« あす(3月12日)で、さようなら。 | トップページ | 阪神なんば線開通1年。 »

ボンネット型特急車両。

▼無事313ダイヤ改正は実施され、滞りなく2日目が終わろうとしています。

▼今回の改正で、上野発金沢行き夜行急行「能登」は廃止(正確には臨時列車では残留)されました。その最後の運用車両が489系でした。いわゆるボンネット型、交流直流両用型の電車です。軽井沢・横川間の電気機関車との協調運転ができるように設計されています。

▼下の列車は九州鉄道記念館でのクハ481系です。交流直流両用のボンネット型は眉毛?が左右に付いています。「にちりん」として運用されていたものです。

Dsc00828

▼基本的なフォルムは、こだま型151系から始まるボンネット型の電車です。高速運転に適するように運転席を高い位置に上げると共に、電動発電機や空気圧縮機といった騒音を発生する機器を先頭車のボンネットに収納したため、このような形になったようです。

▼下は、交通科学博物館に展示してある151系「こだま」の先頭車両。首だけの保存車両です。直流型は眉毛?はありません。

071008_005

▼展示されているボンネット型特急電車を下から眺めてみると、かなり大きく見えます。レールと同じ高さから見るからでしょうが、運転席までの距離が非常に遠く感じます。また、電車が大きく感じます。120キロの高速で走行するには、これだけの高さから運転することで遠くを見通せて危険をいち早く察知できると思われたのでしょうか。

▼しかし、現在、京急では横浜・品川間で、普通の高さの電車で120キロ運転を行っていますから、これだけの高さってほんとうに必要なんでしょうか?調べてみると、設計最高速度は160キロだったのですね。だから高いのですね。

▼ボンネット型特急は、気動車にもあるのです。キハ81系です。このフォルムは151系から連なる電車のボンネット型特急と比べると、なんだか不恰好な感じがします。

▼東北本線で「はつかり」として登場しました。ボンネットの中には、サービス電源用発電セットが搭載 されました。しかし、高さが押さえられ、ボンネットも絞られずにやたら大きいので、犬のような風貌になってしまいました。

▼交通科学博物館に展示されているキハ81系です。「くろしお」のヘッドマークが付いています。紀勢本線でも活躍しました。

071008_042

▼登場してから故障が続き、不恰好なフォルムからも人気がなく、続いて開発されたキハ82系は貫通型の先頭車となってしまいました。

▼ボンネット型特急といっても、いろいろバリエーションがあって、面白かったですね。子どもの頃は、すでに新幹線が走り始めていたので、在来線の特急で、ボンネット型特急は影が薄い感じがしましたが、依然一大勢力だったことは間違いありません。そろそろ、その昭和を代表する車両も見納めということですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« あす(3月12日)で、さようなら。 | トップページ | 阪神なんば線開通1年。 »

鉄道全般」カテゴリの記事

コメント

キハ81は、くろしおに使用していた頃、
たまに奈良線に回送で走っていたので、
そういう意味では馴染みがあります。
たしか1両か2両でDD51に牽かれていたような…。
(このあたりはちょっとうろ覚え(^^;。
1,2両だったのは確かですが、自走してたか牽引されてたかは
いまひとつ記憶が定かではありません。)

こだま型が高運転台なのは、やはり初めての高速運転なので
見通しをよくして早期に危険回避を図る、ということだったと
思います。
定格が160km/hなのは、マージンを2割取り、
営業運転は120~130km/hということだったのでしょう。
当時から600mの壁はありましたので、
それをクリアするブレーキが開発され、
43・10ダイヤ改正ではじめての120km/h営業運転が実現しました。

高運転台であっても、やはり事故は防げないもので、
確か東海道時代に踏切事故でパーラーカーことクロ151が
1両廃車になっていたと思います。

投稿: るーと | 2010年3月15日 (月) 00時36分

るーとさん。

奈良線ではキハ81がなぜ、回送されていたのでしょう?

今では優等列車には当たり前の高運転台はボンネット型の151系が最初ですが、ヨーロッパの鉄道にお手本があったのでしょうね。

クロ151、廃車も出ていたのですね。。。

投稿: kumoha313 | 2010年3月15日 (月) 22時39分

昔は天王寺の阪和線から関西線への渡り線はなかったので、
北側から阪和線に車両を入れるには、
吹田あたりからは京都→奈良→久宝寺→杉本町→(日根野?)
くらいのルートしかなかったのではないでしょうか。

そう言えば、短命だった名古屋-和歌山間のDC特急あすかが、
たしかこの貨物線経由でしたね。

投稿: るーと | 2010年3月16日 (火) 00時11分

るーとさん。

そうですか!

そういうルートでしか阪和線に入ることが出来なかったのですか。

遠回りだったんですね。

投稿: kumoha313 | 2010年3月16日 (火) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ボンネット型特急車両。:

« あす(3月12日)で、さようなら。 | トップページ | 阪神なんば線開通1年。 »