台風19号による水没でとうとう廃車に。【JR東日本・JR西日本北陸新幹線】

▼台風19号により水没した北陸新幹線が廃車になるそうです。

▼10月に到来した台風19号により、北陸新幹線の長野市にある車両センターが浸水し、センターに留置してあった北陸新幹線10編成がすべて廃車処分となることをJR東日本の深澤社長が明らかにしました。

Img_6353

▼内訳はJR東日本の8編成とJR西日本の2編成で、モーターやブレーキなどの制御装置、シートなど内装も浸水し、完全な修理ができないためすべて廃車にすることとなりました。

▼車両全体の帳簿価格(減価償却費を差し引いたもの)はJRE分が118億円、JRW分30億円となり、あわせて148億円にのぼり、LED表示器などの部品の一部は再利用することとなるようです。損失分は今年度の決算に特別損失として計上する予定です。

Img_7027

▼廃車する車両を新造すると、一両3億円で計算すると、JRE分で288億円、JRW分で72億円、合計360億円もかかるそうです。気の遠くなる金額です。

▼現在、10編成が不足する中で、通常ダイヤの8割での本数で運転している北陸新幹線ですが、今後は上越新幹線用の新造中の5編成と予備の1編成を北陸新幹線にまわし、11月末までに東京・金沢間の「かがやき」「はくたか」の運転本数は通常ダイヤに戻す見込みで、今年度末までに東京・長野間の「あさま」を含めて元通りのダイヤに戻す計画です。

▼上越新幹線のE4系はもともと廃車の予定でありましたが、その代替車両のE7系を北陸新幹線にまわすこととなったため、引退予定のE4系は引退が伸びることとなりそうです。

▼もとはと言えば、浸水想定エリアに車両センターを設置したことが災いしたわけですが、6か所の車両センターの対策については、JREでは気象状況から浸水の予想がある場合には、事前に車両を退避させたうえで、計画運休を実施することを検討しているそうです。

▼車両センターのような広い敷地をターミナル近くに設置するためには、浸水想定エリアのような未利用地を活用するしかなく、今後も台風などの大雨によるリスクは、北陸新幹線のもならず、東海道新幹線など他の新幹線でもありうることでしょう。

▼大雨の際に、迅速に車両センターから車両を退避させることが可能かどうか。それが今後の課題だと思われます。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

2019年の車両展示は少し物足りないかな!?【きんてつ鉄道まつり2019】

▼高安会場を後にして、今度は五位堂会場へ。五位堂会場は、五位堂検修車庫で開催されています。鉄道まつりに合わせて臨時停車する急行に乗って参りました。毎年、五位堂会場での楽しみは、展示される車両の数々です。今年は次に紹介する車両が並びました。

▼阪神・近鉄相互直通運転開始10周年記念ラッピングの阪神1000系、田原本線100周年記念復刻塗装車(緑)の並び。

Img_7366

▼その隣は、同じく田原本線100周年復刻塗装車(赤)、志摩線90周年記念塗装車(三重交通バスの復刻塗装)。

Img_7362_20191024223801

▼そして、お馴染みのはかるくん。

Img_7365_20191024223801

▼様々なブログなどの写真を見ていると、10月19日だけでも、田原本線復刻塗装車のヘッドマークはいろいろ変えているようです。私が撮ったのは、赤い色の復刻塗装車に掲げられていた奈良線の特急表示です。今年の展示車両は一般車両ばかりで、特急車両がなく、少し華やかさに欠けるように思いました。

Img_7357

▼鉄道模型走行会では、来年春にデビュー予定の名阪特急の新型「ひのとり」がすでに模型化されて走行していました。模型化により、よりイメージがはっきりするようになりました。カラーは少し考えていたより、暗い色のようです。

Img_7381

▼プレミアム特急「しまかぜ」もあるよ。

Img_7388

▼車庫内では、これまたお馴染みの40トンクレーン実演。

Img_7404

▼電車と綱引きも今年もやってます。

Img_7425

▼床下ピット探検隊。

Img_7426

▼今日の最後は、高安会場のトラバーサー実演の動画で締めくくります。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

まずは、高安会場へ。【きんてつ鉄道まつり2019】

▼10月19日の土曜日に、雨を心配しながら、とりあえず、高安まで行きました。駅に着いたときは雨が降り始めました。どうしようかと思案していると、緑の2両編成がやって来ました。

Img_7293

▼「かぎろひ」ではありませんか!今回のきんてつ鉄道まつりでは、高安会場と五位堂会場と結ぶ乗車体験ツアーとして、「あおぞらⅡ」と「かぎろひ」が運転されました。しかし、「かぎろひ」の運転日は20日(日曜日)。この日はクラブツーリズムの貸切列車としてやって来たのではないかと思います。とりあえず、レアな車両に巡り合えてラッキーでした。

▼そうこうしているうちに、雨も止んだので、早速高安会場に向かいました。会場の高安車庫には約2週間ぶりの訪問です。10月4日に「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革ファンミーティング」に参加するため訪問したのでした。すでに、開場から1時間余りがたっていたので、かなりの人出があります。鉄道コレクションを買うため、長蛇の列ができていました。お目当ては、鉄コレ近鉄3000系でしょうか?

Img_7298_20191021205701

▼当方は最初からそういう買い物はあきらめているので、会場のイベントを見て廻ります。ほとんどのイベントは例年と変わりません。

Img_7322

▼今年の目玉は、来春運転が開始される名阪特急の新型「ひのとり」のPRブースでしょうか。新しいシートに座れる体験ができます。これも結構並んでます。

Img_7324

▼高安会場では、今回初めて、トラサーバーの実演を見学することができました。トラサーバーに乗っているのは、特急26000系ACEです。

Img_7311

Img_7317

Img_7319

▼今年からは、アーバンライナー運転台見学と洗車体験は事前にインターネットで予約抽選となりました。当日並ばなくていいですが、抽選に外れると見学ができません。

Img_7304_20191021210901
アーバンライナーの隣はあおぞらⅡです。

▼洗車体験に使用される車両は1400系です。行先表示は、「急行・白子」行きというレアな表示です。

Img_7332

▼運転台カットモデルもお馴染みの今はなき3000系と特急18200系です。

Img_7326

Img_7334
3000系の行先表示は準急新田辺

Img_7328

▼今年は奈良駅地下化、難波線開通、鳥羽線・志摩線直通運転開始の50周年ということで、その当時の写真が掲示されていました。

▼地下化される前の奈良駅は古風な駅舎です。今の近代的なビルとは大違い。

Img_7341

▼日本橋駅から難波駅を見たトンネル工事の様子。

Img_7338_20191021213401

▼宇治山田駅での志摩線の代行バス。今も残るバスの乗車場です。

Img_7343

▼なかなか興味深い写真を見せていただきました。この後、ドクターイエローのお弁当を買って、五位堂会場へ移動することにしました。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

 

| | コメント (2)

恒例の鉄道まつりに行ってきました。【きんてつ鉄道まつり2019】

▼恒例のきんてつ鉄道まつり2019に行ってきました。今年はいつもより一週間早い開催となりました。先週の台風、今週も雨の予報ということもあって心配しましたが、高安会場、五位堂会場ともなんとか晴れ間が出ました。

Img_7374

▼いつも鉄道まつりで楽しみにしているのは、展示車両です。今年の展示車両は、あらかじめ予告されていた「阪神・近鉄相互直通運転開始10周年記念車両車」の阪神1000系のほか、田原本線100周年復刻塗装車、志摩線90周年復刻塗装車などが展示されました。

Img_7362

▼今年の展示車両は特急が1台もなく、少し寂しい展示となりました。はかるくんは常連の展示車両となりました。

Img_7365

▼それ以外の展示、イベントは毎年とそれほど変わりはありませんでした。しかし、参加型のイベントである「あなたも運転士!『出発進行!1』」、「あなたも車掌!『扉よし!!』」、「駅名ビンゴ大会」、「アーバンライナー運転台見学」、「洗車体験」はインターネット抽選になりました。そんな中、鉄道コレクション(近鉄3000系)、オリジナルハイチュウは当日の販売で、長蛇の列が出来ていました。

▼高安会場のグッズ販売も買うためには長い列に並ばないといけません。

Img_7298

▼とにもかくにも、秋の恒例行事であるきんてつ鉄道まつりには今年も何とか参加することができました。次回からは高安会場、五位堂会場のそれぞれのリポートをアップしていきたいと思います。

Img_7304

▼終わりに、動画で鉄道まつりのダイジェスト版をお届けしましょう。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

 

| | コメント (2)

まぁまぁのバリエーションです。天下茶屋での観測。今回は南海線。【南海電鉄】

▼先日は、久しぶりに南海電鉄の素材の収集目的のため、天下茶屋駅で南海線の撮影会。

Img_2723
特急サザン、10000系

▼最初なんば駅から撮影を始めましたが、なんば駅ではホームの端に柵が設けられ、撮影が困難に。鉄道ファンの立ち入りを制限するためみたいです。そこで、今宮戎駅に移動。

▼しかし、午後の時間だと逆光になるため、あまりいい画が撮れません。そこで、天下茶屋駅に再び移動。西端の何河川上り線ホームで撮影開始。

▼特急サザン、ラピート、関空急行、急行、普通の4種類が代わるがわるやってきます。まずは、関空急行の1000系。インバータの音がいい感じです。

Img_2695
1000系関空急行

▼続いては、2000系、南海線では普通で運用されています。4両編成という短編成です。2ドアだし。。。

Img_2697
4両編成の2000系

▼再び、関空急行。今度は8000系です。関東のJRや東急などと側面の規格は共通。総合車両製作所製は、ドアが素のステンレスですが、近畿車輛製の8300系のものは、ドアが化粧板付きに変更されています。

Img_2708
1次車、8000系かな?

▼普通でやって来たのは、1000系。乗り心地はこの系統が一番いいと思います。

Img_2712

▼上りホームには、こんな車両がやって来ました。泉北高速で運用されていた3000系。先頭車両の泉北高速のマークは外されていて、跡が残っています。

Img_2715
泉北高速のマーク跡と車番跡が見えます。

▼続いてやって来たのは、特急プレミアム・サザン。12000系です。10000系とは前面の感じがだいぶ異なります。プラズマイオン発生器で車内の空気が清浄されています。

Img_2721

▼下りの特急サザン。こちらは10000系。昭和61年にローレル賞を受賞しています。

Img_2724

▼南海線の特急は和歌山方に座席指定の10000系、12000系を、なんば方には普通車の1000系、7100系、8000系などが連結され、格差が目立つ編成となっています。

▼近鉄ほどではないですが、さすが日本最古の私鉄であるので、車両のバリエーションはかなりあります。1時間ほどでも、かなりの車両を撮影することができます。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

幸せを運ぶ、きんてつの吊り革ファンミーティングに参加して。【最終回】

▼幸せを運ぶ、きんてつの吊り革ファンミーティングにお誘いいただき、近鉄の高安車庫に出向きました。なかなか興味深い裏話が聞けて良かったです。今回は、そのスピンオフともいうべき新しい企画についても触れたいと思います。

Img_7273

▼それは、百舌鳥・古市古墳群が世界文化遺産に指定されたのを記念して、運転を開始した「こふん列車」です。近鉄南大阪線、吉野線、長野線、御所線では、「こふん列車」を7月28日から運転を開始しました。使用車両は6020系1編成。

Img_7272

▼列車の外装が古墳をイメージしたイラストをラッピング。車内には埴輪をイメージした吊り革が取り付けられています。その吊り革をこのミーティングでは持ってこられました。

https://www.kintetsu.co.jp/all_news/news_info/huruichikohun.pdf

▼なかなかかわいい吊り革です。埴輪がチャーミング。まさに、幸せを運ぶ、きんてつの吊り革からスピンオフした企画とも言えますね。

▼その後、レアな吊り革をファンミーティングの参加者が自ら取り付けさせていただきました。私は1本しかないゴールドの金運紹運の吊り革を取り付けさせていただきました。参加者でそれぞれ好きな吊り革を選び取り付けました。

Img_7277

▼ファンミーティングでは、参加者から質問や今後の希望なども出ました。つり革はいくらくらいかかるのかとの質問には、1本当たり数万円以上、本数が少ない吊り革は十数万円かかるらしいとういう回答でした。

Img_7270

▼面白かったのは、つり革を近鉄のレアな車両で作ると子どもたちが喜ぶのではないかとか、つり革のキーホルダーを売り出したらどうかとの意見も出ました。イベント終了後、つり革の設置された線区などの実績を発表してはどうかとの意見も出ました。

▼普通はそれぞれ違う車両で吊り下げられている吊り革が今回は勢揃いしました。これはもう、今後もないレアな光景です!

Img_7280_20191010212001

▼ファンミーティングの最後に、参加者へのお土産として、非売品のタオルとスマホリングをいただきました。

Img_7284

▼非売品のタオルです。

Img_7287

▼スマホリングです。

Img_7289

▼面白い企画ではありましたが、あいにく平日の午前中ということもあり、この日の参加者は3名でした。。。せっかくの面白い企画なのに残念ではありました。しかし、今後もめげずに、岩本課長と岩本主査さんには、いろいろなファンミーティングなどの企画を出していただき、またお誘いくださることを待ってます!お土産ありがとうござました!

▼さて、来週末は、恒例の「きんてつ 鉄道まつり」です。また、五位堂、高安でお会いしましょう!

Img_7231
鮮魚列車に会いました。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

この時間ならレアな車両にダブルで出会えます。【鮮魚列車、しまかぜ】

▼幸せを運ぶ、きんてつの吊り革ファンミーティングに参加するため、近鉄高安駅で下車。集合時間までまだ少し時間があるのでプチ撮影。高安車庫が近いので、入れ代わり立ち代わり、いろいろな車両が行き交います。その中で、レアな車両が入庫と出庫でランデブー。

Img_7235

▼3編成しかないプレミアム特急「しまかぜ」が大阪難波へ向け、待機中。そして、朝のお務めを終えた鮮魚列車が大阪上本町から回送で送られてきました。ちょうど10時10分くらいです。

Img_7232

▼普通ではなかなか見れない光景です。こんな光景に出会えただけでも、吊り革のファンミーティングに参加した意味はありました。先日からリポートしているとおり、この後、「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革ファンミーティング」に参加するため、高安車庫へ向かいました。

Img_7240_20191009215701

▼最後に動画をアップして、今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

これからもあり得ない4種類の吊り革の勢揃い。【幸せを運ぶ、きんてつの吊り革ファンミーティング】

▼先週開催された「幸せを運ぶ、きんてつの吊り革ファンミーティング」に参加した模様をお伝えしていますが、今回で3回目。今後もあり得ない4種類の吊り革が勢揃いしたワケはまたあとで説明するとして、まずは前回に続いてのリポートを続けます。

Img_7280
見ることは不可能な4種類の吊り革が勢揃い。

▼それぞれの吊り革の本数の意味について説明を受けたあと、クイズタイムになりました。

Img_7257

▼まず第1問。吊り革の設置本数の多い順についての質問です。

Img_7258

▼答えは、前回の記事で書いたとおり。①、④、②、③の順です。

▼第2問。4種類の中で1番多い合格祈願吊り革の遭遇率は何%?

Img_7260

▼正解は、③、0.05%。根拠は、近鉄の電車の吊り革が全部で16万本。そのうち合格祈願の吊り革は77本。

※したがって、77÷160000=0.05%となります。

▼第3問。一番歴史の古いものはどれ?

Img_7262

▼正解は、①。当初は、平成27年度に合格祈願の吊り革からスタートしたそうです。吊り革には今のようなダルマは付いていなかったそうです。

▼第4問。合格祈願吊り革が初めて設置されたのは、どの線区?

Img_7264

▼正解は、④。信貴山朝護孫子寺に協力をいただいて始めたため、ふもとの生駒線でのみ実施されました。

▼第5問。吊り革を重い順に並べてください。これは難しい!?

Img_7262

▼正解は、④開運招福、②恋愛成就、③金運招福、①合格祈願の順です。根拠は、開運招福の吊り革は木製で大きさも一番大きく、重くなっています。2番目からはあまり差がないように思えて、難しいです。

▼第6問。この企画に協力いただいている社寺の数は?

Img_7268

▼正解は、③。これも結構難しい。安倍文殊院、金峯山寺吉野脳天大神、西大寺、信貴山朝護孫子寺、総本山長谷寺、達磨寺、東寺、道明寺天満宮の8社寺。このうち、信貴山朝護孫子寺、東寺は、2種類の祈願、招福があります。

▼パンフレットを見ていましたが、わかっているようで、わかっていなかった。なかなかの難問でした。

▼続いて、近鉄の岩本主査から、新しい吊り革の企画について説明がありました。

Img_7271

▼そのお話については、次回でアップします。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

吊り革の誕生秘話について。【幸せを運ぶ、きんてつの吊り革ファンミーティング】

▼幸せを運ぶ、きんてつの吊り革ファンミーティングについての2回目です。

Img_7237

Img_7241

▼電車にはすでにスタッフと一緒に、なんとお坊さんがお二人が待っていらっしゃいました。なんでも、この吊り革のイベントは沿線の寺社協力を得て実施しているため、そのうちの長谷寺から執事の伊藤さんともう御一方瀧川さんというお坊さんが特別に参加されていました。伊藤さんからは長谷寺がこのイベントに参加した経緯について語られました。瀧口さんはお寺のインスタグラム担当だそうです。

Img_7251

▼長谷寺は真言宗豊山派の総本山で、牡丹で有名な寺院です。長谷寺の御本尊さまは十一面観世音菩薩さまで、もともと縁結びの仏様であったので、このイベントでは恋愛成就の寺院として協力することになったそうです。

▼近鉄の営業企画部の岩本主査の押しの強さで、長谷寺に企画をもって来られ、寺務長さんが興味を示したことから、長谷寺が参加するようになったこと、当初は合格祈願のみの企画であったが、長谷寺から新しいものを始めようと勧められ、他の吊り革の企画も始まったことなど、なかなか普通では聞けない裏話が語られました。

▼再び、近鉄の岩本主査から、それぞれの吊り革の形の意味などについて説明がありました。

Img_7247

▼合格祈願の吊り革の吊り輪の形は合格と五角をかけていること、恋愛成就の吊り革の吊り輪は当然、ハート形であること、開運祈願の吊り革の吊り輪は幸運の四葉のクローバーの形であること、金運紹運の吊り革の吊り輪は金ということでゴールドの色をしていることが説明されました。

▼次にそれぞれの吊り革の設置本数にも意味があることが語られました。合格祈願の吊り革はダブルラッキーセブンの意味から77本、恋愛成就の吊り革は割り切れない、二人の関係が切れないという意味から3本、開運招福の吊り革は四葉のクローバーの意味から4本、金運紹運の吊り革は千載一遇の意味から1本になっているそうです。

Img_7254

▼なかなか面白い話が続く中で、今度はクイズコーナーの時間になりました。次回はその模様を紹介したいと思います。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

ファンミーティングのお誘い。【幸せを運ぶ、きんてつの吊り革】

▼わがブログに1通のコメントが入りました。それは、近畿日本鉄道からのファンミーティングへの参加のお誘いでした。毎年恒例になった「幸せを運ぶきんてつの吊り革」のイベント関連でのクローズドなミーティングだそうです。半信半疑ながら返信をし、当日を迎えました。近鉄大阪線高安駅西口に集合。鉄道まつりでいつもお邪魔している高安車庫へと案内されました。

Img_7240

▼わがブログでは過去2年の吊り革イベントで出会った吊り革を紹介してきたので、これを見てのお誘いであったようです。

2019年1月の記事:http://kumoha313.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-a5f0.html

2018年2月の記事:のhttp://kumoha313.cocolog-nifty.com/blog/2018/02/post-95b2.html

▼高安車庫の会議室に通され、ヘルメットを装着して、つり革のある電車へと案内されました。今回イベントに使用された車両は1430系の2両編成のうち1両です。近鉄社員の方に案内されて車庫内の電車へ。途中、さすが鉄道会社の社員。たとえ営業部門の社員と言えども、線路を横切る際は指差呼称を励行されています。今回イベントに使用された車両は1430系の2両編成のうち1両です。

Img_7238
12200系特急車両の脇を通ります。

Img_7239
イベントに使用される1445Fです。

▼電車の中に入って、近畿日本鉄道営業企画部の岩本課長さんから挨拶を受け、司会進行の同じく営業企画部主査の岩本英里佳さんから今日のファンミーティングの流れについて説明がありました。

Img_7243

Img_7246

▼車両に入って間もなく気が付いたのは、すべての吊り革が展示されていること。

Img_7248

▼さらに、ロングシートのドアからドアまでの間すべて恋愛成就の吊り革が付けられていました。

Img_7256

▼岩本主査からは、この吊り革のイベントが、いつも利用してくれるお客様への感謝の気持ちと沿線神社仏閣の紹介をあわせて行う趣旨で始められたこと、記念乗車券の発売についても説明がありました。

Img_7249

▼この吊り革は車庫のメンテナンスをおこなっている部門の社員が直接手掛けて製作しているそうで、車両が車庫に点検で入る際にあるローテーションで吊る場所を替えていっているそうです。

▼次もファンミーティングについてご紹介します。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2)

«いよいよ、2020年3月14日デビュー!【近鉄新型名阪特急ひのとり】