« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

お別れの2月が終わり。つぎは313ダイヤ改正【Bトレ485系】

▼今日で2月も終わりです。この日で、500系での「のぞみ」が営業運転終了。阪急6300系の京都本線での営業運転終了。節目の日でした。

▼しかし、そのお別れがあるのと同時に、チリでの巨大地震が発生。日本沿岸では、津波が遅れて押し寄せてきました。JR各社、近鉄など、海沿いを走る路線では、運転が見合わせとなるなど、大きな影響が出ました。

▼続いて、3月に入ると、ボンネット型の485系の「能登」が廃止。「雷鳥が」往復1本になり、485系も数少なくなります。

▼そこで、久しぶりに、模型、Bトレのネタで。左のヘッドマークは「白鳥」、右は「雷鳥」にしています。

100228__006

▼左のBトレは初期の発売のもので、右の製品は後から発売されたものです。肌色の濃淡がだいぶ違いますね。

100228__004

▼現在の「雷鳥」の編成で、パノラマカーのクロもBトレにはあります。ちょっと、おもちゃっぽいかなぁ。。。

100228__001

▼本物はこうです。比べてみると、もともと改造車なので、本物もおもちゃっぽいかも知れませんね。

Dsc00950

▼最近のBトレは、台車もNew HGフレームを採用して、それなりに見栄えがよくなっていますが、やはり、模型用の台車を履かせるとリアリティーが増します。画面が黒くてわかりにくくて恐縮ですが・・・グリーンマックスの台車を履かせています。

100228__008

▼こちらも模型用台車を履かせています。

100228__009

▼今日は津波のニュースで埋め尽くされ、500系も阪急6300系の話題もTVニュースでは流れてきませんでした。でも、ちょうどよかったかも。必要以上に騒ぎになるのはイヤですから。

▼しかし、313のダイヤ改正前夜は、また、狂想曲が始まるのでしょうか。静かなお別れの方がいいですね。テツのマナーの悪さが目立つ今日この頃。撮り鉄には世間の目が厳しくなりつつありますね。肩身が狭くなるのは辛いです。

100228__002

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

500系のぞみ、さようなら。

▼今度のダイヤ改正で、500系新幹線での「のぞみ」は全廃となります。JRWのプレスリリースによると、次のとおりです。

平成22年3月13日(土)にダイヤ改正を実施します。

<山陽新幹線>
山陽新幹線においては、東海道新幹線に直通する「のぞみ」のすべての定期列車をN700系車両で運転します。また、広島発着の「のぞみ」4往復を博多まで延長し、東京~博多間の「のぞみ」を毎時3本運転とする時間帯を朝夕で拡大します。
 一方、「ひかりレールスター」や「こだま」につきましては、お客様のご利用状況に合わせて、「ひかりレールスター」の一部列車の臨時列車化、「こだま」の列車設定見直しを行います。

▼独特のフォルム、新幹線の営業運転ではじめて300キロを出した車両。しかし、独特なフォルムが災いして、JRCの車両との座席数が合わないことが、営業政策上好ましくないことや、車内が狭いことなどの快適性の犠牲などから、N700系に統一されることとなりました。

▼写真は広島駅に停車中の、8両編成に組みなおされた500系。すごい能力があるのに「こだま」運用だなんて。。。すごく残念ですね。

Cimg0052

▼N700系はカーブ走行中に車体自体を傾斜させて、速度を緩めずに走行できる素晴らしい技術を搭載した車両ですが、味わいは500系に比べるとちょっと少ないような気がします。

Cimg0038

▼車内のアコモデーションも格段によくなっていますが、0系から100系に代わった時の、あの感動は少ないですね。あのときは、座席と座席の前後のピッチが格段に広くなって、感動したものです。

▼その100系も、JRC管内ではもうお払い箱。JRW管内で、ほそぼそと「こだま」運用がなされています。2階建て車両を2両つないで、そのうちの1両は食堂車だったグランドひかりの威光も消え、4両、6両編成の短い編成で走っています。

