« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

ブログからのご挨拶。

▼このブログをご愛読いただいている皆様へ。

071008_005

▼ブログを始めて2ヶ月足らず。すでに、3100のアクセスを超えました。ありがたいことです。

▼近頃は、鉄道がブームになっており、これまでオタクの本家のように思われていた趣味にもかかわらず、女性にも愛好者が増えてきました。

▼確かに、鉄道は奥深い趣味だと思います。撮り鉄、乗り鉄、模型・・・。枝葉に入るととんでもないほど細かくなります。

▼当方としては、気がついたら、鉄道が好きになっていました。この歳になっても、奥の深さを感じます。

▼いま世の中は、テツ・オタクに温かい雰囲気にあるので、以前よりは気楽に名乗ることができるのは助かります。

▼今年も短いながら、このブログをご愛読いただきありがとうございました。

▼明日から2日まで中部地方に旅に出ますので、年末のご挨拶を今日することにいたしました。また、この旅のことは、年明けにご報告が出来るかと思います。

▼来年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年10大鉄道ニュース

▼2009年も終わろうとしております。今年はまさに激動の年でありました。日米両国では、政権交代が行われ、政治の世界にチェンジの動きが巻き起こりました。しかし、その後の世界は将来への不安を抱えた年の瀬となっています。

▼私の最も関心のある鉄道の世界においても、さまざまな新旧交代が起こりました。そこで、年の瀬に、私的に、2009年の総括として、10大ニュースをまとめてみました。

第1位 阪神なんば線 開通
明るい話題としては、やはり、阪神西九条と近鉄大阪難波間が結ばれ、阪神三宮と近鉄奈良間の直通運転が開始されたことでしょう。神戸と奈良が一本で結ばれ利便性が高まったことによって、新たな需要が創出され、賑わいを呈しています。090320_hansin_namba_line_030
090320_hansin_namba_line_017

第2位 寝台特急「富士」「はやぶさ」 廃止
新幹線や長距離バスなどの進展によって、時間をかけての少し贅沢な夜汽車の旅は人気を失い、とうとう、3月に廃止となってしまいました。これで、東京発の定期夜行列車は全部なくなりました。

第3位 成田アクセス特急京成AE形 新造
首都圏の航空需要の増大に対応するため、成田空港へのアクセスの改善が課題となっています。そういう中で、京成電鉄では、「成田新高速線」の整備を進め、2010年開業を目指しています。その新線を走る新たなAE形が5月にお目見えしました。160キロ運転を行い、日暮里・空港第2ビル間を36分で結ぶ予定です。   

第4位 成田エクスプレスE259系 登場
京成の成田空港への新線開業を見据えて、JR東日本では、成田エクスプレスの車両をこれまでの253系から更新する車両として、E259系を10月にデビューさせました。

第5位 富山LTR環状線開通・「セントラム」 登場
12月に富山市では、富山市内を環状する市内電車線を開業しました。インフラを行政などが保有し、運行を富山地方鉄道が行う上下分離方式での開業です。富山市では、2008年4月に、JR富山港をリニューアルさせ、富山ライトレールが開業させており、LRTの推進を図っており、全国からも注目されています。
091228_211309

第6位 名鉄パノラマカーの終焉
一世を風靡した名鉄の二階建て特急型パノラマカーが全車引退となりました。セントレア開港後は、空港アクセス用特急のミュースカイにその座を譲り、急行や普通として余生を過ごしていましたが、ついに引退となりました。
Dsc00742

第7位 E5系量産先行車 登場
JR東日本では、来年12月の新青森までの東北新幹線の延伸に伴い、320キロ運転を行う新車両として、E5系量産先行車を5月に公開した。空気抵抗を減らすため、鼻がどんどん長くなっています。

第8位 レールパーク佐久間 閉園
JR東海が運営していた、佐久間レールパークが11月に閉園となりました。このパークは、飯田線中部天竜駅構内にある旧国鉄型車両の展示を中心としたテーマパークでした。今後はここで展示された車両を中心として、新たな鉄道博物館を名古屋港において、2011年に建設する計画が進められているため、発展的解消となりました。
090921_033
090921_023

第9位 近鉄22600系ACE 新造
近鉄では、汎用型の特急車両として、これまでの22000系ACEの更新車両として、22600系を4月からデビューさせました。喫煙室を設け分煙を図り、トイレに温水洗浄便座を導入するなど利用者のサービス向上を図っています。
090419_1008181

第10位 リニア新幹線調査報告書 提出
JR東海では12月に、中央新幹線(東京都・大阪市間)調査報告書を国土交通大臣あてに提出しました。その中では、3ルートを設定して、供給輸送力、施設・車両の技術開発、建設費用、地元調整などについてまとめています。総括として、超伝導リニアについて実用化のめどが立っており、トンネルでの運行についても支障はないとしています。リニアによる整備では、費用はかかるが所要時間の短縮、輸送需要量も在来型新幹線より2倍になるとしています。
Dsc00907

▼私的な10大ニュースで、恐縮ですが、鉄道の世界は、新旧交代、エコロジーへの配慮、将来への展望などいろいろと話題は尽きない1年でありました。さて、来年はどのような年になるのでしょうか。期待と不安の入り混じる年の瀬ではあります。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ポートラムからセントラムへ【キュートなLTR】

