« あれから15年たちました【阪神】 | トップページ | 大阪駅の変貌 »

伊勢神宮参拝

▼年も改まったことですし、おめでたいお話しなど。

▼近鉄では毎年、伊勢神宮参拝のお得なきっぷを発売しています。関西あるいは東海から、特急乗車プラス乗り放題区間プラス各種特典付きの企画きっぷです。お得ですので、お調べになって一度使ってみてはいかが。

▼という私も、この企画切符を使って、昨年伊勢神宮参拝を敢行しました。まずは、上本町から特急にて宇治山田に。

090120_002
ノーマルに12200系で宇治山田へ

▼いつもは名阪特急でアーバンライナーに乗りなれているので、久しぶりの12200系ではありました。

▼宇治山田駅は、皇族や首相が伊勢神宮に参拝に来る際の玄関口になることもあって、 非常に格調の高い駅舎です。

▼東武浅草駅も手がけた久野節氏が設計した駅舎だそうです。2001年には国の登録有形文化財に指定されています。第1回中部の駅百選にも選ばれています。

090120_018
宇治山田駅全景

▼1番線2番線は行き止まりのホームとなっており、折り返し、大阪上本町、名古屋行きの急行などが発着します。その行き止まりの奥に、バスのターンテーブルがあります。

▼ずっと昔は、1番線ホームの東側からはバスに直接乗り降りできるようになっていたようで、道路からバスが上がってきて、乗客の乗降を済ませると、ターンテーブルで方向転換して、再び駅から道路へ向かっていたみたいです。

090120_019
バスのターンテーブル

090120_020
一番線に隣接するバスの乗り場跡

▼2番線には、名古屋行き急行が発車時刻を待っています。5800系です。いわゆるL/Cカーです。ちょっと、今後の模型作りの参考に床下を研究。

090120_021
5800系

090120_022 
三菱のVVVFインバータ制御部

090120_023
台車はKD306

▼宇治山田からはバスで内宮へ。伊勢神宮は2013年に式年遷宮が行われることになっていて、その前に五十鈴川にかかる宇治橋は昨年(2009年)に架け替えられました。

090120_005 
内宮入り口、宇治橋の鳥居

090120_011
架け替えられる前の宇治橋

▼参拝を済ませるとおはらい町・おかげ横丁へ向かいます。いつもここは観光客で賑わっています。赤福本店もここにあります。

090120_014
おはらい町の賑わい

090120_016
赤福本店

▼どうでしょうか。伊勢神宮参拝の定番をまわってみました。もう、何回ここを訪れたことでしょう。何回来ても飽きさせないのは、さすが、天下のお伊勢さん。日本でも有数のリピート者の多い観光地ではないでしょうか。

▼このあと、乗り放題区間と優待割引を使って、鳥羽水族館見学、外宮参拝を終え、宇治山田駅に戻ってきました。駅舎の内部を撮影してみました。天井が高く、豪華なシャンデリア、八角形の窓などが格調の高さが際立ちます。

090120_039
高い天井とシャンデリア、八角形の窓

090120_040
シンプルなシャンデリア

090120_041
八角形の窓

▼何度も利用していましたが、じっくり観察したのは初めてでした。いろいろ由来などを調べて旅をすると楽しみが倍増します。

▼第一級の観光地を楽しんだ一日でありました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« あれから15年たちました【阪神】 | トップページ | 大阪駅の変貌 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

おかげ横丁はいかにも門前町という感じの
趣がありますね(^^)。

投稿: るーと | 2010年1月19日 (火) 00時24分

るーとさん。

門前町として盛況ですが、
こういう賑わいを創出するのには
ソフト、ハード面でいろいろ
努力や仕掛けがあったようですね。

投稿: kumoha313 | 2010年1月19日 (火) 06時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊勢神宮参拝:

« あれから15年たちました【阪神】 | トップページ | 大阪駅の変貌 »