「ありがとうキハ85系ひだ」号運転

▼JR東海は、「ありがとうキハ85系ひだ」号を3月18日のダイヤ改正前に運転すると1月12日に発表しました。

https://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000042473.pdf

▼特急「ひだ」号に充当しているキハ85系が3月18日のダイヤ改正以降、新型車両HC85系に統一され、キハ85系での定期運行は終了となるため、特別にリバイバル編成で特急「ありがとうキハ85系ひだ」号の運転をするとのことです。

Img_1534
キハ85系日非貫通型先頭車両@名古屋駅

▼運転日は、3月4日(土)、3月5日(日)、3月11日(土)、3月12日(日)の4日間です。

▼運転区間は、下りが名古屋(08:57発)⇒高山(11:46着)、上りが高山(13:44発)⇒名古屋(18:01着)で、途中の駅での乗降はできません。

▼編成は、キハ85系4両で、デビュー当時の編成を再現します。
←高山方 
 4号車(キハ85-1101)+3号車(キハ84-1)+2号車(キロハ84-1)+1号車(キハ85-1) 名古屋方→
                                  ※名古屋・岐阜間は逆向き

230112_image0
Bトレインショーティの4両編成(3号車の扉位置はデビュー当時と異なります)

▼車内イベントとして、美濃太田運輸区と高山運輸区の乗務員によるおもてなしや思い出を振り返る企画、車内チャイムの放送があります。

091231100102-078
キハ85系・貫通型先頭車両@高山駅

▼ノベルティの配布として、グリーン車利用者限定で、HC85系デビュー記念の非売品ピンバッジをプレゼントされます。

▼上り列車は団体専用列車として、ジェイアール東海ツアーズのツアー商品として販売されます。(往路はHC85系で運転する特急ひだ1号、もしくは3号に乗車)グリーン車プラン及び撮影会付きデラックスプラン(最前れる座席)を申し込みした場合、高山駅留置線での撮影会に参加できるほか、高山駅改札口を優先的に入場できます。

▼また、上り列車は一部駅の副本線を経由するほか、岐阜駅から名古屋駅までは、稲沢線を走行し、名古屋駅を通過し熱田駅まで運転した後、名古屋駅へ到着するとのことです。

▼1989年のデビュー以来34年間特急「ひだ」号として充当されてきたキハ85系もまもなく姿を消すことになります。各列車の座席はツアーも含めて発売日当日に即売り切れになるかもしれませんね。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

新春の京都鉄道博物館の目玉はこれもありました。

▼1月2日に京都鉄道博物館に行きました。WEST EXPRESS 銀河やSLの頭出し展示のほかにも、目玉がありました。

▼本館1階の車両展示のうち、500系新幹線はいつものカラーリングからエヴァンゲリオンのラッピングに変更されています。

Img_3645

▼いつもの500系とは異なる印象がありますね。1月の土曜日・日曜日・祝日は車内の見学もできます。

Img_6916

▼TVアニメ「新幹線変形ロボ シンカリオンZ」「エヴァンゲリオン」シリーズとのコラボで生まれた架空の新幹線「500 TPYE EVA-02」仕様のラッピングを施しています。

Img_6915

▼いつもながら、常設展示のこれらの車両もいいですね。特急「雷鳥」のクハ489-1。

Img_6918

▼その隣の寝台特急「月光」のクハネ581-35。

Img_6921

▼二代目新幹線100系122-5003。

Img_6927

▼電気機関車のEF52-1号機。

Img_6922

▼新春のひとときを京都鉄道博物館で過ごして、年初めから充分鉄分補給を行いました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

年初めの目玉展示はいろいろあります。SLの頭出し展示。【京都鉄道博物館】

▼1月2日に京都鉄道博物館に行ってきました。WEST EXPRESS 銀河の展示のほかに、もう一つ目玉があります。

▼蒸気機関車が動態保存されている扇形車庫において、新春SL頭出し展示が行われています。毎年の恒例になっているイベントです。

Img_3703

▼開催日は1月2日(月・祝)から1月9日(月・祝)で、扇形車庫の8から20番線SLが頭出しで展示されています。さらに、国旗が掲揚されて華やかな感じになっています。

