日本で唯一になったトロリーバスに乗車し室堂に。【黒部立山アルペンルートその4】

▼大観峰を後にして、今度は日本で唯一のトロリーバスで室堂に向かいます。昨年まではトロリーバスは扇沢から黒部ダムまでの間電トロリーバスがありましたが、今年からはこの区間は電気バスになってしまったので、日本で唯一になってしまいました。

Img_2536

▼全長3.7キロ、10分の乗車です。このトロリーバスは立山雄山の真下をくりぬいてトンネルと通って室堂まで行きます。トロリーバスは屋根の上に電力を取るためのパンタグラフがあり、路面電車とバスをくっつけたような車両となっています。

Img_2538

▼室堂駅ターミナルは、トロリーバスや立山高原バスの駅があり、さらに立山ホテルやレストランがあって、観光客でごった返しています。ツアー参加なので、まず、予約しておいたランチをいただくこととなりました。白エビからあげ丼です。ちょっと甘いたれをかけて食べます。室堂に到着したのが10時半くらいでランチにはまだ早いように思いますが、朝6時45分出発だったので、もうお腹が空いてきました。

Img_2540

▼早めのランチを食べて、これからは室堂平を散策します。結構時間があるので、みくりが池周辺を散策します。良いお天気で立山連峰が一望に見ることができます。

Img_2543

▼室堂平の下、立山駅方面は雲海の下です。天狗平、弥陀ヶ原から高原バスが上がってきてます。

Img_2549

▼室堂はカルデラでできていることがよくわかる証拠は、ゴロゴロとそこかしこに岩が転がっていることです。

Img_7218

▼みくりが池の近くまで行ってみました。高原の池も火山の噴火でできたものでしょう。

Img_2552

Img_2556

▼みくりが池から左へ向かう散策路は立ち入り禁止となっています。地獄谷では有毒の火山ガスが噴出しており、危険だということです。確かにかすかに硫黄くさいにおいが漂ってきます。

Img_7226

▼室堂には何回かきていますが、幸運にもいつも晴れています。もう30年も前には職場の仲間で雄山から立山連峰を縦走したこともあります。

Img_2545

▼室生平で雄大な立山連峰を見て、次は高原バスで徐々に降りて行きます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

 

| | コメント (2)

日本で唯一全線地下にあるケーブルカーで黒部平に。【黒部立山アルペンルートその3】

▼雄大な黒部ダムを後にして、今度はケーブルカーで一気に黒部平に上がります。このケーブルカーは日本で唯一の地下式ケーブルカーです。

Img_2517

▼全長800メートル、5分の道のりです。

Img_2516

▼黒部平からは、これからロープウェイで上がる大観峰がよく見えます。立山連峰がもう間近になってきました。

Img_2520

▼アルペンルートでは、それぞれの駅や展望台に必ずお土産屋があり、そのたびに買っているときりがありせん。黒部平では、ツアー参加者全員で写真撮影です。もっとも、記念写真は買いませんが。。。

Img_2520

▼黒部平から今度は大観峰にロープウェイで上がります。このロープウェイは途中に支柱が一本もありません。環境保護のために支柱がないそうですが、雪崩もあるので、支柱が持っていかれるリスクも回避することも理由のようです。1.7キロ、7分の空中散歩です。

Img_2525

▼ロープウェイからは黒部ダムがはるかかなた下の方にみえます。

Img_2528

▼大観峰は標高2318メートル。かなり上がってきました。

Img_2530

▼大観峰の展望台からの眺めも絶景です。

Img_2531

Img_2533

▼このあと室堂へ向かいます。室堂への交通手段は、これまた珍しいものに乗って向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ 

鉄道コム

| | コメント (2)

迫力ある放水のある風景。【黒部立山アルペンルートその2】

▼扇沢から電気バスで黒部ダム駅に到着し、屋内階段で一気にダム展望台に上りました。展望台から見る風景は迫力満点です。

Img_2499

▼急峻な渓谷をなす黒部川をせき止め電力供給のためのダムを造る。人間はとても大きな仕事ができるのだと感心します。ずっと見ていても飽きない風景です。ダムの東側は北アルプスの山々がそそり立っています。

