323系の全編成が投入完了!ということは…【大阪環状線】

▼JR西日本のニュースリリースによると、「大阪環状線改造プロジェクト」の一環で新型車両323系の全編成の投入が完了するそうです。

http://www.westjr.co.jp/press/article/2019/05/page_14241.html

▼大阪環状線専用の新型車両323系は2016年12月にデビュー以来、順次導入が進められていましたが、6月8日(土曜日)に投入完了となります。最終投入編成数は、8両が22編成で合計176両となります。

Img_6070

▼これによって、大阪環状線からは4ドア車はすべてなくなります。すなわち、大阪環状線及びゆめ咲線からは201系車両の運行が終わるということになります。6月7日(金曜日)に運行終了となります。

Img_6080

▼大阪環状線を去る201系の行先は、先日全線開通したおおさか東線などへシフトすることになるのでしょうか。それとも、大和路線に移るのでしょうか。いずれにしても、大阪市内での旧国鉄時代の鋼鉄車両は姿を消すこととなります。

▼4ドア車が姿を消すことで、ホーム柵の整備も進むこととなり、2022年度末までに大阪駅、京橋駅、鶴橋駅、天王寺駅、新今宮駅においてホーム柵が整備されることになります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

連休中に三岐鉄道の2つの終着駅に行ってきました。

▼あっという間に長い連休が終わります。この連休は前半は4日間、昼からですが納期の関係で出勤しておりました。3月末で36年間勤めた会社を定年退職し、4月からは全く新しい職場へ転職しました。その関係で、4月から慣れない仕事と、連休明けでの納期に迫られての出勤でした。

▼連休後半、やっと本格的な休みモードとなりました。しかしながら、相変わらず、連休と言えばどこへ行っても人、人、人。ドライブも渋滞だらけで嫌になります。そんな中、世間もお疲れモードとなった日曜日に、琵琶湖から鈴鹿山脈を越え、三重に行ってみました。昨年同様国道421号線で東近江市から、永源寺経由で三重県いなべ市へ。

Img_2291
三岐線751系

▼お目当ては、昨年夏にも訪れた三岐鉄道の西藤原駅とナローゲージで有名な北勢線の阿下喜駅。北総線は近鉄で名古屋に行く際に、桑名駅で見かけたことはありますが、路線自体を訪れることは初めてです。

▼まずは、西藤原駅に。昨年訪問した時と変わらず、駅前公園には、ED222号機電気機関車やE102号機蒸気機関車、DB25号機ディーゼル機関車が展示されてます。

Img_2296
ED222号機

▼県立桑名工業高校の有志によるミニ電車の無料運行もまだ続いています。5月もある予定だそうです。

Img_2293
E102号機

▼続いては、今回初めての訪問となる北勢線の終点、阿下喜駅です。北勢線は元々近畿日本鉄道の路線でしたが、近鉄のスクラップ&ビルドの一環で、2003年に三岐鉄道に譲渡されました。開業は1914年4月、阿下喜から西桑名までの20.4キロの路線延長で、762ミリとうナローゲージの鉄道です。

Img_2303

▼阿下喜駅の現在のダイヤでは、通勤時には1時間に2本、デイリーでは1時間に1本の運転本数となっています。

Img_2305

▼三岐鉄道が地元との約束で2003年から10年間の約束で近鉄から運行を譲渡されているので、状況によっては廃止もありうる厳しい経営環境にあるものと思われます。

Img_2308

▼4月以降、新しい職場での慣れない仕事などでなかなかブログの更新もできなかったのですが、これからはぼちぼちネタを探しながら更新していきたいと思います。

Img_2306
旧三重交通の4400形(現在の200系)

▼最後は動画で締めくくります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

今回のダイヤ改正で、おおさか東線が全通しました!