▼この12月23日に、富山市では、LRTの環状線が開業しました。富山地方鉄道が運営し、インフラは富山市が保有する上下分離方式での開業です。富山市内中心を一周約20分で運行します。「セントラム」という愛称の電車が走り始めました。

▼富山市では、すでに、2006年4月29日に、JRの路線をLRT路線に転換させ、富山ライトレール株式会社が「ポートラム」という愛称の車両を走らせています。

091228_211518_2
ポートラム0601と0607

▼富山ライトレールは開業以来、乗客数は増加しているようで、まずはLRTの成功事例としてあげることができます。その勢いを受けて、さらに今回の市内での環状線の開業となりました。

091228_211408
ポートラム0601と0604。おまけは京都市営バス。

▼富山市では、「コンパクトシティ」を目指して環境モデル都市の選定を受けています。二酸化炭素の削減に向けて、公共交通を軸としたコンパクトなまちづくりを進めようとしています。

▼その手段として公共交通の活性化を図る取り組みを進め、富山港線のLRT化、市内電車環状線化などの施策を展開しています。

▼公共交通の依存度がこれまで低かった地方都市において、公共交通を活性化させることで、二酸化炭素は削減させようとする点がユニークとされています。

▼ヨーロッパでは、すでに、ずいぶん前から、自動車からLRTなどの公共交通への転換を図ることが進められていますが、日本でもやっと本格的に展開されるようになりました。

▼広島、長崎、岡山など地方都市では、以前から少しずつですが、路面電車が見直されつつありました。今回の富山市の事例は、先輩格のこうした都市にもよい影響を与えるようになるといいですね。

▼ところで、写真は、鉄道コレクションのポートラムです。トミーテックから発売されています。なかなか精巧にできていて満足できます。先日は、カトーからNゲージとして、同様にポートラムが発売となりました。

▼鉄コレは価格が手頃で、いくつも買ってしまいますが、カトーの模型は結構いい値段がします。カトーの製品は、モーターを床下に押し込めて、室内を表現することができます。なかなかいい出来です。

091228_211931
0607

▼鉄コレでも、動力車を別売りしています。それを装てんすると、Nゲージのレールで走行させることができます。ただ、動力車が室内を占拠するため、室内表現はできません。

▼どちらを選択するか、何を優先するか、好みの問題かも知れません。何はともあれ、楽しい製品です。

▼今度は、「セントラム」も発売されるかも知れませんね。

091228_212510
床下をはずした0607

091228_212416
むき出しの動力車

091228_211659
0604と0607。おまけは都営バス

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

スカ色の湘南顔はなかなかハンサム。

トミーテックから、鉄道コレクションとして、「国鉄70系中央東線4両セット」が発売となりました。

J電気の模型売り場に午後に出かけましたが、スカ色の方はすでに私で売り切れとなっておりました。(ただし、他店ではまだまだありました。)「上越線4両セット」の方は、人気ないですね。

外箱の解説から、この電車の概要をまとめてみますと、次のとおりとなります。

○製造    1951年から製造開始
○用途    中距離用(近郊型)電車
○デビュー  横須賀線でデビュー
○特徴    長距離用電車80系2次車を踏襲する前面形状(湘南顔)

○低屋根   1952年には、低屋根の中間車を含めた中央東線用車両も登場
○所属    三鷹電車区に配属

○その他   1966年から導入された115系と共にローカル運用
○最期     1975年から1976年に導入された115系3000番代によって、中央東線から引退。広島へ転出、呉線で晩年をすごす

さて、では、各車両をみていきましょう。

091227_000846
クハ76063。(奇数車)

湘南顔。窓ガラスがHゴムで処理されています。

091227_000956
モハ71009。

091227_001109
モハ72852。

091227_001220
クハ76036。(偶数車)

窓ガラスの角が角ばっていて、いかつい感じです。

091227_001545
クハ76にはトイレが設置されています。

買ったまま展示しましたが、パンタグラフを取替え、台車も走行用に取り替え、鉄道コレクション用の動力をはめると、本格的なNゲージとして、走らせることができます。鉄コレはなかなかリアルなので、こういうセット版がでると、つい手を出したくなります。

今後は、ちょっと改造を加えてみるといいかもしれません。楽しみです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忍者鉄道が近鉄から自立?

▼12月24日のクリスマスイブから、伊賀鉄道では、旧東急の1000系を導入して、松本零士デザインの忍者列車を走らせました。

▼伊賀鉄道は、もとはといえば、近畿日本鉄道の支線でした。収益の悪化により、近鉄の経営見直しの一環として、近鉄本体からは切り離されました。

▼詳しく言いますと、2007年10月に運営とインフラを分離、近鉄は第1種鉄道事業者ではなくなり、第3種鉄道事業者となり、インフラを保有。近鉄も含め地元自治体などが出資する伊賀鉄道が第2種鉄道事業者として、運営・運行を行う形態へと変更されました。

▼そういう経緯の中で、近鉄色の強い鉄道であることは間違いないのですが、今回新しい車両を更新するにあたって、経営が厳しいなかでは、新造は無理でしょうが、近鉄からの中古車両は供給されるのではと、誰もが思っていたのではないでしょうか。

091210_215336

▼しかし、予想に反して、今回の車両更新では、なんと、東急から中古の1000系を導入することとなりました。

▼もともと、1067ミリの軌道であり、新生駒トンネルの開通前の近鉄の規格で作られているため、旧規格の京都線や奈良線の車両しか走行できなくなっていました。

▼ゆえに、現在、近鉄から中古車両の譲渡を受けることは困難だと考えられるのですが、今回の東急の車両を導入するにあたっては、駅などの改修を行ったようなので、それなら、近鉄の中古車両でも可能であったように思うのですが・・・

▼どういう理由かは定かではありませんが、なんだか、今回のことでは、近鉄から忍者鉄道が近鉄から自立したように感じられました。

▼しかし、伊賀鉄道の98%が近鉄の出資なので、いまだに近鉄色は非常に強いのです。そういう状況下での東急車輛の導入。近鉄のプライドはどうなんでしょうか。謎は深まります。

Dsc00810

(今回は忍者列車などの画像がないので、ごめんなさい。)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

313ダイヤ改正【JR西日本】について思う。

▼2010年春のダイヤ改正がJR各社から発表されました。主な改正を見てみますと、JR西日本管内では、新幹線「のぞみ」が東海道・山陽直通の列車がすべてN700系になります。前回改正時の71本から101本に増えます。

Dsc00906
N700系。東京駅にて。

▼北陸線の特急は681・683系による「サンダーバード」が増やされ、大阪・富山間10往復が683系の新製車両、大阪・富山間5往復が681・683系に、大阪・金沢間7往復が同じく681・683系となり、485系の「雷鳥」は、なんと、大阪・金沢間の1往復になってしまいます。

Dsc00949
485系、パノラマ改造車。京都駅にて。

▼関空連絡の「はるか」は昼間の時間帯の6往復を臨時扱いとし、当分の間毎日運転することとなりました。

▼寝台特急「北陸」、急行「能登」が廃止となります。またまた、寝台列車の廃止が続きます。

▼嵯峨野線では、京都・園部間の複線化工事が完成することから、所要時間の短縮が実現されます。しかし、221系、223系に車両が置き換わり、113系、115系は姿を消すことになります。

Dsc00954
113系、嵯峨野線、京都駅にて。

200609161238000
221系、神戸駅にて。

200609161224000
223系、神戸駅にて。

▼最新の車両の増加、利便性の増大などは喜ばしいことではあります。一方、関西では今空港問題が大きくクローズアップされていますが、その中での「はるか」の昼間ダイヤの臨時化は、関空の活性化に水をさすような感じです。当分の間毎日運転とは、妥協の産物でしょうね。

▼今回の改正で一番印象的なのは、やはり新旧交代によって、これまで馴染みの深かった列車や車両が姿を消すことでしょう。寂しい限りです。これも時代の流れなのですね。

▼313ダイヤ改正では、JR西日本の改正が一番大幅なのではないでしょうか。そんな印象を持った改正の発表でありました。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

名古屋に連れてって!ビスタカーⅡ【Bトレ】

今日は1週間遅れで、近鉄10100系いわゆるビスタカーⅡのBトレが発売になりました。実は、寝坊してというか無理かなぁと思って、買いに行くのを躊躇していたのですが、あっさり、上本町の営業所では10時くらいでも余裕でゲットできました!

091220_224059
10100系のデコぱち先頭車。

091220_224349
貫通扉のある10301。

近鉄名阪特急・直通運転50周年記念サンクスキャンペーンの一環で、発売されたものですが、名阪特急に乗るとスクラッチカードで、Bトレも当たるかもしれないのです。そういう方もいらしたかもしれませんね。

091220_224144
一応、A編成にしてみました。

A編成、モ10101、サ10201、モ10301のつながりです。

というわけで、さっそく組み立ててみました。ちょっと塗装がザツいのが気になります。連接車なのですが、台車が連結部分の真ん中に乗っていないのです。ちょっとがっかり・・・

091220_224919
モ10101+サ10201。連接部分がどうも・・・

091220_224946
サ10201+モ10301。こちらも連接部分が・・・

第1編成ということで、デコぱちの先頭車は窓ガラスに縦枠がはめてあります。それをチョイスしました。組み立ての解説には、更新後の姿も書いてあります。すなわち、スカートを取り付けることが出来るとの解説です。今回のセットにはこのスカートは付いてなかったのですが、そういう表現があるということは、今後、市販される可能性があるということでは♪そういう含みもある感じですね。

キャンペーン中は名阪特急には乗れそうにないので、なんとか、Bトレを組み立てて、楽しんでおきます。 

昭和のテイストを感じるビスタカーⅡはいいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤いJRの新幹線(2)

現在九州新幹線は鹿児島中央・新八代間の部分開通なので、新八代で、在来線のリレーつばめ・787系が博多まで、結んでいます。

ホームは平行して設置されており、つばめが着いた隣接ホームにリレーつばめが待機。そのまま座席もリンクしており、スムーズに移動ができるようになっています。

ここから熊本まで乗車してみました。JR九州の車両は個性豊かなので、とても楽しいですね。じっくり、鑑賞して、撮りテツもしました。

Dsc00544
なかなか精悍な顔つきです。

Dsc00543
側面にはリレーつばめのマーク。

Dsc00542
座席と窓。なかなか贅沢な感じ。

Dsc00540
ドアの向こうは、セミ・コンパートメント。

Dsc00541
前回掲載したこの写真は787系のものでした。

Dsc00548
熊本駅。

熊本では、815系の赤い電車が停車していました。熊本駅から市内はだいぶ離れています。市電に乗れば中心地までは10分くらいです。少し、時間があったので、歩いて市内案までぶらぶら。再び、熊本からリレーつばめ、つばめに乗車し鹿児島中央に戻ってきました。その日は鹿児島で宿泊。あくる日は早い時間しか飛行機が取れなかったので、朝から鹿児島空港にバスで移動。九州新幹線、リレーつばめ乗車のためだけのプチツアーとなりました。

Dsc00561
いまはなき、YS11型、日本コミューター。主に離島の足でした。

Dsc00558
黒澤明監督デザインの虹色JAS機。MD90型。

すでに、日本航空と日本エアーシステムが合併していましたが、まだ、統一デザインには至っていません。色彩も賑やかな国内航路の時代でした。(了)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

赤いJRの新幹線(1)

2011年春には九州新幹線が鹿児島中央から博多まで全通し、山陽新幹線と直通運転を開始する予定です。現在の800系新幹線は「つばめ」ですが、その年にはJR九州とJR西日本のコラボによる新しい「さくら」が運転されることとなっています。N700系を基本とした形式だそうです。

それはそれで楽しみなのですが、現在の800系にも新しい仲間が生まれました。新800系です。この車両はJR九州管内のみの運用になるのでしょう。しかし、さくらの登場で、この800系はもう増備しない模様です。N700系より、スマートで気に入った形式だったので、ちょっと残念です。

そこで、ちょっと古いですが、800系乗車を含めた2005年の九州新幹線の旅の記録をのせてみます。大阪伊丹から鹿児島へ飛び、鹿児島中央駅へ向かい、念願の800系に乗車。しかし、新八代まで30分くらいで到着。あっけないです。さらに、ほとんどトンネルで風景が味気ないです。

Dsc00525
鹿児島中央駅。西鹿児島駅改め。

Dsc00527
800系。ノーズが長すぎて、入らない(汗)

Dsc00528
歴史ある「つばめ」のマーク。

短い時間の乗車ですが、さすが、JR九州です。車内のアコモは素晴らしい。九州産の素材を使った和風の仕上がり。贅沢な雰囲気です。

Dsc00537
日除けがすだれみたいでしょう。

Dsc00536
椅子も木製です。

Dsc00533
普通車の座席。

Dsc00535
洗面所もすだれです。

というわけで、新八代まで乗車。すぐに隣に待機している「リレーつばめ」に乗り換え、熊本まで参りました。

(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

光のルネサンスへ【onおけいはんで】

最近の大阪の冬は賑やかです。

夏に人気を呼んだ川面に浮かぶアヒルさん。夏に引き続き、冬も復活です。会いたかったなぁ。というわけで、京阪天満橋駅を降りてすぐの八軒家浜に出かけてみました。

いたいた。アヒルさん。こんにちは。

091214_002

091214_005 

さらに、夜はどんな風にライトアップされてるのかなぁ。というわけで、夜になって再びアヒルさんに会いに行ってきました。

091214_019
水上バスも綺麗にイルミネーションでお飾り。

091214_023

091214_026
こんばんは、アヒルさん。

さて、この冬の夜はどのようにお過ごしでしょう。大阪では、いま『OSAKA光のルネサンス』が中之島を中心に開催されています。
http://www.hikari-renaissance.com/mt/about/

京阪電車でも、3000系のヘッドマークに『光のルネサンス』が付けられているので、おけいはんで行ってきました。二駅ですが、特急に乗車。豪華に出発。

091208_014
3000系のHM。

091214_034
8108。特急に乗車。

イルミネーションで彩られた木々。イルミネーションで飾られた水上バス。大阪市中央公会堂、日本銀行大阪支店などのライトアップ。光があると夜の街はなんだか賑やかになりますね。

091214_035
大阪市役所。

091214_040
大阪市中央公会堂。

市役所横の光のイルミネーション・ストリートもすごく綺麗です。いろいろな色に変化します。

091214_048

091214_049

091214_057

091214_060

091214_061

このあと、御堂筋イルミネーションも見に行ってみました。街路樹にイルミネーションが施されていて、また、これが綺麗です。

091214_064

091214_067

最近元気のない大阪ですが、何とか明るい話題にはなったみたいですね。というわけで、おけいはんで訪ねた夜のプチツアーでありました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (1)

赤い電車が大好きです。

横浜から品川まで120キロでJRと競っている関東私鉄の雄、京浜急行。音楽館のトレイン・シミュレーター・ゲームでも、京急は加速が全然違います。東急は中高速域が延びないですね。

誇らしい京急の車両たちが我が電車区でもポーズを取っております。グリーンマックスの半完成品(塗装済み)、プラキット、Bトレを並べてみました。

091213_220611
GMの半完成品1500形。Bトレ1000形。

091213_220754
お互い地下鉄、京成への乗り入れ組。

次にプラキットとBトレの並びです。

091213_221207
左がプラキット。右はBトレ。

091213_221124

本物はこうなんですけれど・・・

Dsc00914
1500形。平和島にて。   

Dsc00070
1000形。金沢文庫にて。

どうですか。模型と本物。いかに実物に近づけるか。日々修行の毎日です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JR西日本広島支社車体塗装変更に思う。