▼その中で、お気に入りのSLをご紹介します。

▼まずは、お召列車をけん引したC51-239号機。戦前に東京鉄道管理局でお召指定機関車として運用され、晩年は新潟で活躍し、廃車時に新潟鉄道教習所で保存されました。新潟地震で被災したものの、なんとか無事でしたが、その後ほとんど放置状態だったものを、梅小路蒸気機関車館開設にあたり長野工場で整備されたものです。

Img_3706

▼D51-1号機。1936年3月川崎重工兵庫工場で製造され、その後各地を転々し、1972年9月動態保存機として現役のまま梅小路に転籍し、1986年5月に廃車(営業運転終了)となりました。

Img_3710

▼C62-2号機。1948年5月に日立製作所で作られ、1951年に防煙板にツバメのシルエットが取り付けられました。これで愛称が「スワローエンゼル」と呼ばれています。梅小路に来る前には、北海道の小樽築港機関区で、小樽築港・函館間の急行列車をけん引していました。

Img_3716

▼珍しいところでは、1等展望車であったマイテ49形が展示されていました。網干総合車両所宮原支所に動態保存されていましたが、2022年9月に鉄道開業150周年を記念して扇形車庫に展示されることとなりました。ヘッドマークが特急「つばめ」のものをつけています。

Img_3708

▼SLの頭出しは初めて見ました。日の丸の掲揚もあってお正月らしいイベントとなっていますね。このほかにも興味深い展示がありました。それはまた次回に。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

2023年最初の投稿はこれです。「WEST EXPRESS 銀河」

▼あけましておめでとうございます。2023年も本ブログをよろしくお願いいたします

▼今年最初の話題は、京都鉄道博物館に暮れから展示されている「WEST EXPRESS 銀河」です。

Img_6912
1号車・クロ116-7016

▼この列車は、豪華クルーズ列車の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」とはすみ分けをした気軽に鉄道旅を楽しめる列車として位置付けられています。

▼京都鉄道博物館での展示期間は、2022年12月28日(水)から2023年1月5日(木)までで、12月30日、31日、1月1日は休館のため、実質6日間の展示となります。

▼この列車は、元々JR西日本の新快速列車として製造された117系電車を改造したものです。編成としては、出雲市・下関・新宮・琴平方から、①クロ116-7016(グリーン車・ファーストシート)+②モハ116-7036(普通車指定席・クシェット【女性席】)+③モハ117-7036(普通車指定席・ファミリーキャビン・フリースペース)+④モハ116-7032(フリースペース)+⑤モハ117-7032(普通車指定席・クシェット)+⑥クロ117-7016(グリーン車・プレミアムルーム・フリースペース)となっています。

▼展示されていたのは、1号車のクロ116-7016、2号車のモハ116-7036、3号車のモハ117-7036です。

Img_3655
2号車・モハ116-7036

▼車内も2号車、3号車が見学できました。まずは、3号車の通路。

Img_3658_20230102205801

▼コンパートメントシートのファミリーキャビンです。

Img_3659

▼2-2列の普通車指定席。

Img_3660

▼フリースペース。

Img_3662

▼2号車の通路。

Img_3665

▼2号車の2-2列の普通車指定席(女性専用)。

Img_3667

▼ノビノビ座席の簡易寝台「クシェット」。

Img_3666

▼「WEST EXPRESS 銀河」は京都鉄道博物館に展示のあと、「紀南への旅」のツアーで京都・新宮間で運転される予定です。

▼新快速の117系がどのように改造されているのか、気になっていたので、年頭に京都鉄道博物館まで出かけてみました。

▼次回も京都鉄道博物館の話題が続きます。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

来年春に「きんてつ鉄道まつり」が開催されます!

▼近畿日本鉄道は、この秋に3年ぶりに開催した「きんてつ鉄道まつり」を2023年春に再び開催すると、12月20日に発表しました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/train_fes_spring2023.pdf

▼コロナ禍で、2年間開催が見送られた「きんてつ鉄道まつり」が2022年秋に五位堂会場と塩浜会場で開催されましたが、来年に限り再度「きんてつ鉄道まつり2023~Spring~」として、春に再度開催されることとなりました。

Img_2907
2015年11月開催の展示車両

▼申し込み方法やイベントの詳細は未定ですが、今後改めて発表があるとのことです。

▼記者発表資料では、運転士体験「あなたも運転士!出発進行!!」や「床下ピット探検隊」などがイベントの例示として記載されています。

Img_2914_20221225182601
床下ピット探検隊(2015)

▼来年春のまつりも、開催日・会場は4月22日(土)に五位堂会場と5月13日(土)に塩浜会場の2か所で、大阪地区で開催されていた高安会場での実施は今回もありません。

Img_2931
40tクレーンでの車両移動(2015)

▼再度の開催となった理由ですが、たぶん、インターネットでの申し込みで参加人数も制限していたので、申し込みが多数あり、参加希望者が思ったより多かったので、こうした声を拾った結果だと思います。

▼それに、会場までの乗車数が増えるので鉄道部門の収益にも寄与すると思われますし。

▼You Tube でのオンラインのまつりは期待したほど面白くないし、やはり検修車庫などでの実物を見ての見学のほうが興味が持てます。

▼来春には、新型コロナウイルスの感染状況がどうなっているかわかりませんが、再びの開催は鉄道ファン、近鉄ファンにとっては朗報でしょう。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

大阪駅(うめきたエリア)開業に伴う運行体系等のついて(はるか、くろしおが大阪駅に停車)

▼2023年春の大阪駅(うめきたエリア)開業に伴う運行体系等について、12月9日にJR西日本が記者発表しました。

https://www.westjr.co.jp/press/article/items/221209_00_press_unkoutaikei.pdf

Photo_20221210001201

▼大阪駅北地区のうめきたエリアの開発により、その西側を縦断している東海道線支線約1.7kmの移設・地下化することとなり、うめきたエリアに地下駅が設置されることになります。

Img_2041
グランフロントから見るうめきたエリア

▼それに伴い、関西国際空港に向かう特急「はるか」、特急「くろしお」が大阪駅地下ホームに停車することとなります。

▼これにより、大阪駅から関西空港への所要時間が、関空・紀州路快速で1時間7分かかっていたのが、特急「はるか」で47分となり20分の短縮となります。

Img_7105_20221210001601
281系「はるか」

▼また、大阪駅から和歌山への所要時間が、関空・紀州路快速で1時間30分かかっていたのが、特急「くろしお」で57分となり33分の短縮となります。

Img_3053_20221210001401
287系「くろしお」

▼平日7~9時台に大阪駅に到着する特急列車の本数は、草津・京都方面からの6本から「はるか」5本を加えて11本に、関空・和歌山方面から大阪駅に到着する特急列車は「はるか」「くろしお」の8本となります。(「くろしお」は西九条を通過することとなります。)

▼さらに、おおさか東線の列車が新大阪から延伸して大阪駅地下ホームに乗り入れます。

▼これに伴い、おおさか東線経由で大阪駅に向かう場合、新大阪での乗換がなくなり、南吹田、JR淡路、城北公園通、JR野江からの利用で4分の短縮となります。

▼また、新大阪・奈良間で運転している「直通快速」が大阪駅(うめきたエリア)まで直通するとともに、207系・321系7両編成から、221系8両編成に変更されます。

Img_5890
321系

Img_2479
221系8両編成に

▼地下ホームの開業に伴い、様々な利便性が増えそうですが、地上の大阪駅と地下の大阪駅とは距離があり、現在の大阪駅の西口からうめきた地下口が連絡通路で結ばれることとなっており、場合によってはかなり歩く距離が出そうです。

Photo_20221210004501

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

阪神電鉄が有料座席列車を運行へ【らくやんライナー】

▼阪神電鉄が期間限定で夜間有料臨時列車(らくやんライナー)を運行すると、12月1日発表しました。

https://www.hanshin.co.jp/company/press/pdf/20221201-unyu-rakuyanraina.pdf

▼運行日は12月23日(金)、来年1月6日(金)、13日(金)、20日(金)の計4日間です。

▼運行区間は大阪梅田・青木間で、20時19分大阪梅田発、21時43分大阪梅田発の計2本が運転されます。

Cimg7307
一部クロスシートの9300系

▼乗車駅は大阪梅田と野田だけで、降車駅は尼崎、武庫川、甲子園、西宮、香櫨園、打出、芦屋、青木です。

▼乗車定員は、1列車あたり180席の定員制です。大阪梅田発で150席、野田発で30席を用意。座席指定ではなく、乗車整理券を発行し、空いている席へ自由に座ることができます。

▼利用方法としては、大阪梅田駅では1番線ホームで発車10分前から受付を開始。1号車(大阪方最後尾車両)から5号車の扉まで整理券を購入。野田駅では3番線で6号車(神戸方先頭車両)から乗車し、車内で整理券を購入。

▼乗車整理券は200円の均一料金で、別途乗車券あるいは定期券が必要となります。

▼運用される車両はまだわかりませんが、一部クロスシートがある9300系、8000系ではないかと推測されます。

Cimg7365
リニューアル後の8000系

▼JR西日本では、すでに新快速で一部車両を有料座席(Aシート)にした列車を運行しています。また、阪急も2024年をめどに有料座席列車の運行を計画しており、京阪神間で有料座席列車の運行が次々運行されることになります。

▼コロナ禍で、乗客も感染を用心して満員電車を敬遠するなかで、座席を確保できる列車はニーズがありそうだし、鉄道会社としても、乗客数の減少による収益減を有料座席により収益を確保することができるので、利用者にとっても、鉄道会社にとってもメリットはありそうです。

▼阪神電鉄では、臨時有料座席列車の運行中に利用者にアンケートを実施し、今後の施策の参考にするようです。さて、大阪梅田から青木間という短い区間でどのくらいの需要があるでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

泉北高速鉄道が新型通勤車両を導入。【9300系】

▼泉北高速鉄道は、新型通勤車両「9300系」を導入すると、11月11日に発表しました。

https://www.nankai.co.jp/library/groupinfo/news/pdf/221111_1.pdf

221113_9300

▼新型車両は南海電鉄の8300系をベースにして投資額を抑制しながら、泉北高速鉄道の個性を生かしたデザインを採用します。

▼導入するのは4両編成を2編成(8両)。営業運転開始は2023年夏の予定です。外装デザインは泉北高速鉄道のラインカラーである「ブルー」と既存の通勤車両の車体色である「アイボリー」の2色を採用します。

Img_0223
泉北高速鉄道 7000系

▼内装デザインには、木目柄を用いて、座席シートには既存の通勤車両に合わせたカラーを採用します。

221113_9300_20221113153901

▼環境に優しい機能としては、エネルギー効率の高い機器を導入し、消費電力を低減し、車内照明・前照灯などすべての灯具にLEDを採用します。

▼バリアフリー機能として、車内案内表示器は液晶ディスプレイ式で、4か国語に対応。ベビーカーやキャリーバッグなどを利用するための多目的スペースを設置します。また、床面に優先座席及び車椅子・ベビーカースペースの表示を追加します。

▼そのほか、客室内及び出入口ドア窓に複層ガラスを採用。走行用モーターに遮音性が高い全閉内扇型主電動機を採用し、車内外の騒音を低減します。座席や吊手、手すり、窓などに抗ウイルス・抗菌加工を行います。

▼9300系の導入に伴い、5000系、7000系、7020系のラインカラーについても「ライトブルー」を廃し、「ブルー」のみに順次変更し、ラインカラーの統一を図るそうです。

Img_2702
泉北高速鉄道 5000系

▼泉北高速鉄道は、元々、泉北ニュータウンへのアクセス鉄道として、大阪府の設立した第三セクターである大阪府都市開発株式会社が経営していましたが、2014年に株式が南海電鉄に譲渡され、南海グループの傘下に入り、子会社となりました。

▼1971年の開業時には全業務を南海電鉄に委託していましたが、1986年の鉄道事業法の公布により、従来の方式のままでは第三種鉄道事業者となって、運賃、料金の決定や運行計画の策定を自社でできなくなるため、1988年に第一種鉄道事業者への認可を得ました。

▼こうした経緯から、新型車両はカラーリングは泉北高速鉄道の個性を生かしてはいるものの、南海電鉄の8300系をベースとした車両となったものと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム 

| | コメント (2)

三大鉄道博物館の比較について【京都鉄道博物館、リニア・鉄道館、鉄道博物館】

▼最近になってやっと大宮の鉄道博物館に行くことができたので、今回は日本の三大鉄道博物館の比較をやってみたいと思います。

Img_6821

▼まずは所在地、最寄り駅について
【京都鉄道博物館】
 所在地:京都市下京区歓喜寺町
 最寄り駅:JR嵯峨野線「梅小路京都西駅」

Img_3568

【リニア・鉄道館】
 所在地:名古屋市港区金城ふ頭
 最寄り駅:あおなみ線「金城ふ頭駅」

Cimg4200

【鉄道博物館】
 所在地:さいたま市大宮区大成町
 最寄り駅:ニューシャトル「鉄道博物館(大成)駅」

Img_6873_20221103005601

▼運営主体について
【京都鉄道博物館】
 JR西日本 公益財団法人交通文化振興財団に委託

【リニア・鉄道館】
 JR東海

【鉄道博物館】
 JR東日本 公益財団法人東日本鉄道文化財団に委託

▼前身、開館年月日について
【京都鉄道博物館】
 前身:交通科学博物館
 開館年月日:2016年429

【リニア・鉄道館】
 前身:佐久間レールパーク
 開館年月日:2011年314

【鉄道博物館】
 前身:交通博物館
 開館年月日:2007年1014

▼施設のコンセプトについて
【京都鉄道博物館】
・地域と歩む鉄道文化拠点
・鉄道を基軸とした事業活動を通じた地域の活性化に貢献する
・「憩いの場」「学びの場」となることを目指す
・鉄道事業の社会的意義の浸透を図るとともに、豊かな感性と知性にあふれる社会の一端を担う

【リニア・鉄道館】
・東海道新幹線を中心に、在来線から超電導リニアまでの展示を通じて「高速鉄道技術の進歩」を紹介
・鉄道が社会に与えた影響や、経済、文化および生活などの切り口で学習する場を提供
・模型やシミュレータ等を活用し、子どもから大人まで楽しく学べられる

【鉄道博物館】
・日本及び世界の鉄道に関わる遺産・資料に加え、国鉄改革やJR東日本に関する資料を体系的に保存し、調査研究を行う「鉄道博物館」とする
・鉄道システムの変遷を、車両等の実物展示を柱に、それぞれの時代背景等を交えながら、産業史として物語る「歴史博物館」と位置付ける
・鉄道の原理・仕組みと最新(将来構想を含む)の鉄道技術について、子どもたちが、模型やシミュレーション、遊技器具等を活用しながら、体験的に学習する「教育博物館」としての性格も持ち合わせる

▼開館時間・休館日・入館料金について

【京都鉄道博物館】
 開館時間:10:00~17:00
 休館日:水曜日・年末年始
 入館料金:個人一般:1,200
      大学・高校生:1,000
      中学・小学生:500

【リニア・鉄道館】
 開館時間:10:00~17:30
 休館日:火曜日・年末年始
 入館料金:個人大人:1,000
      小中高生:500
      幼児:200

【鉄道博物館】
 開館時間:10:00~17:00
 休館日:火曜日・年末年始
 入館料金:一般当日:1,330
      小中高生:620
      幼児:210

▼展示内容、見どころについて
【京都鉄道博物館】
 展示内容:車両展示、鉄道ジオラマ、運転シミュレータ、鉄道のあゆみ・施設、車両の仕組み、車両工場、生活と鉄道、運行の仕組み、企画展示室
 見どころ:トワイライトプラザ、SL動態保存、扇形車庫、転車台、SL第2検修庫、旧二条駅舎、SLスチーム号、スカイテラス

Img_2417
Img_2386_20221103010001

【リニア・鉄道館】
 展示内容:車両展示、鉄道ジオラマ、新幹線シミュレータ「N700」、在来線シミュレータ「運転・車掌」、鉄道の仕組み、歴史展示室、体験学習室、収蔵展示室
 見どころ:超電導リニア展示室、C62形蒸気機関車、955形新幹線試験電車(300X)、・超電導リニアMLX01-1

Cimg4111

【鉄道博物館】
 展示内容:車両展示、鉄道ジオラマ、シミュレータホール、車掌シミュレータ、E5シミュレータ、運転士体験教室、車両・科学・仕事・歴史・未来の各ステーション(展示室)
 見どころ:E5系モックアップ、400系新幹線、D51シミュレータ、ミニ運転列車、パノラマデッキ、トレインテラス

Img_6837_20221103005901

▼本州のJR各社では、威信をかけて鉄道博物館の魅力を誇示しているように思えます。たとえば、大宮の鉄道博物館は20187月の増床により、3つの博物館のなかで一番面積が広い施設となりました。それまでは、京都鉄道博物館が一番大きい施設でした。

▼しかしながら、京都鉄道博物館は展示車両の数では最大であり、かつ、蒸気機関車の動態保存を行っている梅小路蒸気機関車館が併設されているので、やはり見どころとしては3つの博物館の中では一番魅力があるのではないかと思います。皆さんはどうお考えでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

鉄道博物館に行ってきました。【その4】(あの列車に初めて出会うことができました!)

▼鉄道博物館の本館と南館の間には屋外展示されている車両があります。そのうちで、やはり目立つのはE1系です。

Img_6827

▼全列車が2階建てで編成された車両で、通勤客の着席定員の確保を図るために設計されました。重量が重く、最高速度が240キロまでしか出せないので、新しい車両に追いつかれてしまうので、ダイヤ上の支障となるため、2012年9月のダイヤ改正で定期運用を終了しました。

▼続いては、無料休憩スペース「183ランチトレイン」として、183系特急型車両が展示されています。先頭車両と中間車両の2編成があります。ひとつは、「踊り子」のヘッドマークを付けています。

Img_6848

▼もう一つは「湘南新宿ライナー」のヘッドマークを付けています。

Img_6851

▼屋外車両を撮っているときに、博物館の係員がみんなに小旗を配っていました。何かとよく見てみると、「四季島」と書いてあります。そして、まもなく通過するので、小旗を振って応えてくださいと案内しています。

▼幸運にも、JR東日本の誇るクルーズトレインの「TRAIN SUITE 四季島」にの通過に遭遇することができました。見学者が小旗を振る中、四季島からは警笛が鳴らされ、乗務員や乗客が手を振って応えてくれていました。

Img_6847_moment

 Img_6847_moment2

▼その様子は次のとおりです。

https://youtube.com/shorts/dkyW_ZFM6Gw?feature=share

▼初めての鉄道博物館の訪問は、1時間余りの駆け足でした。まだまだ、見学できていないコーナーがあるので、また、機会があれば訪れてみたいと思います。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

«鉄道博物館に行ってきました。(南館)【その3】