Img_7163

▼西側にはこれから向かう立山連峰がそそり立っています。

Img_7168

▼ダム展望台から外階段で降りて行きます。途中にダム建設中に使われたコンクリートバケットと滑車が展示されています。すごく大きいものです。巨大なダムを造るためにはこんな大きな道具が必要なんですね。

Img_7173

▼放水観覧ステージから放水を見ると、虹を必ず見ることができます。

Img_7176

▼外階段から放水観覧ステージまでの通路はダムサイトに張り付くように取り付けられています。

Img_7178

▼さらに新しく設置された新展望テラスへ降りて行きます。より間近に放水をみることができます。テラスの近くにある特設会場では、ダム建設をテーマにした有名な「黒部の太陽」の映画の資料などが展示されています。

Img_7180

Img_7182

▼新展望テラスからダムのえん堤まで上がってきました。ダムのえん堤の上部はかなり幅があり、その上を歩いて、次のケーブルカーに乗るため黒部湖駅に向かうため、5分くらい歩きます。

Img_7183

▼黒部ダムを後にして、ケーブルカーに乗って次の目的地の黒部平に向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

新元号になって新しいバスが導入。【黒部立山アルペンルートその1】

▼ツアー2日目。いよいよ黒部立山アルペンルートに向かいます。

Img_2509

▼前日の上高地から向かった宿は白馬のスキー宿でした。子どもの頃は親に連れられて、春休みはよく八方尾根スキー場に連れて行ってもらったので、スキー宿は懐かしかったです。添乗員さんの話では、黒部立山アルペンルートで宿泊する宿は、滞在時間の短く、あまりグレードの高いものは必要ではないとのことです。たしかに、トイレにはウォシュレットもありません(汗)

▼確かに白馬の宿に到着は19時を過ぎるし、翌朝の出発はアルペンルートの混雑を避けるために、6時45分出発となっていました。朝早く起きて朝食も済ませ、バスを待つ間、少し北アルプスの山々を撮影。幸いガスもなく、白馬連峰などが姿を見せていました。

Img_2493

▼長野オリンピックでできたジャンプ台も見えます。

Img_2491

▼迎えのバスに乗り、まずはアルペンルートの長野側の出発点の扇沢へ。8時ちょうどの電気バスに乗車します。

Img_2495

▼扇沢からは、あの有名な破砕帯を通過する関電トンネルを通って黒部ダムまで行きます。昨年までは珍しいトロリーバスが使われていましたが、令和になって、電気バスに代わりました。真新しい電気バスで向かうことになります。

▼テレビの旅番組などで有名な扇沢駅員さんが名調子で駅弁を販売しています。バスを待つ間にちょうどいい時間つぶしのひとときです。名調子なのでつい駅弁を買う人が多いです。右上に小さく写っている人が名物駅員さんです。今度はCMにも出演するそうです。

Img_2496

▼いよいよ、電気バスに乗車です。8時に出発して16分で黒部ダムに到着です。全線トンネルで途中破砕帯や長野、富山の県境を通過します。乗り心地はディーゼル車などと違って、電車のようにスムーズです。トンネル内はさすがにひんやりしてしています。

Img_2498

▼黒部ダムに到着しました。220段の屋内階段を登り、ダム展望台へと向かいます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

一流のリゾートでひとときの安らぎを。【上高地】

▼週末にツアーで上高地、黒部立山アルペンルートに行ってきました。上高地には何度も行ってますが、アルペンルートは富山側から室堂までしか行ったことがなかったので、今回初めて全然路線通り抜けすることにしました。今回のツアーは、1日目に上高地、2日目に長野側の扇沢から富山側に向かうコースでした。

▼バスツアーの1日目は名神、東海北陸道経由で高山から平湯に向かいました。上高地へはマイカーは入ることはできません。さらに、訪れた日はツアーバスも乗り入れ禁止で、平湯から地元の乗り合いバスで入りました。

Img_7146

▼上高地はいいお天気で、梓川にかかる河童橋のむこうには穂高連峰がくっきり姿を現していました。

Img_2482

▼平湯から乗り合いバスと言っても、ツアーで貸切ですが、帝国ホテル前でおりました。そこから、20分くらい森の中を散策してバスターミナルまで歩きました。空気がおいしいです。猛暑の昨今、上高地と言えども、日向は暑いです。