▼JR西日本広島支社では、管内の車両について、電車は濃黄色、気動車は朱色に車体の塗装を変更して、統一性をもたせると発表された。

▼JR西日本によると、シンプルなデザインにすることで、地域性をより強調し、より親しみを持ってもらうことを趣旨としているようだ。

▼濃黄色は瀬戸内地方の豊かな海に反射する陽光をイメージし、朱色はJR西日本の統一色として、新製当時の色で統一するとのこと。

▼旧国鉄時代は、全国あまねく電車も気動車も国鉄色として統一されていた。中央集権的な本社の号令ですべてが決まるということの象徴でもあった。

▼しかし、民営化によって、全国で分社化がなされ、各社が自社のイメージを強調するかのように百花繚乱のごとくさまざまな車体の塗装がみられるようになった。

▼これは、ファンにとっては個性豊かな車体が拝めるので、ありがたいことではあった。しかし、最近は少し食傷気味に感じることもあり、センスが問われる塗装もみうけられるようになった。

▼今回の変更は、よく言えば、統一的なイメージをつくるということであろうが、最近の状況を考えるとちょっと違うように思える。

▼長期にわたる景気悪化、高速道路の割引などによって、鉄道の利用者は減少傾向にある。とりわけ、ローカル線を多く抱えるJR西日本では、厳しい経営環境が推測される。

▼要は、車体の塗装をシンプルにして、経費を節減しようとする意図がみえる。気動車の朱色は、旧国鉄色に変更されるので、最近の国鉄色へのリバイバルブームに上手く乗るような感じもする。

▼しかし、通勤型103系、近郊型113系、115系が一色となるのは、なんだか腑に落ちない。いさかか乱暴なようにも感じる。

▼経営環境の厳しさはわかるが、鉄道会社と乗客との接点はまさしく運行する列車であり、その車体の塗装が一番目立つ。なんとか、経費もかからず、イメージも損なわない方法を模索して欲しかった。

http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174601_799.html

Dsc00955
嵯峨野線113系。京都駅にて。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

電車図鑑【おけいはん】

おけいはんも四代目となりました。樟葉けい子さん。四代目はちょっと、幼顔系かなぁ。

それはさておき、車両も新しい塗装のものが増えてきました。そこで、旧塗装の姿を記録しようと思いました。

091208_071
2200系。車体改修と回生ブレーキ化を行っています。

091208_107
2400系。車体改修と回生ブレーキ化など。

091208_069
2600系。一番のお気に入り。

091208_086
2600系。昭和55、56年の新造車。

091208_123
5000系。5ドア車。昼間は2ドアは座席が下りてきて、締め切りに。

091208_046
6000系。いかついお顔。前パン。

おまけは、新塗装の9000系です。

091208_009
9000系。これは新塗装でもいいかなぁ。

091208_068

うーん、やはり、2600系がいいですね。しかも、従来のカラーが。このまま旧塗装で置いておいて欲しいですね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

せんとくんに会いに行くには。8600系。

来年2010年は平城遷都1300年。これを記念して、奈良では1300年記念事業が行われます。平城宮を中心に奈良県内各地でイベントが実施予定だそうです。なんと!その平城宮跡には近鉄奈良線が走っています。

平城遷都1300年記念事業HP ⇒ http://www.1300.jp/

イベントのマスコットは、登場当初は物議を醸し出しましたが、いまや全国的に知れわたった「せんとくん」です。かわいいですね。
091107_152907

せんとくんに会いに行くには、やはり、近鉄でしょう。というわけで、Bトレの8600系を見つけたので、ゲット。以前発売になった8000系との違いはなにか?と思って買いましたが、冷房後付の平屋根が付いてなくて、冷房が最初から装備されている丸屋根だけの部品。要は手抜き商品だったわぁ。。。

丸屋根の意味がやっとわかったのですが、もともと冷房が装備されていない8400系では、平屋根だったのですが、冷房が装備された8600系はその分屋根が丸くなっているのですね。

Bトレを素で組み立てるだけでは面白くないので、台車をGMのNゲージ用のKDタイプのものを履かせて、パンタグラフもGMのPT16を付けてみました。

編成は、(奈良方) ク8010-モ8651-モ8601-ク8151 (大阪方)

まずは、男前の先頭から。
091210_215241

091210_215028
ク8101。

091210_215058
モ8651。

091210_215127
モ8601。

091210_215156
ク8151。

091210_215405
表示は「急行・難波」行きです。

まだまだ、この形式の車両は健在ですので、近鉄の顔として奈良線の一般車では多数を占める形式でいるでしょう。ただ、阪神なんば線には乗り入れていないので、そういう意味ではちょっぴり寂しいです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

