« カントがかかってカッコイイ!110キロの疾走。 | トップページ | せんとくんに会いに行くには。8600系。 »

往く秋を惜しむ。天狗さんに会いに。

12月に入って、紅葉も盛りを過ぎ、落ち葉が増えていきます。

そうだ、もみじに会いに行こう。

というわけで、往く秋を惜しむために、京都へ。今回のお目当ては、「きらら」。

生憎の雨模様でしたが、ひどくなくしっとりと京都の秋を楽しみました。京橋から、京阪3000系快速急行で出町柳へ。スムーズな走行で、いいですね。

さて、10時発の「きらら」を待ちます。
091203_009
叡電の出町柳駅は3番線あり、鞍馬方に向かって左側が八瀬比叡山口行き。あとの2番線が鞍馬行きホームとなっています。
091203_008
1両のシンプルな電車。
091203_001
撮影をしている間に、きららが到着しました。まもなく、冬ダイヤになって、きららの本数も減っていきます。
091203_010
2両編成で、パノラマビューを楽しめるように、窓が大きく、座席も一部窓側を向いて設置されています。さて、窓側を向いた座席をキープ。出発と同時に車窓の景色を楽しみます。
091203_038
残念ながら、ほとんどもみじは落ちてます。
091203_022
一部、まだ残ってます。綺麗です。
091203_032
鞍馬駅、終点です。出町柳から30分で到着。
091203_042
平日で、すでに旬を過ぎているので、ゆっくり座ってきららを楽しむことができました。鞍馬駅では、昔走っていた電車の先頭が展示されていました。
091203_046
天狗さまもお出迎えです。
091203_048
鞍馬寺の門前は駅前からすぐ。
091203_050
紅葉のじゅうたんです。
091203_052
歩いて、本殿金堂、奥の院とハイキング。そこから、貴船神社へと降りました。
091203_053   
貴船は川床で有名ですが、冬は床ははずされています。ランチを食べて、バスで貴船口へ。再び叡電に乗車。もみじのトンネルで有名な二ノ瀬・市原間には、照明装置が設置されていて、夜も紅葉を楽しめます。しかし、すでにほとんど葉っぱは落ちています。
091203_062
宝ヶ池で、八瀬比叡山口行きを待ちます。
091203_078
四季をイラストで表した電車がやってきました。
091203_076
将来の模型の参考に、床下機器を撮影。
091203_069
あと二駅ですが、なかなか来ません。鞍馬方面へは10分に一本程度あるのに比べ、八瀬比叡山口方面は少ないです。
091203_083
アーチ型の屋根がなかなか趣のある終点です。なかなか、叡電は面白いですね。可愛い単行の電車と2両編成の電車がやってきて、ごとごと走っています。結構急勾配を上り下りすため、優れものの電車ですね。

ちなみに、全線を乗り通すため、便利な1日乗車券「えぇきっぷ」を購入してのプチツアーでありました。金千円也。

シーズンオフ、雨。ハンディを逆手に取ると、京都もなかなかゆっくり楽しめます。よかったら、どうそ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« カントがかかってカッコイイ!110キロの疾走。 | トップページ | せんとくんに会いに行くには。8600系。 »

旅行」カテゴリの記事

コメント

きららは、かなり前に1度乗りましたが、
なかなかいい車両ですね。
また乗りたくなりました。

投稿: るーと | 2009年12月11日 (金) 00時15分

叡電のようなこじんまりした鉄道なのに、豪華な観光列車ですね。

さすが、京都らしい趣向です

投稿: kumoha313 | 2009年12月11日 (金) 06時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 往く秋を惜しむ。天狗さんに会いに。:

« カントがかかってカッコイイ!110キロの疾走。 | トップページ | せんとくんに会いに行くには。8600系。 »