Img_2473
上高地帝国ホテルの看板

Img_2475
木陰から見える上高地帝国ホテル

▼散策路を15分くらい歩くとバスケットターミナルに到着しました。マイカーは一切なく、バスとタクシーなどの営業車しかいません。

Img_2478

▼上高地でも滞在時間は90分ほどなので、とりあえず河童橋で撮影。穂高連峰のは素晴らしく迫力ある山々をカメラに収め、小梨平あたりまで歩きました。小梨平にはキャンプ場があり、14時過ぎにはすでにテントが設営されていました。

Img_2485

▼上高地は連日夕立があるみたいですが、筆者が訪れた時間には幸い夕立はありませんでした。小梨平のトイレの掲示板にはクマに注意との目撃情報が掲示されてありました。頻繁に出てくるようです。

Img_2486_20190805151601

▼歩いているうちに暑くなってきたので、河食童橋近くの五千尺ホテルの売店で桃のアイスキャンデーを買って食べました。

Img_7142

▼最近は夕立など猛烈な雨が多く、地元のバスの運転手さんの話では、大量の土砂が流れ込むので、大正池が埋まってしまうのではないかと危惧されているようです。

Img_2487

▼この清流もいったん雨が降れば濁流となり大量の土砂が流れ込むので、この先上高地の景観がそのままであることはないかもしれません。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

「ダルマ」がいよいよ引退。【京浜急行800形】

▼京浜急行の800形の引退を記念して特別貸切列車「ありがとう800形」が6月16日に運転されました。

Img_4624
リバイバル塗装の800形

▼800形は1978年から1986年にかけて製造された普通列車用車両で、ラッシュ時の優等列車のスピードアップを図るため、普通列車の加速減速の能力を高め、4ドアによる乗降時間の短縮も図りました。制御方式は界磁チョッパ制御方式を採用し、制動は回生ブレーキを採用しました。

▼前照灯一灯式、片開きドアの車両で、京浜急行らしい伝統を引き継いだ車両でありました。外観では、先頭車両は非貫通式の運転台で、その見た目が「ダルマ」のようなので、それがニックネームとなりました。

▼登場当時は、側面の窓周りに白色を、あとはバーミリオンに塗り分けるカラーリングを行っていましたが、2000形の登場以来優等列車との区別をするため、旧1000形と同様に白色の帯を付けたカラーリングに変更となりました。

Img_4610
白帯の800形

▼車体は普通鋼製であるものの、右手操作式ワンハンドルのマスコンが新しく、マスコンは2000形にも採用された新しいものでありました。

▼最近の安全対策の一環としてホームドアが次々に導入されていく中で、4ドア車は3ドアの他の車両と互換性がなく、新型車両の導入もあって引退となったものです。

Img_4623

▼最後に動画をご紹介して、今日はこの辺でおしまい。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

インバウンドのおかげです。【特急はるか新型車両投入】

▼6月21日のJR西日本のニュースリリースによると、主に京都・関西空港間で運転されている特急「はるか」に新型車両が投入されることになりました。

JR西日本のニュースリリース:https://www.westjr.co.jp/press/article/2019/06/page_14402.html

▼現在は281系で運転されていますが、2020年春ごろをめどに、新型の271系を投入するということです。3両編成×6本、計18両が投入予定ですが、これは既存6両編成と併結する車両として増備ということでしょう。

Img_6479

▼新型車両は、オフセット衝突対策、衝撃吸収構造の採用、EB-N装置(運転士異常時列車停止装置)の採用、運転台計器類の二重系化などの安全性・安定性向上対策がとられることになります。

▼また、全座席にモバイル用コンセントを設置、車内ディスプレイによる停車駅・運行情報などの多言語化、客室内への大型荷物スペースの設置、防犯カメラの設置などの車内設備も充実が図られます。

Img_7106

▼車両デザインは、現在の281系を踏襲。カラーリングも同様のようです。先頭車両の形状は、287系とよく似た感じのようです。

Img_3051

▼特急「はるか」は一時は関空の閑古鳥状態の中で、臨時列車化していましたが、いまや、インバウンドの乗客の増加で息を吹き返し、車両の増備に至ることになりました。いやはや、隔世の感がありますね。今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ 