往く秋を惜しむ。天狗さんに会いに。

12月に入って、紅葉も盛りを過ぎ、落ち葉が増えていきます。

そうだ、もみじに会いに行こう。

というわけで、往く秋を惜しむために、京都へ。今回のお目当ては、「きらら」。

生憎の雨模様でしたが、ひどくなくしっとりと京都の秋を楽しみました。京橋から、京阪3000系快速急行で出町柳へ。スムーズな走行で、いいですね。

さて、10時発の「きらら」を待ちます。
091203_009
叡電の出町柳駅は3番線あり、鞍馬方に向かって左側が八瀬比叡山口行き。あとの2番線が鞍馬行きホームとなっています。
091203_008
1両のシンプルな電車。
091203_001
撮影をしている間に、きららが到着しました。まもなく、冬ダイヤになって、きららの本数も減っていきます。
091203_010
2両編成で、パノラマビューを楽しめるように、窓が大きく、座席も一部窓側を向いて設置されています。さて、窓側を向いた座席をキープ。出発と同時に車窓の景色を楽しみます。
091203_038
残念ながら、ほとんどもみじは落ちてます。
091203_022
一部、まだ残ってます。綺麗です。
091203_032
鞍馬駅、終点です。出町柳から30分で到着。
091203_042
平日で、すでに旬を過ぎているので、ゆっくり座ってきららを楽しむことができました。鞍馬駅では、昔走っていた電車の先頭が展示されていました。
091203_046
天狗さまもお出迎えです。
091203_048
鞍馬寺の門前は駅前からすぐ。
091203_050
紅葉のじゅうたんです。
091203_052
歩いて、本殿金堂、奥の院とハイキング。そこから、貴船神社へと降りました。
091203_053   
貴船は川床で有名ですが、冬は床ははずされています。ランチを食べて、バスで貴船口へ。再び叡電に乗車。もみじのトンネルで有名な二ノ瀬・市原間には、照明装置が設置されていて、夜も紅葉を楽しめます。しかし、すでにほとんど葉っぱは落ちています。
091203_062
宝ヶ池で、八瀬比叡山口行きを待ちます。
091203_078
四季をイラストで表した電車がやってきました。
091203_076
将来の模型の参考に、床下機器を撮影。
091203_069
あと二駅ですが、なかなか来ません。鞍馬方面へは10分に一本程度あるのに比べ、八瀬比叡山口方面は少ないです。
091203_083
アーチ型の屋根がなかなか趣のある終点です。なかなか、叡電は面白いですね。可愛い単行の電車と2両編成の電車がやってきて、ごとごと走っています。結構急勾配を上り下りすため、優れものの電車ですね。

ちなみに、全線を乗り通すため、便利な1日乗車券「えぇきっぷ」を購入してのプチツアーでありました。金千円也。

シーズンオフ、雨。ハンディを逆手に取ると、京都もなかなかゆっくり楽しめます。よかったら、どうそ。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

カントがかかってカッコイイ!110キロの疾走。

京阪の複々線での撮影です。緩行線と速達線の列車が平行して走っているので、追い越し追い越される様子がみることができて、まさに、ダイナミックです。

まずは、新塗装での8000系。一路大阪へ、爆走中。

091208_096

091208_113_2
ダブルデッカー。

次は3000系。快速急行、中之島行き。

091208_127
「OSAKA光のルネッサンス」のヘッドマーク付き。

091208_128
紺と白のツートンボディが流れます。

091208_080

次は、旧3000系、改番して8000系に。

091208_114
一路京都へ。

091208_118
ダブルデッカー。

091208_119
まもなく姿を消す「テレビカー」。

ふだん、乗っているとそれほど意識しないのですが、ホームで立っていると、110キロは、やはり迫力がありますね。大和田駅では、萱島方、古川橋方ともカーブなので、カントがかかって迫力が増します。      

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

青い海に向かって快走してます。

ある日の天王寺駅。阪和線ホームに、快速日根野行きが停車中。あら!113系、しかも、阪和色ですがなぁ。というわけで、即座に撮影会。といっても、ケータイしか持ちあわせがないものですから、画像は粗いです。しかも、雨模様(汗)でも、なんとか撮れました。

090930_091713_2
天王寺阪和線ホーム。隣は「くろしお」の回送。

090930_091428
目玉は小さいです。窓ガラスはゴムではなく体質改善。

模型の制作の参考に、じっくり眺めながら、ケータイでパチリ。113系、いつまで元気に走ってくれるでしょうか。

090930_091343
クハ111-5262。だいぶ後の生産ですね。

奇しくも今年マイクロエースから阪和色の完成品が発売になっています。しかし、私は、グリーンマックスのプラキットで作ってみました。いつものように拙い出来ですが、展示いたします。

090723_221208

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

早く くっついてぇ!

阪神なんば線開通で、尼崎から奈良方面へは、10両編成で運転する列車が生じました。もともと、近鉄は大阪難波・奈良間で10両運転(正確には大和西大寺で8両になる場合がある。)を行ってきたので、近鉄に乗り入れる阪神の車両も10両で運転することになりました。もっとも、阪神の車両は約19メートル、近鉄は20メートルの長さがあるので、10両編成になっても、ホームでは長短が出ます。

尼崎駅では三宮からやってきた快速急行が、8両から10両に増結される作業が生じました。これは、阪神だけでなく近鉄の車両にもいえます。尼崎での停車時間は約4分。まず、留置線にいた増結車両の4両が阪神難波線行きホームに停車。

090320_hansin_namba_line_034
増結車両が三宮からの快速急行を待つ。

三宮から来た電車は、阪神難波線行きホームに進入し一旦停車します。

090320_hansin_namba_line_035
三宮からの快速急行が増結車両の待つ番線に進入、一旦停止。

再び、徐行しながら動きます。そして、増結車両の1メートルくらい手前でまた停車。

090320_hansin_namba_line_036
増結車両の前で一旦停車。

すぐに動き出し、連結。結構、衝撃反発があって、前後に揺れます。見た目、揺れが大きいのですが、乗ってみると大したことはないのです。近鉄やJRの増結作業の際に見ていると、これほど前後の揺れはないように思えるのですが・・・どうなんでしょう。

090320_hansin_namba_line_037
そろり、そろり。でも連結時は大胆に勢いがあります。

連結終了。あとは、貫通扉を開けて、幌をつけて、運転再開に向けての準備。

090320_hansin_namba_line_038
貫通扉、幌の整備中

めでたく連結が済み、大阪難波、奈良方面へ出発です。

090320_hansin_namba_line_040
出発進行!堂々10両。

さすが、阪神の10両編成をみるのは精悍な感じがします。近鉄よりは短いのですが、それでも、190メートルですからね。

ご苦労様。行ってらっしゃい!

しかし、この増結のために4分取られるのは、なんだか間延びがするような感じがするのですが、そう感じるのは私だけでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アレとコレ。遜色ないですね【GM、Bトレ】

阪神なんば線が開通して、すでに8ヶ月あまり。開通を記念して、阪神1000系、近鉄5820系のBトレが発売されました。それより前に、阪神5500系のBトレも発売されています。

その後、グリーンマックスからは、完成品で近鉄9020系が発売されました。阪神5500系はまた、GMからこの秋再販されています。さらに、阪神1000系完成品が発売予定です。

そういう時期なので、我が電車区のストックから、阪神、近鉄車両の撮影をしてみました。

まずは、阪神なんば線での充当車両。

091205_003
近鉄9020系と阪神1000系。

近鉄9020系がグリーンマックスの完成品、前パン。手前が阪神1000系Bトレ。幌付きで増結車両の先頭車となります。

091205_010
なかなかいい感じです。

続いて、近鉄5820系(Bトレ)と同9020系(GM完成品)の並び。比べてみてもそれほど遜色がないのでは。Bトレもかなり進化していますね。

091205_006
Bトレ5820系とGM9020系。

じっくりみてみましょう。なかなか両者ともよい仕上がりです。

091205_007
奥がGM完成品、手前がBトレ。

091205_008
9020系と5820系。

手前の9020系の側面には阪神なんば線用のしるしの蝶のイラストが貼ってあります。

阪神の新旧車両の並び。5000系(GMプラキット)と1000系(Bトレ)です。昭和と平成ではやはり、進化が見られますね。

091205_002
5000系と1000系。

最後は阪神の三種類の車両を並べてみました。なかなかシンプルで、可愛い電車たちですね。

091205_012
5000系(プラキット)、5500系(Bトレ)、1000系(同)

おまけは、5000系、1000系、9020系の並びです。尼崎駅ではこういう風景がみられますね。

091205_013 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

昔の色で出ています。

我が食卓には電車区が鎮座されていまして、ご飯を食べるのには狭くて大変なんです。いまは、電車区には、近鉄の車両が留置されています。

近鉄の一般車は、現在、マルーンレッドとシルキーホワイトの2色です。昔は、マルーンレッド一色、しかも、いまより暗かったのでは?旧塗装での模型制作においては、GMのスプレー缶では暗い色彩なので、Mr.カラーの赤2号を塗っています。

091204_007
一応、2410系。

091204_005
2610系、4両。

091204_006
2410系と2610系のトイレ付き車両。

091204_004
ちょっと、フェチ。

091204_002
2410系の先頭車同士の連結。

091204_008
2410系と2610系が仲良く並ぶ。

近鉄の色塗りは、現在の場合、先頭車は窓の周辺をシルキーホワイトでくりぬき、上半分にマルーンレッドを塗り、側面も2色に塗り分けないといけないので大変。ちょっと前までは、すそもマルーンレッドに塗る必要があって、難しかったのですが、今は、すそは簡略化されて、シルキーホワイトで塗ればいいので、ましです。しかし、なんといっても昔の一色の再現が簡単です。

現在の2色の塗装の車両。先頭車同士の連結。形式が異なっても、近鉄はスムーズに連結が出来るようになっています。すごい技術ですね。

一応、1430系と、1810系のつもりです。

091204_001

    

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いまや主流のアレです。

鉄の時代からステンレスの時代へ。車両の素材もアルミやジュラルミンに変わってきました。錆びないし、軽量化が図れるのためです。そのおかげで、なんだか、色彩が乏しくなりました。各社の個性を競う塗装が省略化されてしまいました。

コスト削減至上主義で、メンテナンスの簡素化、軽量化による電力消費量の削減には寄与しますが・・・。なんとなく、味気ないですね。多少、先頭や側面に帯を入れたりしてはいますが、やはり、ちょっとねぇ。。。

しかし、模型づくりでは、アルミ色一色(正確には、艶あり、艶なしの区別も必要ですが・・・)で色塗りができるので、まぁ、簡単です。

そこで、これまでの拙いコレクションを展示してみます。

091203_085
205系。左が阪和線、右が昔の山手線のイメージ。

091203_086
連結器はダミーにしてみました。帯は塗装で表現しました。

091203_087
屋上機器の表現。

091203_090
211系。帯の貼り付けが結構手間でした。 

091203_089
車両番号。ルーバーも付けています。

GMのこのキットは車両番号のデカールも入ってましたので、貼り付けてみました。211系・5000番代のプラキットです。

091203_092_2
京王3000系。

この形の3000系はもう井の頭線ではほとんど走っていないみたいです。前面はオリジナルタイプでなく、リニューアルされている形式も少なくなっています。

091203_093
帯がちょっと太すぎました(汗)

ステンレス化を推進した本家本元。東急です。

091203_096
8090系、8500系です。

8090系は帯はシールで表現。8500系の先頭の帯は塗装で表現しました。

091203_098
屋上の表現。クーラーはちょっと墨入れしています。

091203_099
墨入れはなかなかむずかしいです。はみ出します。

091203_101
8090系の方がスマートな感じです。

いまは、新型のステンレスカーは関東においては、前面だけが各社個性的なフォルムをもっていますが、側面はほとんど一緒です。JRのE231系と部品を共有化して、仕様も一緒なんでしょうね。ちょっと、つまんないですね。