▼2019年3月16日のダイヤ改正で、久宝寺から新大阪までのおおさか東線が全線開通しました。そこで、早速乗車してきました。

Img_7118
@JR野江駅

▼今回はすでに開通済みのJR河内永和から新大阪までの区間を乗車。今回の開通区間は放出から新大阪までですが、筆者は今回が初めてのおおさか東線乗車となります。

Img_7110
2番線@新大阪駅

▼まず通しで新大阪まで乗車。新大阪駅では、今回のおおさか東線の乗り入れに併せて、ホームも改良され、これまで「はるか」「くろしお」は1番線を上下で使っていましたが、この乗り入れで、1番線、2番線がおおさか東線と京都方面の「はるか」「くろしお」の乗車ホームとなりました。

▼3番線が「はるか」「くろしお」の和歌山方面の乗車ホームになりました。

Img_7105

▼鴫野駅はこれまで学研都市線だけの駅でしたが、おおさか東線の開通で、両方の駅となりました。北側の2線がおおさか東線ホーム、南側の2線が学研都市線のホームとなりました。

Img_7125
行先案内板@鴫野駅

▼放出駅では、4番線のうち、内側2線がおおさか東線、外側2線が学研都市線のホームとなり、おおさか東線と学研都市線の乗り換えが便利になりました。たとえば、おおさか東線の久宝寺行きが到着すると、すぐに学研都市線の快速が到着、相互の乗り継ぎが便利になります。

Img_7133
(左)学研都市線快速、(右)おおさか東線・久宝寺行き@放出駅

▼これまで、バスしか交通手段のなかった大阪市東北地域がこの開通で便利になりました。また、阪急京都線、京阪線、地下鉄中央線、近鉄奈良線、近鉄大阪線などと乗り換えが可能となり、これまでとは異なったルート開拓ができそうです。さらに、奈良から新大阪への直通快速の運転で、奈良・新大阪間の観光客のアクセスも便利になりそうです。

Img_7135
おおさか東線の201系交換風景@放出駅

▼おしまいは、動画での紹介です。きょうはこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

JR西日本元日乗り放題切符の旅【動画4】

▼いよいよ、JR西日本元日乗り放題きっぷの旅2019年動画編の最後です。

▼北陸本線、北陸新幹線に乗車の後、山陽新幹線で広島へ。さらに博多へ。途中、京都駅を過ぎると、JR西日本の旧の京都総合運転所、現在の吹田総合車両所京都支所が見えます。抹茶色の113系や117系が留置されています。

Img_7059

▼広島駅では、広電の停留所がある表玄関より、新幹線口の方がだんだんよくなってきました。一流ホテルが次々開業され、バスターミナルも設けられました。広島駅の在来線では227系がどんどん増えて、みかん色やカフェオーレ色の115系も数少なくなりました。

▼博多駅前も、阪急百貨店がメインテナントの駅ビルが整備され、日本郵便が手掛けるキッテのビルもできました。冬場のイルミネーションも定着してきました。

▼季節はもう春間近。来月にはダイヤ改正もあります。今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JR西日本元日乗り放題きっぷの旅【動画3】」

▼今回は、2019年JR西日本元日乗り放題きっぷの旅の動画編のその3です。

Img_7035

Img_7013

▼北陸新幹線に乗車し、上越妙高駅まで。駅前は雪が積もっていました。幸いにも晴れていたので、妙高山も見ることができました。

▼上越妙高駅舎はJR東日本の管轄なので、駅名表示はJR東日本のシンボルカラーのグリーンです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JR西日本元日乗り放題きっぷの旅【動画2】

▼今回は、2019年JR西日本元日乗り放題きっぷの旅の動画編のその2です。

Img_7027

▼今回は北陸新幹線にも乗車。乗り放題きっぷで行ける最も東にある上越妙高駅まで「はくたか」に乗車し、行ってみました。

▼途中、立山連峰や北アルプスの山並みが雲間から姿を現し、何とか見ることができました。その2では、金沢から黒部宇奈月温泉駅までの動画です。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今年も始まってます。4本しかないものに出会いました。【きんてつの吊り革】

▼近鉄では、今年も4種類の吊り革を設置した列車の運行を始めました。


▼昨年に引き続き、合格祈願吊り革77本、恋愛成就吊り革3本、金運招福吊り革1本が設置されていますが、今年は新たなに開運招福吊り革4本が増えました。
▼偶然、今年の新しい吊り革に出会うことができました。開運招福吊り革です。

19012303

▼近鉄大阪線、奈良線、京都線、橿原線のうち4本しかないので、出会えたのは幸先がいいかもしれません。窓ガラスにステッカーが張っつあるので、見付けやすいです。

19012302

▼ちなみに、設置されていた車両は、大阪線の2430系でした。

19012306

▼2440Fです。

19012305

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

大阪万博を見据えて、夢洲へ乗入か?【近鉄が新型車両の開発検討】

▼1月19日の朝日新聞に、「近鉄、奈良から夢洲へ直通検討」との記事が載っていました。近鉄では2025年開催予定の大阪万博の会場となる夢洲へ直通特急を運転することを検討しているようです。

Img_6119
特急車両の30000系@今里

▼記事によると、大阪万博の会場となる夢洲まで主要駅から直通特急を走らせる検討を始め、その実現に向け、新型車両の開発に取り掛かっているとのことです。

▼大阪市などは夢洲に統合型リゾート(IR)を誘致し、そのため大阪メトロでは中央線の延伸を予定しています。近鉄はこの中央線にけいはんな線の長田で相互乗入れを行っているので、生駒で線路を改良すれば奈良線からの乗入れが可能となります。

Cimg2391
生駒駅の第三軌条方式の7000系

▼しかし、そのためには課題があります。けいはんな線及び中央線は第三軌条により電力を取りこむ方式なので、奈良線などの架線からパンタグラフを通じて電力を取る方式とは異なり、そのままでは乗り入れは不可能です。

▼第三軌条方式と架空線方式の両方を運転できる車両は国内では実例がなく、安全性などの技術検証も必要で、時間がかかります。そこで、近鉄ではグループ会社の近畿車輛や部品メーカーなどと研究・開発を進めているようです。

▼もし、この開発が実現できれば、大和八木や大和西大寺経由で名古屋、京都とも結ばれ、夢洲へ外国人観光客などを集めることができ、近鉄にとってもメリットは大です。

▼近鉄では、橿原神宮前駅で、標準軌の橿原線と狭軌の吉野線との直通運転を可能とするフリーゲージの研究も行っているなど、沿線の観光地の集客に向けての取組みを積極的に図っており、このプロジェクトも今後の動向が楽しみではあります。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

JR西日本元日乗り放題きっぷの旅。【動画1】

▼これまで2019年元日乗り放題きっぷの旅を写真で紹介してきましたが、今回は動画でも紹介したいと思います。

Img_6960

▼大阪6時30分発の「サンダーバード」1号で金沢までの動画です。琵琶湖の大津を越えたところでちょうど初日の出を迎えました。昨年に引き続き晴れてよかったです。では、その1をどうぞ!


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

広島から博多へ。【JR西日本元日乗り放題きっぷ】

▼広島駅前をぶらぶらして、博多へ。今度は「のぞみ」179号で向かいます。すっかり日が暮れてしまい、車窓の風景は楽しめなくなりました。唯一、徳山駅あたりで、コンビナートの夜景が楽しめます。

Img_7077

▼広島を17時42分に出て博多へは18時53分に到着。いよいよ乗り放題きっぷの旅も、あと1本で終わりです。博多駅前で恒例になったイルミネーションを楽しみました。

Img_7078

▼駅前ビルの巨大スクリーンに自分の姿が映るので、そのスポットに立つために、外国観光客を中心に並んで順番を待っていました。

Img_7081

▼駅前ビルの2回デッキからも撮影。いつ見ても綺麗です。

Img_7085

▼新大阪行きの新幹線にはまだ時間があるので、博多阪急を見学。大阪の阪急と同じようにスポーツ用品売り場はイングスとなっていて、懐かしく思いました。最上階の食堂街も充実していて元日から大盛況でした。レストラン街のさらに上には屋上があり、ちょっと上がってみました。

Img_7088

Img_7091

▼博多湾や空港が見えて、博多の夜景が堪能できます。帰りの新幹線の時間が迫ってきたので、コンコースに降りてお弁当を買いました。夜も遅くなってきたので、大概のお弁当は売り切れていましたが、なんとか満足のいくものを買うことができました。あと、コンビニでワインも買い込んで、ホームに上がります。

▼新大阪行きの「のぞみ」98号は名古屋止め。博多20時1分発です。東京行き最終はもう出てしまっています。お弁当とワインを味わい、恒例の正月のツアーはほぼ終了です。新大阪に22時38分に到着。ここから在来線で大阪に戻り、ツアー終了。

Img_7092_2

▼大阪を朝6時30分に出て、また戻ってきたのが夜の22時40分ごろ。JR西日本元日乗り放題きっぷの旅は、2117キロちょうどの距離を16時間ほどで走破しました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«だんだん、新型が増えてきましたね。新大阪から広島へ。【JR西日本元日乗り放題きっぷ】