鉄道コム 

| | コメント (2)

南海本線の一般車両インプレッション。

▼最近南海に乗る機会が増えたので、この機会に南海の現在運用されている一般車両のインプレッションをしてみたいと思います。筆者の独断と偏見で書いていますので、その点ご理解をいただきたい。

▼私の好みとしては、1000系が一番乗り心地がいいと思います。車端部にはクロスシートも備わっており、中距離の乗車にも適応しています。

Img_0217

▼1000系の登場は1992年で、関西国際空港の開港を控えて、本線、高野線の両線での運用が可能な車両です。製造は旧東急車輛製造です。

▼車体はステンレス製ですが、前頭部はFRP製となっており、額の部分が後ろに後退する形状となっています。

▼この1000系で初めて現在のカラーリングのブルーとオレンジのカラーが採用されました。ステンレス車体ですが塗装の下地はグレーに塗られています。

▼台車は住友金属工業製のボルスタレス台車ですが、新型の8000系や8300系の台車と比べて、レールからの振動がダイレクトに伝わることはなく、滑らかな伝わり方をしていて、乗り心地はいいです。制御装置はVVVFインバータ方式です。

▼続いてご紹介するのは、7100系です。南海本線では一番古手の車両です。7000系のマイナーチェンジ車両として登場。7000系とは異なりドアは両開きとなり、より通勤時の利便性を図っています。

Img_2655

▼この車両は高野線の6300系と同様、南海らしい車両ともいえるものです。車体は普通鋼製で、近畿車輛製と旧東急車輛製造製の2社の製造となっています。制御装置は超多段式バーニア抵抗制御方式を採用しています。

▼1969年から1973年にわたり導入されたので、もう50年の経過するため、今後は8300系などの導入により姿を消す日は来るかもしれません。乗り心地はやはり古い車両のため、動き始めに連結器の動きが直接伝わり、あまり気持ちのいいものではありません。この連結器の動きは旧国鉄の103系にも同じようにあり、南海の他の車両では9000系も同様の伝わり方がして、乗り心地が悪いものです。

▼新型の8000系は2007年に初登場しました。車体はJR東日本E231系の形を踏襲したステンレス車体で、旧東急車輛製造と総合車両製作所製となっています。車体は1000系とは異なり塗装はされず、そのままになっています。オレンジとブルーの帯のみ塗装となっています。

14052302

▼車内はロングシートのみですが、車いすのスペースや、乗降ドア周辺では混雑を防ぐためのスペースがあり、その分座席数は減っています。座席の仕切りには大型のFRPが付けられ、立っている乗客と接触することがないようになっています。

▼台車は住友金属工業(現在の新日鐵住金)製のモノリンク式ボルスタレス台車です。この台車はレールの継ぎ目の振動がかなり直接的に伝わってくるため、乗り心地は悪く感じます。動き出す際の連結器の動きはさすがに軽減されて、この振動はありません。制御装置は、VVVFインバータ方式です。

▼変わり種としては、元々泉北高速鉄道(大阪府都市開発)の3000系の車両が南海本線へ転籍した車両があります。2012年のダイヤ改正で余剰となったが南海本線へ転用されました。泉北高速の前頭部の貫通扉のブルー塗装から、南海のカラーリングであるオレンジとブルーのカラーリングへと変更されました。乗降ドアの開閉時に大きなエアー音が出るのが特徴です。

▼写真の車両は中間車両を改造して運転台を取り付けた魔改造車両で、前照灯が尾灯と一体型となった大きなものとなっています。制御装置は電動カム軸式抵抗制御方式です。

Img_2671

▼最後は9000系です。この車両は南海本線初のオールステンレス製車体で旧東急車両製造で作られました。1985年から1988年にかけてつくられたもので、もうすでに30年以上も経過しています。台車は住友金属工業製のダイレクトマウント空気ばね台車を履いています。その点では乗り心地はいいのですが、7100系同様、連結器の初動時の動きが直接伝わってくるので、その点は乗り心地が悪くなっています。制御装置はバーニア抵抗制御と界磁チョッパ制御方式です。

▼この9000系は2018年からリニューアル工事が行われ、1編成は「マイトレイン」という名称で、南海社員と和歌山大学空間デザイン研究室とのコラボで、オレンジ色を基調としたブランドイメージの向上を図る外装、内装の改善を行っています。この車両には乗車したことがありますが、残念ながら写真はまだ撮っていません。

▼以上、南海本線の一般車両についてのインプレッションをしてみました。最後に、動画をご紹介しましょう。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

 

| | コメント (2)

屋外に出てみると、また格別にいいですよ。京都鉄道博物館再訪2

▼鉄道博物館の本館を見て、屋外に出ました。ここは言わずも知れた「梅小路蒸気機関車庫」です。もともと、この鉄道博物館のコア部分はこの梅小路蒸気機関車庫にあります。

Img_2370

▼ターンテーブル(転車台)近くには、C62形2号機蒸気機関車とDE18形1118号機ディーゼル機関車が留置されていました。珍しい並びではあります。

Img_2382

▼蒸気機関車庫には、これまでの日本のあらゆる型式の蒸気機関車が展示されています。

Img_2386

▼型式の1号機が多く展示されており、歴史的価値が高いものとなっています。企画展示は、新天皇の即位を記念して、お召し列車と貴賓室の特別展示が行われています。車庫でもC51形39号機のお召し列車仕様の蒸気機関車が展示されています。ナンバープレートは赤字に金文字、先頭には菊の御紋が取り付けられています。

Img_2380

▼SLスチーム号は今回はC62形2号機。デフ(除煙板)にはかつて特急「つばめ」を牽引していたので、ツバメのエンブレムが埋め込まれています。いつ見ても、かっこいいです。

Img_2373

▼旅客列車、特に特急列車などを引っ張るため、大型で馬力のある蒸気機関車です。トロッコ列車を引っ張るだけでは、もったいないです。

Img_2375

▼本館の屋上にあがっていくと、眺めのいいスカイテラスというデッキがあり、そこからは東海道新幹線、JR京都線、貨物列車などが見られます。東寺の五重塔も線路の向こうに見え、京都らしい風景となっています。

Img_2400
特急「サンダーバード」と東寺五重塔

Img_2404
新幹線と東寺五重塔

▼デッキからトワイライトプラザに降りて来ました。ここはトワイライトエクスプレスを牽引したEF81形103号機やEF58形150号機などが展示されています。この電気機関車の並びはいいですね。

Img_2412  

Img_2413
EF81形103号機

Img_2415
EF58形150号機

▼今回の訪問で、欠乏していた鉄分を十分補充することができました。最後に動画をご紹介します。今日はこの辺で。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

京都鉄道博物館再訪。

▼新駅「梅小路京都西駅」を訪れたついでに3年ぶりに近くの京都鉄道博物館を再訪しました。

Img_2336_1

▼プロムナードの車両群を見ながら、本館へ。ここでは過去に主にJR西日本で活躍した特急や新幹線車両を中心に展示がされています。特に、500系新幹線や、クハ489形1号機、クハネ581形などはほんとに目の前で触れられる展示方法なので迫力があります。

Img_2344
500系521形1号車

Img_2345
クハネ581形35号機、クハ489形1号車

▼EF52形1号機は国産初の著樹竜電気機関車。

Img_2349

▼EF66形35号機やDD51形ディーゼル機関車。この機関車の車体下部に潜り込んで台車やモーターの様子を見ることができます。

Img_2363  
EF66形電気機関車、ヘッドマークは特急「さくら」

Img_2365
DD51型機、ヘッドマークは「出雲」

▼国鉄初のディーゼル特急キハ81形3号車は愛嬌のあるボンネット型車両です。導入初期には、エンジンの馬力不足と不具合で悩まされた車両です。

Img_2352

▼引込線には、トワイライトエクスプレスの車両が展示されています。

Img_2359
カニ24形12号車

▼トワイライトエクスプレスエンブレムが誇らしげです。

Img_2362
オハ25形551号車

▼軽量化した急行用客車オハ46形も展示されています。

Img_2358

Img_2357

▼何回見ても飽きない展示車両。楽しいですね。次回は梅小路蒸気機関車庫の方もご紹介したいと思います。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

«遅ればせながら、新駅探訪と京都鉄道博物館再訪。【梅小路京都西駅】