関西では、まだ、そこまで仕様の共通化は行われていないし、ステンレスカーがそれほど幅を利かせていないので、個性を楽しめます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型へ
にほんブログ村

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東京私鉄巡り(2)

  二子玉川に到着。多摩川の向こうに、富士山が見えました。東京でも、お天気がよいと見えるのですね♪

090101_021
雲に隠れていますが、富士山です。

さて、ホームで待っていると、田園都市線がひっきりなしにやってきます。東急、東武、東京メトロ。乗り入れの各社車両がやってきますので、飽きないですね。とりあえず、本家東急5000系。

090101_023
新5000系。

お次は東京メトロ。8000系。

090101_025
東京メトロ、半蔵門線用8000系。

多摩川の鉄橋上の退避線には、先ほど乗車した6000系が停車中。

090101_022
新6000系、いかついフォルム。

田園都市線で渋谷へ向かいます。渋谷からは、京王3000系を探して、吉祥寺まで。しかし、結局、3000系には会えませんでした。来るのは、みんな1000系。でも、結構かわいいフォルムですね。気に入りました。

090101_027
渋谷に停車中の1000系。

渋谷から終点吉祥寺まで普通、急行と乗り継ぎました。吉祥寺ではお腹が空いたので、日高屋でラーメン定食をいただきました。安くて美味しかった!

090101_029
吉祥寺でたたずむ1000系。

さて、お腹もいっぱいになったので、駅前をうろうろ。そして、井の頭公園をお散歩。お正月でもたくさんの人が歩いています。なかにはジョギングの人も。

090101_030
井の頭公園。ボートも浮かんでいます。

吉祥寺駅に戻り、再び京王線で下北沢へ。小田急に乗り換え、新宿へ。新宿駅では、小田急を撮りテツ。

090101_033
3000形。ちょっと個性がないです。。。

090101_035
5000形。一番小田急らしい形式。

090101_036
30000形。ロマンスカーとしては、大人しいですね。

090101_038
1000形。 ステンレスカーですが感じのいい車両です。

新宿から山手線で五反田へ。そこから、池上線に乗り換え、ふたたび東急へ。いました!7700系。

090101_040
7700系、赤帯。

蒲田でも撮りテツ。

090101_042_2
歌舞伎顔の7700系。

090101_041
蒲田駅。

蒲田から、商店街を通って、京急蒲田駅へ戻りました。ぐるっと城南を回った感じですね。羽田空港へ寄り道。

090101_044
第2ターミナル。豪華な雰囲気ですね。

デッキに出てみました。

090101_047
第2ターミナルのデッキ。飛行機が第1より観やすい。

うーっ。。。寒い!

090101_049
プッシュバックされるボーイング767型。

再び、京急で品川へ。品川で新幹線に乗車。一路大阪へ。満足いく撮りテツの東京私鉄巡りのツアーでした。

090101_062_2
品川駅の東西通路。向こう側が新幹線乗り場。

(了)

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

| | コメント (4) | トラックバック (0)

東京私鉄巡り(1)

今年のお正月に東京私鉄巡りをしました。日帰りの強行軍でした。お目当ては、東急大井町線の急行用新6000系、池上線の新7000系、京王井の頭線の3000系を撮るため。

朝の早い「のぞみ」にて一路東京へ。いいお天気に恵まれ、途中、富士山を眺めることが出来ました。幸先のいいスタートでした。

090101_004
富士川あたりの富士山。

品川で下車。京急に乗り換え。ホームには、新1000形、ステンレス車が停車中。とうとう京急もコスト削減から個性のないステンレス車を導入。でも、赤い電車は健在で、まぁ許容範囲かなぁ。

090101_007

ダルマも2100形にも会えました。

090101_010
800形。通称ダルマ。

090101_009
2100形。快特、三崎口行き。 

品川から京急蒲田へ。ここから、商店街をトコトコ歩いてJR蒲田駅まで。駅ビルを通って、東急蒲田駅に到着。ホームには、お目当ての新7000系が停車していました。運がよかったです。可愛いフォルム、緑の優しいカラーですね。

090101_014
新7000系。コンパクトな3両編成

東急の池上線、多摩川線はワンマン運転。テレビを搭載して、乗客の乗降を確認しているので、スムーズにドアの開閉ができます。近鉄は同じワンマンでも、運転手が目視して乗降を確認するため、ドアの開閉に時間がかかり、少しイライラします。

古手の7700系も停車中。赤帯を巻いています。

090101_015
7700系。

蒲田から池上線で旗の台まで乗車。ここでも、パチリ。

090101_016

旗の台で大井町線へ乗り換え。大井町線が急行を運転し、田園都市線に乗り入れるため、旗の台駅は様変わり。待避線が設置され、四車線になっていました。

090101_017
旗の台駅。立派なホームになりました。

そうこうしていると、普通8090系が待避線へ。まもなく、急行が到着。新6000系です。この車両は7000系と比べると、ごつい感じがします。色も赤が基調です。

090101_018
まずは8090系。

090101_020
続いて、6000系。

この急行に乗車して、二子玉川まで乗車。(つづく) 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »