近畿日本鉄道が新型一般車両を24年ぶりに導入。

▼近畿日本鉄道は、2022年5月17日のニュースリリースにて、2024年秋に、新型一般車両を導入すると発表しました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/sinngatasyaryou.pdf

220520_

▼近鉄では昭和40年代に製造した車両が約450両あり、今後乗客の利用状況を見極めたうえで、必要分を置き換える計画をしており、2024年秋に4両×10編成の新型一般車両を導入することを決めました。

▼一般車両の導入は2000年のシリーズ21車両以来24年ぶりの導入となります。

Img_5392
9820系・9328F@鶴橋駅

▼新型一般車両の特長としては、まず車内防犯対策として、車内への防犯カメラの設置、乗務員との通話ができる車内通報装置を設置します。

▼バリアフリー対策としては、転落防止幌を編成最先頭部の設置、床面との高さを下げてホームとの段差を低減、大型液晶ディスプレイの設置、各車両の両端に優先座席を配置することとしています。

220520__20220520011901

▼省エネ対応としては、新型インバータ制御装置やLED照明の設置により、消費電力を従来比で約45%カットします。

▼車内の快適性向上としては、ロングシートとクロスシートを切り替えることができるL/Cシートを採用、ベビーカーや大型荷物などを持った乗客が着席できるスペースを1両あたり2か所設置、車内空気の除菌装置や座席の抗菌・抗ウイルス期のを付加します。

220520__20220520012301

▼デザインとしては、外観では近鉄伝統のマルーン色をより鮮やかにし、車内では花柄の座席表布や木目調の壁を使用することとしています。

220520__20220520010901

▼導入する線区は、奈良線、京都線、橿原線、天理線としており、投資額は、約84億円になるとのことです。

▼これまで近鉄では、特急車両として、プレミアム観光特急「しまかぜ」、新型名阪特急「ひのとり」の新造を進めてきましたが、ここへきてやっと一般車両の新造を実施することとなりました。

▼奈良線などの一般車両では、最古参の車両が8000系で1968年に製造されており、次に古い車両は8400系で1969年に製造されており、更新工事が行われているものの、すでに50年以上が経過しており、老朽化が進んでいると思われます。

Cimg6699
8400系・8302F@鶴橋駅

▼一般車両では、シリーズ21が22年前に新造されて以来、まったく置き換えがなかったとは驚きであり、昨今のコロナ禍という厳しい状況下でも、一般車両の更新をは行わないといけないほど、老朽化が進んでいるということなのでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

観光特急「あをによし」運行開始から2週間あまり。

▼近畿日本鉄道の観光特急「あをによし」が4月29日に運行開始してはや2週間余り。連休中は空席なしと好評だったようです。

Img_6293

▼今回は連休中に密着取材をした様子を動画にしてみましたので、ご紹介します。

▼まずは、大阪上本町駅への到着風景と近鉄奈良駅で停車中の「あをによし」をご覧ください。

 

▼次に、大阪上本町、近鉄奈良、高の原、鶴橋の各駅で撮影した走行中の「あをによし」をご覧ください。

 

▼撮影しているうちに、どんどん乗りたくなってきました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

ようやく、新型名阪特急「ひのとり」に乗車。しかし、トラブル発生。。。

▼近鉄の新型名阪特急は運行を開始して、もう2年あまり。コロナ禍にあって、なかなか乗車する機会がなかったのですが、ようやく乗車してきました。10列車に大阪上本町から乗車しました。

Img_6369_20220512172501
「ひのとり」1号車@近鉄名古屋

▼まずは、プレミアム車両のデッキをチェック。カフェスポットがあり、コーヒーや簡単なおやつが購入できます。

Img_6355_20220512174701

▼ロッカーが無料で利用できます。

Img_6362

▼ハイデッカー車なので、階段を上がって車内へ向かいます。

Img_6357

▼プレミアム車両の車内は次のような感じです。

Img_6359

▼1号車のプレミアム車両の一番前の座席に座り、運転席をかぶりつきで見学して、興奮はマックスに。ところが鶴橋駅に到着して、一番前に乗客がやってきました。おかしいな、ダブルブッキングかなぁ!?

▼スマホの特急券購入結果をみせると、なんと!「おたくは6号車の7Aの座席ですよ」。筆者が間違って座席を予約していたというわけです。

Img_6361

▼本来の乗客におわびして、スゴスゴと一番後ろの6号車へと移動しました。本来予約していた座席は、6号車の名古屋方の最前席、ということは、目の前が壁になるデッキに一番近い座席です。

▼なんという失敗!うかっとして座席の予約を間違いました。気を取り直して、Free・Wi-Fiの設定をしようとしましたが、スマホにセキュリティチェックのアプリを入れているので、Wi-Fiにつながりません。

▼なんだか疲れてしまい、ウトウトと。あっという間に名古屋に到着。

Img_6366

▼初めての「ひのとり」乗車はそういうわけで最悪なスタートでした。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

観光特急「あをによし」が運行開始。

▼近畿日本鉄道では、新たな観光特急「あをによし」が4月29日に運行を開始しました。そこで、早速撮影をしてきました。

Img_6295
あをによし@近鉄奈良駅

▼まずは、第1便を大阪上本町駅で撮影。当駅9時35分発で京都へ直通します。

Img_6277

▼タネ車両の12200系からすっかり改造されて、観光特急らしくゴージャスに。

Img_6286
あをによし@大阪上本町駅

▼京都へ向かう「あをによし」を見送り、車で高の原駅へ。駅前のイオンに車を停めて、とりあえずランチ。高の原駅から近鉄奈良駅へ向かいます。

▼近鉄奈良駅で第4便の到着を待ち受けます。当駅へは13時54分に到着します。

Img_6290

▼第5便は16分で京都へ折り返していきますが、停車中の「あをによし」の各車両を観察します。

Img_6294

▼4号車は、ツインシート車です。シートの色はグリーンです。各座席にはテーブルと照明があります。

Img_6296

▼3号車もツインシート車です。

Img_6300

▼2号車はサロンシート車。

Img_6302

▼2号車には販売カウンターもあります。発車までにすでに行列ができています。

Img_6325

▼1号車の前面です。かろうじて12200系の雰囲気が味わえるかもしれません。

Img_6314

▼「あをによし」の側面には天平文様が描かれています。

Img_6316

▼「あをによし」のシンボルマークがドア付近に描かれています。

Img_6322

▼連休中は連日満席のようです。奈良・京都間は35分という短い時間の利用となるため、できれば長く乗車したいものです。第1便あるいは第6便では大阪・京都間は1時間17分の乗車となるので、どちらかに乗りたいものです。

▼観光特急がデビューということで、とりあえず、大阪上本町駅と近鉄奈良駅で撮影してみました。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2)

「吹田総合車両所見学ツアー」になんと9,500円!

▼JR西日本は、「吹田総合車両見学ツアー」の発売についてのニュースリリースを4月5日に行いました。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220405_03_tour.pdf

Img_1535

▼JR西日本の吹田総合車両所は昨年11月に100周年を迎えたそうです。今回、歴史のある同車両所の有料見学ツアーを日本旅行と連携して企画したものです。

▼実施するのは、2022年5月22日(日)10時30分からと14時からの2回。ツアーの主なメニューは次のとおりです。
〇屋内撮影・解説

Img_6255

〇屋外撮影

Img_6226

〇廃車留置
〇食堂
〇流電撮影

Img_6307

▼ツアーのポイントしては、普段案内することのない車両所内を社員が案内・解説し、行程の中で自由に撮影ができることです。また、食堂では懐かしのヘッドマークの展示があります。今回のツアーでは、クロ681-1001をはじめ、クモヤ145系などの見学撮影が予定されています。

Img_6211

▼気になるツアーの代金ですが、現地発着プランで大人1名で9,500円、子ども1名で8,500円かかります。募集人員は午前午後とも50名ずつ。

▼コロナ禍前までは、吹田総合車両所の見学会が毎年鉄道の日前後に無料で開催されていました。しかし、コロナ禍により無料見学会は中止になり、ようやく感染が落ち着いてきたこの春に有料のツアーが企画されました。

▼JR西日本では、コロナ禍により旅客収入が落ち込み、経営状況が厳しくなっており、なりふり構わず有料のイベントを企画しているように思えます。

▼もう無料の見学会は開催されないのでしょうか。残念ですね。

※画像は2017年10月28日に開催された無料見学会のものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村 

鉄道コム 

| | コメント (2)

ひっそりと引退したJR奈良線の103系。

▼鉄道コムに「奈良線の103系が『サイレント引退』? JR西日本に理由を聞いた」という記事が出ていました。

https://www.tetsudo.com/report/366/

Cimg6244

▼この記事によると、3月12日のJRグループのダイヤ改正にあわせ、奈良線の103系が引退したが、事前に発表がなかったとの声がSNSなどで上がっていたので、その理由を考察しています。

▼今回のダイヤ改正前日に103系は引退。ダイヤ改正後は205系と221系の2形式が走る路線となったが、JR西日本の広報担当者によると、103系は予備車扱いとなることはないとのこと。

Img_2625_20220326175101

▼今回の引退は事前の発表がなかったため、SNS上では鉄道ファンのマナーの悪化が原因ではといった意見も見られたが、JR西日本では車両の引退は発表しておらず、鉄道ファンのマナー問題でもないとのことだそうです。

Img_4946

▼あと、関西エリアでは、ダイヤ改正後も、和田岬線、加古川線、播但線での運用が続きますが、それ以外での運用はなくなりました。それにしても、通勤電車として一世を風靡した103系の今回の引退はかなり寂しいものとなりました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村 

鉄道コム 

| | コメント (2)

観光特急「あをによし」の運転の詳細がわかりました。【近鉄】

▼大阪・奈良・京都を結ぶ観光特急「あをによし」の運転の詳細が近鉄のホームページで発表されました。

https://www.kintetsu.co.jp/senden/aoniyoshi/

211009__20220323192201

▼時刻表では、第1便が大阪難波発京都行き、第2便が京都発近鉄奈良行き、第3便が近鉄奈良発京都行き、第4便が京都発近鉄奈良行き、第5便が近鉄奈良発京都行き、第6便が京都発大阪難波行きとなっています。

《第1便》大阪難波09:22⇒京都     10:50
《第2便》京都  11:20⇒近鉄奈良11:55
《第3便》近鉄奈良12:10⇒京都      12:45
《第4便》京都  13:20⇒近鉄奈良13:55
《第5便》近鉄奈良14:10⇒京都      14:45
《第6便》京都  15:20⇒大阪難波16:40
※上記は平日ダイヤ

▼停車駅は、大阪難波、大阪上本町、鶴橋、生駒、学園前、近鉄奈良、大和西大寺、近鉄丹波橋、京都となっています。

▼第1便と第6便は大阪・京都往復便、第2便から第5便は京都・奈良の往復便となっています。運転開始は4月29日祝日から、運行日は木曜日を除く毎日となっています。

▼料金は普通運賃、特急料金及び特別車両料金の3種類が必要となります。大阪難波から京都までで、ツインシートを2名あるいはサロンシートを3名又は4名で利用する場合は合計1960円、京都から奈良までで、合計1370円となります。ツインシートを1名で利用する場合はさらに、こども分の特急券、特別車両券が必要となります。

211009__20220323192301

▼車内メニューのうち、スイーツでは、シェラトン都ホテル大阪考案のおをによしバターサンド「レーズン&マロン」、まほろば大仏プリン(カスタード)、大和抹茶ジェラートなど。

▼アルコールでは、クラフトビール(カップ、ビン)、河内醸造わいん(赤・辛口/白・辛口)、日本酒 豊祝[奈良]、日本酒 英勲 古都千年[京都]など。

▼ソフトドリンクでは、季節のジュース、プレミアム・トマトジュース、ごろごろ水(奈良県洞川温泉大峰山からの湧水、アルカリ超天然水)、ほっとコーヒー、ホットティーなど。おつまみでは、大和肉鶏の燻製、ミックスナッツなどが提供されます。

▼車内サービスとしては、専属アテンダントによる車内サービスの提供、無線LANによるインターネット接続サービス、キーホルダー、フェイスタオル、和ハンカチなどのオリジナルグッズ、オリーブなあられこつぶ丸・大和抹茶ティラミスチョコレートがセットになったお土産、記念乗車券(無料)などが用意されています。

▼やはり、筆者としては大阪から京都までの通しに乗車したいです。近鉄奈良経由なので大和西大寺を2回通過するのが面白いですね。京都観光で直通でゆっくり大阪まで帰れるのが魅力的です。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ 

鉄道コム 

| | コメント (2)

特急「やくも」に新型車両投入。381系は引退。

▼JR西日本は、2月16日のニュースリリースで、岡山と出雲市間で運転される特急「やくも」に新型車両を導入すると発表しました。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/220216_03_yakumo.pdf

▼車両形式は273系特急形直流電車で、投入車両数は4両・11編成。振り子型車両は継続することになりますが、新型車両では国内初となる「車上型の制御付き自然振り子方式による乗り心地の向上を図るとのこと。

Cimg3865_20220216190501
特急「やくも」@岡山駅

▼防犯カメラの設置、車体の衝突安全対策、機器の二重系化、座席ピッチの拡大、、空気清浄機の搭載、抗菌・抗ウイルス加工による車内環境、車内Wi-Fi、全席コンセント、大型荷物スペースの設置、VVVF制御装置、LED照明などが新型車両の特徴となっています。

▼営業開始は2024年春以降の予定です。なお、現在の381系車両の1編成6両を国鉄色化リバイバルのカラーリングとして、3月19日から運転されます。対象となる列車は、「やくも」8・9・24・25号となります。

13100715
特急「はしだて」@福知山駅

▼新型車両のデザインはまだ検討中で、今後の発表が楽しみです。しかしながら、一方で、国鉄型の381系が引退することは寂しいものです。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2)

おおさか東線から201系が引退。

▼国鉄型通勤車両の201系は、関西では東海道本線・山陽本線の緩行線で普通として運用され、東海道本線(JR京都線)・山陽本線(JR神戸線)で新型車両321系が導入されてからは、大阪環状線や関西本線(大和路線)に移っていきました。

Img_7135_20220201175001
201系@おおさか東線・放出駅

▼大阪環状線でも新型車両323系が導入され、玉突きでおおさか東線でも運用されました。当初、東海道・山陽本線ではブルー、大阪環状線ではオレンジ、関西本線及びおおさか東線ではグリーンのカラーリングで、それぞれカラーリングは変化し、体質改善工事が施されたものの、国鉄型車両として長きにわたって活躍してきました。

Img_1090
201系@大阪環状線・玉造駅

▼しかし、2022年3月のダイヤ改正でおおさか東線での201系の運用は221系に取って代わると発表され、2024年には大和路線での運用をすべての終えるとみられています。

▼関西では、国鉄型車両が体質改善工事などで関東より長く運用され、鉄道ファンにとっては貴重な存在となっていましたが、201系の引退により、また昭和の車両が消えていきます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村

鉄道コム

| | コメント (2)

謹賀新年。

▼あけましておめでとうございます。遅まきながら新年のご挨拶を申し上げます。本年もよろしくお願いいたします。

2022

▼新年恒例のJR西日本乗り放題の旅も2年連続で行ってません。最近は乗り鉄、撮り鉄もご無沙汰になっています。コロナの影響は身近な生活にもいろいろなところに出ています。

▼鉄道の世界も、コロナ禍にあって、それ以前とは全く異なったものとなりました。コロナも2年目に入り、じんわりとボディブローのように悪い影響が生じてきたようです。今年春のJR西日本各社のダイヤ改正にみられるように、列車本数の減便が進んでいます。また、JR西日本のように、大都市圏での黒字を地方の過疎路線の赤字を補てんするモデルが崩壊し、地方路線の維持は難しくなりつつあり、赤字路線の廃止がますます増えるように思われます。

▼コロナ禍によって、社会のありようはガラッと変化してしまい、在宅勤務による通勤客の減少、国内旅行やインバウンドの減少による観光客の減少は、鉄道各社の収益を悪化させています。

▼この状況はまだまだ続くように思われ、さらにオミクロン株の拡大により、第6波がやってこようとしています。今年も鉄道の世界は苦しい状況が続きそうです。今後は、ウィズ・コロナにおける事業継続が必要であり、アフター・コロナにおける事業展開を検討しておくことが重要となりそうです。

▼鉄道の世界が元気にならないと、乗り鉄も撮り鉄もなかなか満足のいくものとならないため、ひたすらコロナ禍の終息を願うのみです。2022年の初めも厳しいお話からのスタートとなりましたが、本年も本ブログをよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ
にほんブログ村 

鉄道コム 

| | コメント (2)

«終夜運転に団体専用列車「楽」を充当。【近鉄】