« 通勤型電車の進化論。101系からE233系まで | トップページ | あす(3月12日)で、さようなら。 »

北の国から【JR北海道】

▼春の足音が一歩一歩近づいていますが、まだまだ、寒い日が続いています。

▼ということで、北の国のツアーでの記録でも書きましょう。

▼ずいぶん前のことですが、2004年12月に、札幌で開催されている「さっぽろホワイトイルミネーション」に出かけたときの写真です。

▼ご存知かもしれませんが、札幌では毎年、11月末から12月にかけて、大通り公園を中心に街をイルミネーションで飾るお祭りがあります。今年でもう29回目だそうです。

HPはこちらをご覧ください。 http://www.sweb.co.jp/kanko/white/

▼とても寒いのですが、地下街からひょいと外へ出ると、そこは素敵なイルミネーションのファンタジーが現れます。

Dsc00419

▼札幌の街は、非常に寒さが厳しいのですが、交通機関や地下街などは暖房がよく利いていて快適な街です。お勤めの男女は、大阪と変らない服装で通勤しています。初めて本土から向かうと不思議な感じです。

▼ちょっとした秘密もあります。それは靴です。本土からきた観光客は道路でつるつる滑って転んでます。しかし、札幌の皆さんは全然平気!

▼なぜか?靴の裏に滑り止めが付いているそうです。

Dsc00421 

▼さて、本題の鉄道ネタですが、やはり札幌駅のホームにたたずむと、JR北海道の代表的な車両を見ることができます。最初は、キハ283系、振り子式気動車。特急「スーパーおおぞら」です。はるばる釧路からやってきてます。非常にスマートなフォルムの気動車でお気に入りの車両です。

Dsc00431

▼札幌駅は屋根の上が駐車場として利用しているので、雨や雪の心配はないのですが、なにせ気動車のエンジン音が響くので、喧しいのがたまにきずです。

▼次は、同じくキハ283系気動車の特急「スーパーとかち」です。こちらは帯広からの優等列車です。

Dsc00438_2

▼キハ283系の先頭車は貫通扉にガラス窓があり、走行風景を見ることが出来ます。乗客サービスが考慮されていますね。

Dsc00432 

▼一般車でも、少し珍しい車両が停車中です。ブレてますが、ご勘弁ください。まずは、キハ141系です(左側)。もともと客車だったものを気動車に改造した車両です。主に札沼線(学園都市線)で運用されています。

Dsc00437

▼一方、右側は、731系電車です。交流近郊型で、キハ201系との統括制御機能をもっています。気動車と連結して協調運転が可能です。

Dsc00435

▼最後は関空までの往復でお世話になった「ラピート」です。鉄人28号のようなフォルム。がらがらで走っていますが、廃止にならないよう願うばかりです。

Dsc00417

▼最近は札幌もご無沙汰になっています。デジカメも新しくなったことだし、また、撮りテツしたい今日この頃です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 通勤型電車の進化論。101系からE233系まで | トップページ | あす(3月12日)で、さようなら。 »

JR」カテゴリの記事

コメント

281から始まる北の特急型DCは、
運転台周りほかのデザインが微妙に変わってきていて、
個人的には261以降が特に好みだったりします。
261初期型は顔が下ぶくれなのも、
ちょっぴりキュートだったりして(^^;。

そう言えば、381ECも結構好みだったりして…(^^;。

投稿: るーと | 2010年3月11日 (木) 00時36分

るーとさん。

そうですか。
下ぶくれがお好みですか!?

投稿: kumoha313 | 2010年3月11日 (木) 20時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1293488/33703298

この記事へのトラックバック一覧です: 北の国から【JR北海道】:

« 通勤型電車の進化論。101系からE233系まで | トップページ | あす(3月12日)で、さようなら。 »