Cimg0041

▼出っ歯の300系と700系と、いままでの新幹線のイメージからは異なったフォルムになったので、最初はなかなか馴染めませんでした。

Cimg0049

▼700系は先端がすごく長くなって、カメラでなかなか捕らえられなくなりました。空力とトンネルでの衝撃音防止の重視の結果なのですが、なんとも変な感じでした。

Cimg0050

▼JRC管内では、300系と700系、そしてN700系と形式はシンプルになって、面白みにかけますね。新幹線が面白くないのはその辺かもしれません。

▼そういう中で、ひときわ目立っていた500系。今回の「のぞみ」からの引退は、やはり残念ではあります。お疲れ様でした、500系さま。

Cimg0051

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キハ110系も、もう20年です。

▼キハ52形も引退とのことですが、キハ110系も世に出てから20年。JR東日本管内でしか見られませんが、すでにハイブリッド車が登場したりして、ちょっと影が薄いような気がします。

▼これまでのローカル線の気動車とは打って変って斬新なデザインです。原型のカラーもグリーンとホワイトですっきりした感じです。

▼なんと、エンジンは強力なカミンズ社製、ボルタレス台車を搭載されています。これまでの気動車とは全然違いますね。

100221_211839

▼以前TBSで「高原へいらっしゃい」というドラマが放送されました。視聴率はよくなかったのですが、ドラマの舞台の八ヶ岳界隈の小海線がよく出てきました。それで、キハ110系がすっかり気に入りました。

▼この気動車に乗りたくなったので、小海線に出かけてみました。記録を調べてみますと、2003年の8月下旬に日帰りツアーを敢行しています。

▼まだ、JALが元気な頃で、特割など割引チケットが有利だったころなので、大阪から東京までJALで飛び、距離と時間稼ぎをして、東京で乗り鉄をしていました。

▼当時のルートは次のようです。JAL102便(7:35伊丹発・8:40羽田着)、JREあさま511号(10:28東京発)佐久平で下車。浅間山がピーカンでくっきり綺麗にみることができました。

▼ここから小淵沢まで小海線で、念願のキハ110系に乗車しました。スマートな車両で、加速もスムーズ。勾配も難なく上がっていきます。

100221_211630

▼途中、日本で一番高所にある鉄道スポットと駅(野辺山)を通過。ツアー客が野辺山から小淵沢までどっと乗り込んできました。

▼小淵沢からは、スーパーあずさ8号(14:49発)で新宿へ。席が取れなかったので、グリーン車で乗車しましたが、なんと、冷房装置が不具合で暑いのなんのって・・・グリーン料金返してほしいわぁー。。。

100221_212000
カトーのNゲージ。床下機器がリアルです。

▼中央東線で甲府、八王子を通って、新宿まで。このあと、東京でぶらぶらして、大阪へはまたエアーで飛んで帰りました。JAL137便(19:00羽田発・20:00伊丹着)でした。東京へは往復ボーイング777型機でありました。登録番号はいずれも「009」で行き帰りとも同じ機材でした。

100221_212102
キハ111形トイレ設置車

▼あのころは、デジカメを持っておらず、画像を記録もしていないので、いまから考えたら惜しいことをしました。また、こんな強行軍で日帰りツアーをしてみたいものですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

キハ52形とキハ20形【大糸線キハ52形引退にちなんで】

▼3月のダイヤ改正で、大糸線の糸魚川・南小谷間を走っているキハ52形3両がすべて引退となるそうです。現在、引退を間近にしてファンは乗り鉄、撮り鉄に忙しくされています。

▼カトーからは、最近これにちなんであろうか、キハ52形のNゲージが発売となりました。そこで、私もMなしのキハ52形を購入してみました。

▼30年前の学生時代に、箱庭レイアウトを作ろうとして、その上で走らせる気動車として、キハ20形を購入していました。いまだに、元気に走っています。そこで、昔と今のカトーの模型を比べてみました。

▼キハ20形はエンジンが1機、キハ52形は勾配区間用にエンジンを2機搭載している点が異なりますが、その他はほとんどコンセプトは同じはずです。

▼前面からの写真ですが、右がキハ52形、左がキハ20形です。現在の製品はライトと尾灯が点きますが、昔のものは点きません。

100221_003004

▼顔の大きさも異なります。ということは、断面積が違うということです。トイレの表現もキハ52形は窓が塞がれていますが、キハ20形では窓は塞がれていません。ドアもキハ20形では強度を増すための凹凸がありますが、キハ52形にはありませんが、足元を照らす明かり窓があります。

100221_003211

▼連結してみると、高さがだいぶ異なることがはっきりします。左がキハ52形、右がキハ20形です。

100221_003815

▼キハ52形の床下機器は非常に細かくディーテルが表現されています。ちゃんとエンジンが2機搭載されています。窓もサッシが表現されていますし、行先表示板をはめ込む個所も細かく表現されています。

100221_003300

▼キハ20形の床下機器は黒色で表現され、M付き車なので、余計に単純化したものとなっています。窓はサッシの表現はされていません。行先表示板のはめ込む個所もありません。

100221_003351

▼屋根の表現ですが、キハ52形とキハ20形ではベンチレータは同じような表現です。シンプルです。キハ52形では、エンジンからの排気口と信号灯の表現があります。一方、キハ20形ではそういう細かな表現はありません。

100221_003950   

▼学生時代に栂池で夏合宿があり、北陸線経由で糸魚川から白馬大池まで行きました。ボンネットの「雷鳥」で糸魚川まで、そこから南小谷までキハ52形、南小谷から165系で白馬大池だったように記憶しています。帰りは、青森からの最長走行距離の特急「白鳥」でした。

▼今から考えると、なんともすごい旅をしていたんだなぁと思います。ファンとしては垂涎の列車だと思いますね。あの頃は、なんとも感じない普通の列車でしたから。

▼ボンネット雷鳥も白鳥も姿を消し、最後まで活躍していたキハ52形もこの3月でサヨナラ。なんとも寂しいものです。せめて模型で残しておきたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

北近畿。はるか。【新大阪にて】

▼新大阪で、ウォチング。長距離列車の発着ホーム、11・12番線。夕刻に降りてみました。

▼12番線にやってきたのは、新大阪どまりの北近畿。城崎13時33分発、新大阪16時26分着。約3時間足らずの運転。もともと485系から改造した183系となっています。「雷鳥」とは兄弟分ということになります。

▼JR西日本仕様の塗装です。国鉄色ではありません。ヘッドマークは、到着後、幕がまわって「試運転」になっています。最終的に「回送」となり、発車していきます。

100213__014

▼隣のホームに221系がやってきました。並んだショット。前面の表示は「回送」になっています。

100213__015

▼まもなく、221系の快速が先に発車していきました。

100213__017 

▼11番線には、「はるか」が大阪方からやってきました。がらがらです。土曜日ですが乗客は少ないですね。今度のダイヤ改正では、昼間のはるかは臨時列車扱いになるのわかりますね。

100213__018

▼JR西日本の車両にしては、センスがいいと思うのですがいかがですか。ホワイトとブルーの色合いが気に入っています。

▼JR東日本で言えば、成田エクスプレスにあたるものですが、あちらがレッドだから、こちらはブルーとしたのでしょうか。はるかの文字と京都をイメージさせたイラストのエンブレムがいいですね。

100213__021

▼一度乗車してみたのですが、なかなか機会がありません。関空快速はよく乗るのですが。。。関空へは、市内からだとラピートで向かうことが多いので、はるかは乗りません。料金も高いですね。

100213__019

▼新大阪からは、「スーパーくろしお」「オーシャンアロー」なども発着します。新大阪6時27分発の紀伊田辺行き快速も見てみたいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

さよなら、阪急6300系・・・

▼春は別れのシーズンです。またまた、お別れが続きます。阪急6300系です。京都線の特急として活躍してきましたが、2月末で引退になります。

▼学生時代、神戸線を利用していました。いつも、梅田から十三までの間、神戸線特急、宝塚線急行、京都線特急が一緒に発車。端の6300系がまぶしく見えていました。これで、毎日通えたらいいのになぁって、羨望の目で見ておりました。

▼その2扉の優等列車6300系がとうとう引退です。正確には、嵐山線で、4両編成のミニ編成が残りますが、本線からは引退です。

▼その話しを聞いていたので、思い立って、梅田駅へ。3本線が揃う梅田駅はやはり壮観な眺めですね。

100213__009

▼15時から16時まで、1時間ばかり、京都線ホーム辺りをうろうろ。6300系が全然来ません。来るのは、9300系と7000系ばかり。。。

▼ちょうど、9300系もじっくり観察して記録したかったので、まずは9300系から撮影。

100213__003 

▼前パンタグラフがいいですね。9300系。7000系より肩が丸くなってソフトな感じです。

100213__004

▼ちょっと離れてパチリ。

100213__005

▼京都方へ移動して、太陽光での写真をパチリ。

100213__011

▼1時間の間に、9300系が4本、7000系が2本。全部3扉車でした。

100213__012   

▼知らないことは恥ずかしいことですね。うちに帰って阪急のホームページを見て確認してみると、なんと、2月22日から28日まで、さよなら運転をするそうです。

▼すでに1月から特急などの運用から外れていました。だから、来ないはずです。。。

▼きっと、22日から28日の間、すごいテツが集まることでしょうね。ただ、先週の関西線での「あすか」の騒動のようにならないことを祈るばかりです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

臭いのなんのって、キハ181系【はまかぜ】

▼「雷鳥」のお見送りをしていると、大阪駅に「はまかぜ」4号が17時11分に到着していました。キハ181系も数少なくなりつつある中、せっかくですから、記録することにしました。

▼時刻表によると、「はまかぜ」は13時30分に浜坂を出発して、播但線経由で大阪へ到着します。塗装は旧国鉄色ではなく、JR西日本の色になっています。

100213__041

▼隣のホームの223系と並んで、はいチーズ!

100213__042

▼181系の運転席の窓ガラスは側面に湾曲されて、子どもの頃に紀勢線で乗車した「くろしお」の頃から、畏敬の念をもつフォルムなんです。これぞ、優等列車という感じがしませんか?

100213__043

▼乗客を降ろし、車庫に向かうまで、少しホームに停車中です。アイドリングしていますが、かなり、排気ガスが臭います。気動車独特のディーゼルエンジンのカラカラというアイドリングの軽やかな音。でも、やはり、ガスは強烈な匂いですね。

100213__045   

▼排気ガスで、屋根上の自然放熱式冷却器も煤で真っ黒になっています。気動車ってやっぱり身体に悪いかもしれませんね。

▼キロ180-4、グリーン車です。

100213__046

▼ヘッドマークもアップで撮影しました。絵入りのHM。

100213__044 

▼そうこうしている間に、新大阪方に向かって回送として181系は出て行きました。起動時の排気ガスがまた強烈で臭かったです。ちょっと気分が悪くなりました。電車に慣れるとこの旧型の気動車はきついですね。。。

▼後追い撮影で、ブレています。さよなら、お疲れ様でした。とにかく、485系、キハ181系と国鉄型列車と久しぶりに会えてうれしいプチツアーとなりました。

100213__047_2

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

485系、雷鳥をお見送り。

▼春は別れの季節でもあります。いままでなじんだものとのお別れの時期であります。鉄道の世界でも、同様であります。

▼3月13日のダイヤ改正で、関西方面からの北陸線特急では「雷鳥」が往復一本となり、後はすべて「サンダーバード」となります。すなわち、485系での運用がほとんどなくなってしまうということを意味します。

▼485系車両での特急はいまでも数が少なくなっていますが、今度のダイヤ改正ではほんとに少なくなってしまいます。

▼お別れの日が近づくにつれ、名残惜しいテツたちが駅に、沿線にその最後の姿を記録に残そうと繰り出します。

▼という私も、雷鳥の姿を見ようと、夕方の大阪駅に出向いてみました。お目当ての雷鳥は17時12分発金沢行き雷鳥37号です。

100213__023

▼大阪駅11番ホーム、入線20分前くらいに到着しました。すでに、何人かのご同輩がカメラを三脚に据え付けて、入線を待ち受けておられます。入線少し前には、テツの数はぐっと増えました。入線と同時に各乗車扉に案内のガードマンがつきました。なにか物々しい雰囲気です。

▼いよいよ、入線です。なかなか旧国鉄色の485系は堂々とした感じです。

100213__027 

▼先頭車両を拝んでから、後部車両へと移動することにします。まずは、先頭車両の側面を記録。

100213__030

▼先頭車両の運転台を後ろから記録。

100213__031

▼続いて、デッキ辺りを撮ってみます。乗車口はホームとは段差がないか、少し下くらいですが、客室の床とは段差がだいぶありますね。

100213__032 

▼屋上機器を記録。交流直流両用車両なので、配線や機器は複雑です。

100213__033 

▼乗車するお客はそれほど多くなく、その割りにテツやガードマンが多いので、年配のご夫婦がこの雰囲気を疑問に思ってか私に聞いてきました。「この列車はなぜこのように皆さん写真を撮っているのですか?」

▼最後部の車両へ。9両編成の後ろは「クロ481-2301」でパノラマグリーン車ではない編成でした。

100213__034

▼グリーン車のマークが目立ちます。

100213__040

▼まもなく発車。車掌さんが所定の位置について、ベルを鳴らします。定時に発車のようです。

100213__038

▼これから、金沢まで約3時間足らず。お気をつけて、行ってらっしゃい!

100213__036   

▼隣のホームに、「はまかぜ」が到着しています。次回はちょっとこちらも報告させていただきます。以上、雷鳥の出発風景でした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鉄人28号に会いに♪

▼最近元気がない世の中に活を入れるために空に向かってポーズをとる鉄人28号に逢いたくなりました。

▼雨の振り出す前にお出かけ。お目当ての列車に乗車する前に、大阪上本町地下ホームでちょっと撮影タイム。ちょうどアーバンライナーの交換が見られました。近鉄名古屋を8時ちょうどに発車したアーバンライナーと、大阪難波を10時ちょうどに発車したアーバンライナーがこの駅で遭遇です。

Cimg1837
大阪難波まで特急券を買って乗車する人はいないでしょう。

Cimg1838
お疲れ様、大阪上本町です。

Cimg1840
アーバンライナーの交換。行ってらっしゃい!

Cimg1850
今日乗車する快速急行三宮行き。△印なので、阪神車両です。

▼やってきました。阪神1000系の8両編成。最後尾の車両に乗り込む前にパチリ。

Cimg1852
まもなく発車します。ご注意ください!

▼大阪上本町10時10分発、快速急行で尼崎へ。一番後ろの車両に乗車しましたが、途中大阪難波では、ほとんどの乗客が降りました。この編成では後ろ2両が尼崎で切り離しのためでしょうか。

▼尼崎で乗ってきた阪神1000系の切り離し作業を見て、待機中の高速神戸行き普通に乗車。待っていたのは5500系。

Cimg1855
だいぶ慣れてきましたか?切り離し作業。

Cimg1853
乗り換えて元町までお世話になる5500系。

▼尼崎10時34分発高速神戸行き普通に乗車。途中山ほど直通特急、特急に抜かれ、元町到着は11時29分着。特急だとあっという間ですが、ジェットカーの加速度を体感するため、あえて普通に乗車。

▼元町から、地上に上がるとすぐJR元町駅です。JRで新長田へ。11時39分発西明石行き普通で神戸、兵庫と停車してまもなく新長田へ。11時46分着。

▼新長田駅を降りると、駅前は大震災の復興が進み、店舗兼住宅が新築されています。そして、まちでは街灯が鉄人28号の頭になっているのが見られます。

Cimg1867
鉄人が晒し首!?

Cimg1868   
のぼりと晒し首

▼しばらく歩いて、若松公園に出ると、そこに憧れの鉄人28号は、元気にポーズをとって、いらっしゃいました!

Cimg1856
でかい!

Cimg1861
ガオオオオ!

Cimg1863
迫力満点!

Cimg1865
でかい足!

Cimg1864
お尻にはちゃんと肛門が・・・

▼というわけで、鉄人28号の実物(本当は空想の代物ですが・・・)は、すごい迫力でありました。このあと、元町へ戻りました。

▼なんと、中華街は今年、バレンタインデイが春節祭と重なり、賑やかです。前から食べたかった餃子を2軒はしごしました。満足満足のプチツアーでありました。

Cimg1872      
中華街の入り口。春節祭を控え賑やかな飾りつけ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ガオオオー!【近鉄ダイヤ改正】

Cimg1847
阪伊特急、大阪上本町地下ホーム

▼近鉄では、3月19日に大幅なダイヤ改正が行われると発表されました。

▼特急列車では、平城遷都1300年祭りに伴う名古屋~大和西大寺間の特急を土休日に一往復運転。土休日に橿原線西の京に特急が停車します。

▼大阪難波・上本町~賢島間、近鉄名古屋~賢島間で、平日2本、土休日5本の削減。削減に伴う運転区間の延長が、平日で3本、土休日で6本。

▼特急列車の運転区間の縮小が、大阪上本町~鳥羽間、近鉄名古屋~宇治山田・鳥羽間で、平日29本、土休日31本。

▼一般列車では、列車の削減が奈良線、京都・橿原・天理線、大阪・信貴線、南大阪・長野線、吉野線、山田・志摩・鈴鹿線で、平日54本、土休日76本。

Cimg1845

▼今回のダイヤ改正は昨年の阪神なんば線の直通運転に伴う改正とは打って変って、非常にネガティブなものと感じました。

▼要は、乗客数の減少に伴う早朝、デイタイムなどの列車の削減、運転区間の縮小などが主な改正点です。

▼近鉄は、広域での営業区間を保持しており、不況による観光客の減少のほかに、高速道路の土休日の割引などが影響を与えているものと思われます。

▼それにしても、看板列車の伊勢方面への特急列車のネガティブな改正は、ちょっとショックではあります。

▼JR各社の春のダイヤ改正でも、減便や編成の減車などの発表がありましたが、鉄道業界は、かなり厳しい経営状況にあることがだんだん明らかになってきました。

▼なんとか、経済状況が回復し、高速道路と鉄道との役割分担が明確になるように交通政策が改善されるよう願うばかりです。

▼鉄人28号にご登場いただいて、景気づけを!

ガオオオーーー!!!

Cimg1870_2
新長田駅前の鉄人28号モニュメント

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

珍しいでしょう!?南海です。

▼南海の話題はいままでなかったですね。このブログでは・・・

▼Bトレのストックを見ていると、こんなのが出てきました。南海旧塗装7100系。創業120周年記念。2両編成で、両方とも先頭車両。

100208_004734

▼外箱から。「南海線用の一般車両として、昭和44年に登場し、平成4年以降現行のカラーデザインに変更されました。現在も車両更新を受け、南海線の主力車種として、特急から普通列車まで幅広い運用で使用されています。今回は南海電鉄創業120周年を記念して登場時のカラーデザインを発売します。」

▼現在の南海では、関空線が開通してから、カラーデザインを変更しました。だから、緑のツートンカラーは懐かしいですね。

100208_005022

▼南海電鉄は、関西ではちょっとダサいイメージがありましたが、関空の開港を睨んで、難波駅にホテルを建てたり、特急ラピートを新造して、イメージの刷新を図りました。

▼しかし、関空はご存知のとおり、不振であり、ホテルは外資系に売却。ラピートはかろうじて維持していますが、いつもガラガラで走っていますね。JRが「はるか」をこの3月のダイヤ改正で一部臨時列車扱いにして、様子を見て減便する見込みとのことだとすれば、南海のラピートも同じ運命かもしれませんね。

▼話しは反れましたが、南海らしい車両7100系。なかなか、昭和の電車らしいフォルムでいいですね。

100208_004930_2

▼マイクロエースからは、新塗装・新社紋ワンマン車組込 6両セット が、高野線の6100系とあわせて発売になっています。南海がNゲージで発売されるのは珍しいことですね。できれば、旧塗装でも出して欲しいですね。

100208_004856

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プリウスの不具合と電車のブレーキ操作

▼トヨタの新型プリウスのブレーキに不具合があるとの報道が流れています。

▼朝日新聞によると、「多くは、滑りやすい路面を低速で走行中、1秒前後、ブレーキが利かなくなるというもので、トヨタの調査では、車輪がロックしてハンドル操作が不能にならないようにするアンチロック・ブレーキ・システム(ABS)の制御ソフトの問題という。」(2010年2月5日・アサヒコム)

▼産経新聞によると、「不具合は低速走行時に油圧ブレーキと回生ブレーキの切り替えが十分作動しない現象が起きるもの」とのこと(2010年2月4日・産経ニュース)

▼豊田社長の挨拶では、「昨日ご報告申し上げましたとおり、プリウスについてですが、現在新車として販売させていただいております車両については、既に改善が実施されております。
 これまでにご購入いただいた車両につきましては、現在できるかぎり早く対応できる方法を検討するよう社内に指示しております。
 今後の対応につきましては、決まり次第、順次ご報告させていただきます。」(2010年2月5日)とだけホームページに掲載されています。

▼トヨタからの詳しい情報はまだ、ホームページには出ていません。社長のコメントのみです。今後どのように対応がなされるのか、ちょっとわかりづらいです。

▼厳しい経済状況の中で、国内自動車産業で一人勝ちだったプリウスですが、ここへきて失速するかもしれません。

▼ところで、プリウスはハイブリッド車なので、高速時からのブレーキングは回生ブレーキで、低速時には油圧ブレーキが使われていると思われます。

▼エンジン車であれば、油圧ブレーキで減速したときのエネルギーは、エンジンブレーキとして減速されるだけで、ほとんど利用していませんでしたが、ハイブリッド車では回生ブレーキを使って、そのエネルギーを電気に換え、蓄電池に貯めて、走行に使うことにしています。

▼鉄道でも、同様に、過去の電車では、ブレーキングで生じたエネルギーは抵抗器で熱に変換して捨てていましたが、インバータ車では、回生ブレーキを使って、このエネルギーを電気に換え、架線に戻して、電気を再利用しています。

090921_026
クモハ12形の抵抗器

▼その際、低速になるとどうしても回生ブレーキが利かなく瞬間が来ます。そこでは、空気ブレーキに切り換わるのですが、その間合いがなかなか微妙です。

▼電気制御から空気制御に移って、急に空制を利かすと、ガクンと衝撃が生じ、乗り心地が悪くなりますし、電制だけに頼っていると、停止位置で停めることができなくなるなど、電車の運転士さんの技量が試されるようです。

090120_022_2
近鉄5800系インバータ制御器

▼プリウスも同様に、電制と油圧制御との間合いの微妙な瞬間をいかに制御できるかどうかにかかっているでしょうが、電車のように職人技に頼るのは難しいそうです。

▼しかし、メーカーは、ブレーキの不具合があるのなら、それを直すことはとても大事なことですが、ハイブリッド車の特徴をドライバーにも十分理解してもらうことが必要かもしれませんね。ブレーキングのコツがいることを知ることも大切かも知れません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (6) | トラックバック (0)

JR東海さん、しっかりしてください。

▼先週金曜日の午後、横浜市内の東海道新幹線の架線が切れ、3時間半にわたって上下線が不通となり、15万人の足に影響が出ました。

▼JR東海のプレスリリースによると概況は、次のとおりです。

▼「1月29日13時49頃、品川駅~小田原駅間の上下線で停電が発生。調査したところ、新横浜駅~小田原駅間、(横浜市神奈川区羽沢町)下り線の補助吊架線が切断していた。」

▼「また、現地近くに停車していた『こだま659号(300系16両編成)』の屋根上を点検したところ、12号車パンタグラフが破損し、舟体はパンタグラフガイシオオイ内部、上枠は線路脇で発見された。」

Cimg0049
300系、先頭車

▼続いて、その原因についても触れています。

▼ 「1月27日の仕業検査後に、当該パンタグラフ舟体の取替えを実施した際に、当該車両12号車のパンタグラフ舟体と上枠の締結忘れにより、走行中に舟体がパンタグラフガイシオオイ内部に落下、上枠が上昇して補助吊架線を支える金具(補助アーム)と接触、補助吊架線が切断したと推定。」

Cimg0043
N700系のパンタグラフ。側面がガイシオオイ。

▼今夜のNHKのニュースでは、ことの顛末は次のとおりだそうです。

▼パンタの舟体を取り替えたときに、舟体をアームに取り付けるボルト4本全部を締めるのを忘れていたことによって、舟体がはずれ、アームが上がって、補助吊架線を切断したとのことです。

▼なんと、この事故の前に新大阪・東京間を走行していたそうです。大事に至らずに済んでよかったものです。

▼要は、取替える際の確認ミス。非常に単純なミスです。たった、4本のボルトの締め忘れで、新幹線が上下線とも3時間半不通となり、15万人に影響が出ました。

▼現場でなにがあったのか。JR東海では、今後の対策として、「部品の数量管理、作業記録の改良を実施する。」としています。作業手順としては非常に基本的なことです。

▼基本的な手順がなぜ出来なかったのか。掘り下げて分析して欲しいものです。

Cimg0050
700系先頭車、新大阪にて。

▼先週の事故のあった夜に映画「ハッピーフライト」が放送されました。その中で、故障したジャンボ機を整備した整備士たちが、慌てて自分たちの工具を確認し、ゴミ箱まで探している場面がありました。

Cimg0396
ボーイング767型機、伊丹空港にて。

▼結局は、工場見学に来ていた小学生が持ち帰ったことがわかって、ほっとしましたが・・・

▼飛行機の整備でも、工具一個が機体に残ってしまうことで、大事故を起すことだってあるので、こうした現場では、工具や修理した際の部品の数量確認は基本の基本なのです。

▼今回の事故は、気の緩み、弛みが出ているのかもしれません。二度とこのようなことが起こらないように、JR東海さん、頑張ってくださいね!

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »