているようです。駅の標識がJRとKRTと両方が掲げられています。

▼西側に移って、駅のローターリーで駅舎を撮影。こちらのほうが表玄関のようです。

Cimg2137

▼駅から南側へ細い道を走ると、KTRの拠点がありました。「北近畿タンゴ鉄道 西舞鶴運転区」の標識がありました。

Cimg2140

▼保有車両が勢ぞろいしていました。「タンゴ・ディスカバリー」「KTR700型・800型」がいっぱい停車中。点検の最中の列車もありました。

▼これは、普通列車。KTR700型かな?トイレつきのようですので。。。なかなか楽しそうなスポットですが、運転区には許可なしでは入れないので、気をつけましょう。外からでも写真は撮れます。

Cimg2138 

▼第三セクターの鉄道会社にしては、規模が大きいほうですね。京都府や他の地元自治体が主に出資している会社ですが、なにぶん経営は厳しいようです。

▼このあと、舞鶴港へ向かい、とれとれセンターを見物。海産物がいっぱい。連休で人出が多いですね。写真は舞鶴湾の景色。向こうの山は、五老岳のタワーです。

Cimg2148

▼帰りがまた混みそうなので、早めに出発。国道27号、国道173号と順調に帰ってきました。しかし、能勢の道の駅周辺で、渋滞に。。。

▼このままでは、たぶん高速に入るまで、渋滞は続きそうなので、迂回路を検討。能勢の山を越えて、箕面へ抜けることにしました。

▼大阪府道を利用して、野間峠を越え、国道423号に入りました。そこから、箕面有料道路(トンネル)、新御堂と経由して帰りました。渋滞はなし。ちょっと、時間はかかりますが、ストレスなしの経路でした。

▼久しぶりのロングクルーズを楽しみました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長野電鉄8500系、Nゲージ化。【鉄道コレクション】

▼長野電鉄8500系、鉄コレをNゲージ化しました。動力車以外の台車をグリーンマックのと東急TSに換えましたが、やはり、鉄コレの車体とはかみ合わないみたいです。

▼カーブなどで、つっかえて、脱輪します。先頭車のアーノルドカプラーが当たって脱輪するようです。

▼台車は鉄コレのものに戻して、車輪だけをGMのものと交換。先頭車のカプラーも元のダミーに戻しました。

100504_100006

▼動力車のアーノルドカプラーの長さが短くて、ここでも、カーブでギクシャクします。動力車のアーノルドカプラーがつっかえて脱輪するようです。そこで、長さを長めにしました。車両同士の連結距離が長くなってみっともないです。

100504_095726

▼もともと、Nゲージ模型ではないので、鉄コレを走行させるのは、これが限界かもしれませんね。

▼とりあえず、長野電鉄8500系のNゲージ化は終わりです。(あと、アンテナ付けないといけないのですが、リスクを考えてやめました。)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長野電鉄8500系。【鉄道コレクション】

▼この連休はとてもいいお天気。各地の高速道路も渋滞で大変そうです。連休前半にツアーを敢行したので、後半はおうちで模型いじりでも。

▼鉄道コレクションから、「長野電鉄8500系 3両セット」が発売されたので、買って来ました。

Cimg2133_2

▼そのままにしておいてもつまらないので、Nゲージ化することにしました。別売りパーツでグレードアップを行いました。動力は「Nゲージ動力ユニットA TM-08」、パンタグラフは「TOMIX PG16形」、台車は「グリーンマックス 東急TS」を使って改造しました。

Cimg2132_3

▼動力は本当はデハに装着すべきなんでしょうが、バランスの問題もあり、サハに組み込みました。動力車用の台車の外枠は付属品で本体に付いていました。床下機器は、元の床から取り外して、動力ユニットに付けました。

▼さて、各車両を見て行きましょう。最初はデハ8503から。長野電鉄なので、運転席の窓ガラスにワンマンの表示があります。

Cimg2121_2

▼続いて、サハ8553です。側面には長野電鉄の社章、車椅子の表示があります。

Cimg2124_2 

▼最後はデハ8513です。

Cimg2125_2

▼今回は、先頭車両の連結器については、ダミーをはずして、GMの東急TSの台車のアーノルカプラーのままにしてあります。

▼パンタグラフも、プラスチックの陳腐なものから、TOMIXのPG16形に換えました。

Cimg2122_2 

▼屋上機器の空調機のカバーはいい仕上がりです。

Cimg2130

▼サハの切妻部分もリアルな仕上がりになっています。

Cimg2127_2

▼あとは、実際に組み込んだ動力ユニットで走行試験をすることとしましょう。楽しみですが、組み込んだGMの台車の回転がちょっと固めなので不安ではあります。

Cimg2120

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

うぇるかめ。【JR四国】

▼連休前半。淡路島、鳴門、そして日和佐へお出かけしました。前半ということで、阪神高速以外は渋滞はありませんでした。(徳島市内の渋滞はひどいですが・・・)

Cimg2021

▼明石海峡大橋、鳴門海峡大橋と二つの海峡を渡ってのツアーでした。1日目は、淡路夢舞台にいきました。春と言うことで、「花みどりフェア」が開催中です。すばらしい花々が咲き乱れています。宿泊は、鳴門のリゾートホテル、鯛づくしの夕食をいただきました。

▼淡路夢舞台のポプラの丘付近です。花のじゅうたんのようです。

Cimg2031

▼奇跡の星の植物館。大規模な温室です。

Cimg2039

▼「百段苑」という花壇です。きれいに花々が植えられています。

Cimg2054 

▼2日目。ドラマで有名になった美浜町へ足を延ばしました。徳島から1時間30分くらいです。国道55号を南下。海沿いを走っているはずですがなかなか海は見えません。

▼「日和佐うみがめ博物館」を見学しました。大きなうみがめがたくさん飼われています。日和佐の浜へのうみがめの産卵のための上陸は最近めっぽう減っているそうです。原因は何なんでしょう。ちょっと心配です。

▼うみがめさんは、見ていて心がなごみます。このかめさんはまだ子供です。

Cimg2097_2

▼大浜海岸、ここがうみがめの上陸する浜です。

Cimg2090

▼陸に戻って、日和佐駅に向かいました。駅の隣には、国道沿いに道の駅があります。そこで、休憩。ちょうど、上下の普通が交換。撮り鉄と相成りました。

▼JR四国の1500系。お初にお目にかかります。それぞれ、単行運転。14時13分発牟岐行き、14時14分発阿南行きでした。新鋭の気動車でなかなかスムーズな走りです。

Cimg2109

▼久しぶりのローカル線。懐かしい感じがします。

Cimg2111

▼日和佐駅。ドラマで一躍有名になりました。このホームでヒロインが乗降したシーンがありました。

Cimg2115

▼駅舎、駅には駅員はいませんでした。代わりに観光協会の案内の人がいました。

Cimg2117 

▼駅からは、日和佐城、四国霊場23番札所「薬王寺」が見えます。

Cimg2104

Cimg2105

▼日和佐駅の陸橋からは街がよく見渡せます。駅全体も見渡せます。今となっては、単行列車にはもったいない長さの駅です。

Cimg2106

▼のんびりした時間が過ぎていく、昼のひとときでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »