観光特急「しまかぜ」の利用者が100万人突破。

▼近畿日本鉄道は、観光プレミアム特急「しかまぜ」の利用者数が9月15日で100万人を達成したと発表しました。近鉄ニュースリリース

Cimg7171
賢島に停車中の「しまかぜ」

▼2013年3月21日に大阪難波及び近鉄名古屋・賢島間で運転を開始。翌2014年10月10日からは京都・賢島間でも運転を開始し、大阪、京都、名古屋の3か所から賢島へのプレミアム特急が出そろいました。

Cimg7175
大阪、名古屋からの2編成の「しまかぜ」@賢島駅

▼利用者が100万人を達成した9月15日には「しかまぜ」車内で「100万人達成記念特別デザイン」の記念乗車証を配布したそうです。

▼「しまかぜ」はその命名理由として、「志摩に吹く風の爽やかさをイメージ」。コンセプトは「乗ること自体が楽しみとなる列車」。6両編成の両端はハイデッカーを連結、1基100万円もするマッサージ器付きの豪華な座席。2階建てのカフェ車両など、18両で約51億5千万円の投資額を投入しています。

Cimg7109
運転席から覗いた客席

▼2014年9月には鉄道友の会から「ブルーリボン賞」を受賞しています。受賞を記念してしばらくはブルーリボン賞のラッピングが運転席側面に貼られてました。


▼利用者10万人達成が2013年10月5日、利用者50万人達成が2015年9月1日と順調に利用者数を増やしてきました。その間、吉野観光の特急「青の交響曲」が2016年9月に運行を開始し、1年が経ちました。こちらも好調で8月末現在で延べ約7万1千人を超えたそうです。近鉄のプレミアム観光特急路線はどうやらヒット商品になったようです。

Img_5518
「青の交響曲」@吉野駅

▼JR各社では、九州の「ななつ星」、西日本の「瑞風」、東日本の「四季島」など豪華なプレミアム列車を次々デビューさせてきましたが、私鉄でも、プレミアム列車の投入は流行になってきているようです。私鉄の雄、近鉄はそのリーダー格と言えるでしょう。今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「きんてつ鉄道まつり2017」が今年も開催ですが・・・

▼近畿日本鉄道は、9月5日、「きんてつ鉄道まつり2017」の開催を発表しました。10月28日(土)、29日(日)に五位堂検修車庫と高安車庫で、11月11日(土)、12日(日)に塩浜検修車庫で開催されます。昨年と同様、秋にまとめての開催となりました。「きんてつ鉄道まつり2017」

Img_2907
きんてつ鉄道まつり2015

▼五位堂、高安会場では例年どおり、参加型のイベントや40tクレーンの実演、車両機器・制御機器などの展示、鉄道模型走行会、車両写真撮影会が予定されています。新たなイベントとしては、五位堂会場では、「なごやめし」キッチンカー、鉄道運転シミュレーター携帯アプリ「Train Drive ATS 3 近鉄奈良線」の紹介などが追加されます。

▼高安会場の新イベントとしては、「ビスタカー」の2階建て部分の車両展示、「名古屋おもてんなし武将隊」の演武、名古屋アイドルユニット「OS☆U」のライブ、名古屋市マスコットキャラ「はち丸」によるクイズ大会などがあります。

Img_0757
きんてつ鉄道まつり2014

▼塩浜会場では、ほせん・でんきコーナー、「なごやめし」キッチンカー、 鉄道運転シミュレーター携帯アプリ「Train Drive ATS 3 近鉄奈良線」の紹介などが新イベントとなります。

▼昨年の「きんてつ鉄道まつり2016」は都合がつかず不参加でしたが、2017年はどうしようか迷ってます。昨年は五位堂会場の撮影会の車両がいまいちだったようで、今年はどうでしょうか。

Img_0725
きんてつ鉄道まつり2014での両会場を結ぶ「楽」

▼高安への急行の臨時停車は例年どおりです。五位堂と高安を結ぶ団体専用列車「楽」乗車体験ツアーも開催が予定されています。

▼塩浜会場は、名古屋方面のファン向けのイベントですが、行ったことはないので、どのくらいの規模なのかわかりませんが、遠いしまず行かないかなぁ。

▼何年か行っているとマンネリ化するので、2017年は10月15日(日)開催の京阪電鉄の「ファミリーレールフェア2017」 か、11月3日(祝)開催の阪神電鉄の「はんしんまつり2017」に行ってみようかと思案中です。最後に「きんてつ鉄道まつり2015」の動画をご紹介して終わります。今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうとう大阪環状線103系が勇退。10月3日に営業運転終了。

▼9月5日のJR西日本のホームページに大阪環状線103系の勇退が発表となりました営業運転の終了予定日は10月3日火曜日です。JR西日本ニュースリリース

Img_1073
103系高運転台@玉造駅

▼103系引退スペシャルムービー「LOOP大阪環状線」によると、路線距離は21.7km、運行開始1969年、総走行日数17,464日、総走行距離約9億5千万km。約48年間にわたりオレンジ色の103系は走り続けましたが、まもなく営業運転を終了します。

▼「OSAKA POWER LOOP」のラッピング車は9月中に引退し、最後まで運転されるのはオレンジ色の103系1編成のみとなります。

Img_1076
103系ラッピング車@玉造駅

▼10月をもって大阪環状線からは103系が姿を消しますが、あとは、大和路線、奈良線、播但線などでまだ約170両が運転されており、まだすべてが姿を消すわけではありません。

Img_2623
奈良線の103系@京都駅

Cimg2795
大和路線の103系@天王寺駅

▼阪和線では、かろうじて、羽衣線で3両編成の103系が運用されています。

Img_1026
羽衣線の103系@鳳駅

▼一方、昨年12月にデビューした後継車両の323系は順調に数を増やしており、大阪環状線内では323系の姿を見ることが多くなりました。

Img_6070
103系の後継車両323系@天王寺駅

▼なお103系の引退日は、型式数字の103にちなんで10月3日にしているそうです。なんとも、遊び心のある引退日です。ただし、当日は混乱を防ぐために 営業運転の最終列車の運転時刻の発表はありません。

Cimg2412
1枚窓の103系@玉造駅

▼最後に、JR西日本のホームページで公開されているスペシャルムービーをご紹介して終わります。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

運転開始から70周年!【近鉄特急】

▼近鉄特急は、1947年10月8日に、大阪上本町から名古屋間で我が国の民鉄で初の座席定員制の有料特急の運転を開始して、今年で70週年だそうです。ちなみに、当時は上本町から名古屋までの直通運転ではなく、伊勢中川で乗換が必要でした。なぜなら、上本町から伊勢中川までは標準軌ですが、伊勢中川から名古屋までは狭軌だったからです。近鉄・ニュースリリース

Img_5403

▼特急運転70周年を記念して、近鉄では様々なキャンペーンを実施します。1つは、「アーバンライナー・ネクスト」「アーバンライナー・プラス」に記念ロゴを掲出します。2つ目は記念セレモニーの実施です。3つ目は、記念ツアーの実施。4つ目は記念グッズの発売。5つ目は、大阪・名古屋間をチケットレスで乗車したお客に抽選でプレゼントを進呈するそうです。

Img_2842
アーバンライナー・ネクスト&かぎろひ@高安駅

▼ 特急運転開始60周年でも同様のキャンペーンがありました。そのときもアーバンライナーには記念ロゴが掲出されました。近鉄特急60周年サンクスキャンペーン

Cimg0436s
アーバンライナー・ネクスト@近鉄名古屋駅

▼10年前のキャンペーンでは、「アーバンライナー・ネクスト」「「伊勢志摩ライナー」へのロゴマークとイラストが掲出されていました。ロゴマークはイラストレーターの黒田征太郎の作でした。そのほかのイベントは、「臨時名阪特急」の運転と無料招待、「還暦お伊勢参り」への無料招待、記念グッズの発売、スルッとKANSAIカードの発売でした。

▼それに比べると、70周年のロゴマークは高名なデザイナーには依頼していないようです。記念セレモニーでは、中川家礼二や南田裕介等の鉄タレントなどがゲストで出演します。そのゲストとともに記念ツアーで名古屋まで行きます。

▼記念グッズについては、60周年では、アーバンライナー・ネクストのプラレールや2250系鉄道コレクションの発売がありました。今回は、ピンバッジセット、キーホルダー、スポーツタオル、オリジナルハイチュウの発売となります。

Cimg2384
天皇陛下の乗車されたお召し列車@大阪上本町駅

▼60週年記念と70周年記念では、イベントにだいぶ差があります。ICカード全盛時代の今回はスルッとKANSAIカードの発売はありません。スルッとカードは間もなく廃止となります。この10年で切符にも大きな変化がありましたね。

▼おしまいは、今里駅で撮影した近鉄特急の動画をご紹介して終わります。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

プレミアムカーとダブルデッカーとどちらが好きですか?【京阪特急プレミアムカーデビュー】

▼8月20日に、京阪の特急「プレミアムカー」がデビューしました。そこで、撮影に出かけてみました。

Img_6160

▼まずは、淀屋橋駅へ。プレミアムカーは淀屋橋方から3両目に連結されています。そこには、プレミアムカーの予約状況が一目でわかる表示板は掲示されています。4本先まで予約状況がわかります。日曜の昼間は、淀屋橋発が10分、20分、40分、50分発が8000系のプレミアムカーの編成です。0分、30分発は3000系が運用されていますので、プレミアムカーはありません。

Img_6148

▼15時過ぎに出かけたので、京都観光へ出かける人は少ないので、比較的余裕で座席を予約することでできそうです。直近にならないと座席は埋まらないように感じました。

▼プレミアムカーの出入り口は豪華なゴールドで縁どられています。通常の8000系車両は2か所のドアがありますが、プレミアムカーは1つです。

Img_6146

▼場所を北浜駅に移動しました。淀屋橋駅ではなかなか人が多くて、先頭車や側面の撮影ができないので北浜ならできそうなので行ってみました。しかし、ホーム一杯に列車が停車種するので、撮影には不向きな駅です。
とりあえず、足元のプレミアムカーの乗車位置のプレートを記録しました。

Img_6151

▼こんどは、地上に出て走行写真を撮影することにしました。いつもお馴染みの古川橋へ行ってみました。出町柳方面のホームの大和田方で撮影することとしました。ここは、5月の連休にも訪れて撮影した場所です。

Img_6185

▼この辺りのダイヤは、上り下りとも特急、準急、普通の3種別の繰り返しです。特急及び準急は淀屋橋発出町柳行き。普通は中之島発枚方市あるいは萱島行きです。萱島方面への普通がやって来ると、淀屋橋行きの特急と被るのでちょっと撮影には不向きです。出町柳行き特急はきれいに撮れます。

▼爆走する特急のプレミアムカーを撮影するのは難しいです。側目はかろうじてこんな程度ですが記録しました。

Img_6198

▼さて、今後プレミアムカーは定着するでしょうか。秋の紅葉シーズンがまずは試金石になりそうですね。京阪では、このプレミアムカー以外に朝の枚方市発と樟葉発京橋までのノンストップ運転の特急を各1本運転するようになりました。しかも全座席が指定となって300円が別途必要になります。(プレミアムカーは400円です。)これもゆっくり座って通勤したいというニーズに応えたものですが、評判はどうなんでしょうか。

▼最後に、プレミアムカーの動画をご紹介して終わります。今日はこの辺で。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

陽炎の中で「しまかぜ」もゆらゆら。【近鉄今里駅】

▼お盆も過ぎたというのに、残暑が厳しい今日この頃。今回は一度行ってみたかった近鉄今里駅に赴きました。

▼今里駅は鶴橋から布施の間にある駅で、普通しか停車しません。しかし、大阪線と奈良線が並行して走るので、撮影ポイントしては有名です。大阪線と奈良線の列車がひっきりなしに通過して行き、少しの時間で、効率的に撮影を行うことができます。陽炎の中をプレミアム観光特急「しまかぜ」がやって来ました。

Img_6108
陽炎の中の「しまかぜ」

▼ちょうど、名古屋や伊勢志摩方面へ向かう特急が集中する時間でもあるので、優等列車もいろいろ撮れました。しかし、朝から猛暑で、ズームで撮ると陽炎の中で、列車はゆらゆら。

Img_6139
花園車庫からの送り込み回送の12200系

▼複々線で大阪線、奈良線の列車が並んで走るので、なかなか壮観な眺めです。4線ともそろって並んで走るところを撮ってみたいところですが、それはなかなか難しい。今回はなんとか3線が走っているところを撮ってみました。左は奈良線の3200系。真ん中は大阪線の5200系。右は奈良線の9820系。

Img_6129

▼次に鳥羽行きの特急がやって来ました。30000系と後ろは旧塗装の12200系。

Img_6118

▼22000系+22600系が役目を終えて奈良線を通って花園車庫へ。

Img_6125

▼最後は陽炎のゆらゆらのないまともな写真で締めましょう。旧塗装の22600系です。大阪上本町行き特急、前は22600系の新塗装車。今日はこの辺で。

Img_6144

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

国鉄型のアレはもういないのでしょうか。【JR天王寺駅】

▼久しぶりにJR天王寺駅に行ってみました。まずは、大阪環状線のホームへ。寺田町駅方のホーム端で撮影。

Img_6070
大阪環状線外回りの323系

▼着実に323系は増えているようです。撮影中、大阪環状線の車両は323系ばかり、たまに201系がやって来ます。

Img_6080
大阪環状線外回りの201系

▼323系と201系のほかは、関空快速・紀州路快速の223系・225系、あるいは大和路快速の221系ばかり。国鉄時代の旧型車両はほとんど駆逐されたように感じられます。

Img_6077
関空快速・紀州路快速天王寺止め

▼103系はまだいるようですが、目にするのは稀になってきました。ユニバーサルスタジオジャパンのラッピング車が103系高運転台車で運用されているみたいですが・・・

Img_6091
大和路快速天王寺止めの221系

▼次に阪和線のホームに向かいました。ここからは休日などは普通、区間快速などが発着します。ここでも、103系はみることはできません。223系、あるいは225系5100番台がほとんど。偶然見ることができた旧型車両は205系のみです。しかも、阪和線仕様の1000番台ではない205系です。

Img_6088
発車を待つ熊取行き普通の205系

▼いよいよ大阪環状線や阪和線からは国鉄型車両はなくなりそうです。一方で、特急「くろいお」では、白浜アドベンチャーワールドの開園40周年を記念して、「パンダくろしお」が8月5日から運転が開始されました。287系の前面にはパンダの顔がラッピングされて、車体側面や車内のデッキとの仕切りドア、座席にもラッピングが施されています。
「パンダくろしお」

Img_6097

▼ヘンテコな車両も出てくる一方で、消える車両も。最近のJR天王寺駅界隈でした。今日はこの辺で。

Img_6069
323系と225系

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2層からなるホームがある珍しい駅。【近鉄布施駅】

▼今回は、近畿日本鉄道の布施駅に行ってみました。この駅は1階がショッピング街、2階が改札口、3階が大阪線ホーム、4階が奈良線ホームとなっている珍しい駅です。大阪線、奈良線とも島式1面2線のホームですが、通過線があります。

Img_6041
回送の30000系が停車するため、待避線に

▼奈良線は実はこの布施駅を起点に奈良までが奈良線。大阪難波から大阪上本町までは難波線、大阪上本町から布施までは大阪線というのが、正式な路線。したがって、奈良線は布施までは大阪線の上を走っていることになります。実際は、複々線で大阪線と奈良線は分離されていて、物理的にも別の線のように思えますが。

Img_6044
回送の30000系は、追い越し線の通過列車を待ちます。

▼今回は、3階の大阪線ホームで撮影をしてみました。日曜日の夕方ですがダイヤは高密度で、ひっきりなしに列車が往来します。特急も沢山やって来て飽きません。

▼阪伊の乙特急は一部この布施駅に停車します。その特急が偶然やって来ました。

Img_6018
布施停車の特急・大阪上本町行き

▼大阪難波行きの特急は布施を通過して行きます。

Img_6046

▼大阪上本町への送り込みの回送列車が布施を通過して行きます。この編成は2410系+5200系の6両編成でした。大阪上本町方の2両は2410系。

Img_6037

▼その後ろは5200系4両。転換クロスシートの長距離仕様。

Img_6039

▼一部の除く特急、快速急行以外は、すべて停車する布施駅。快速急行は朝夕などの一部の時間を除いて運転がないため、一般列車では急行が最速の列車ということになります。それ以外は区間準急という停車駅の多い種別が布施を停車する優等列車ということになります。

Img_6064
急行・大阪上本町行き

▼最後は、恒例の動画です。今回は高密度で運転される特急列車を撮ってみました。今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

複雑なポイント、目まぐるしく行き交う列車。【近鉄大和西大寺駅】

▼近鉄奈良線の石切駅でトンネルから出てくる列車を撮影した後、大和西大寺駅に移動しました。ここで、名物の複雑なポイント、目まぐるしく行き交う列車を撮影しました。

Img_6006
回送の8810系

▼大和西大寺駅は、奈良線、京都線、橿原線の3路線の集まる駅で、神戸三宮、大阪難波から近鉄奈良へ向かう列車、近鉄京都から奈良へやって来る列車、大和西大寺から橿原神宮前に向かう列車がひっきりなしに交差します。また、大和西大寺駅始発の列車も多くあり、ダイヤは複雑を極めます。

Img_5996
3220系と3200系(右)

▼奈良線、京都線の車両はもちろん、特急も汎用型から伊勢志摩ライナーや「しまかぜ」まで様々な特急も発着します。珍しいことでは、京都線は京都市営地下鉄烏丸線と相互乗り入れを行っているので、地下鉄の10系がやって来ることもあります。地下鉄の10系は京都・奈良間の急行で運用されます。

▼写真の3200系は、大阪難波行きの区間準急の運用で奈良線を往復していますが、この車両は元々地下鉄烏丸線との乗り入れ用に開発された車両で、3220系と同様、烏丸線でもよく見ることができます。

Img_6008
大阪難波行き区間準急として入線する3200系

▼夕方のラッシュアワー前のホームですが、この時間でも、かなりの列車が行き交い退屈することはありません。ホームの奈良方から東側を見ると奈良線、橿原線、車庫への線と複雑に絡み合いなかなか面白いポイントの配線を見ることができます。

▼今回の最後は西大寺駅の行き交う列車の動画をご紹介しておしまいです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

阪奈間の長いトンネルを往来します。【近鉄奈良線石切駅】

▼今回は、近畿日本鉄道、奈良線の石切駅に行ってみました。子供の頃は石切神社に参拝に連れてきてもらったり、大人になってからは通勤で通過したりしている駅ですが、撮影に訪れたのは初めてです。

▼奈良線は瓢箪山駅を越えると、生駒山の山腹を南から北へ最高35.7パーミルで上がって行き、新生駒トンネルに入って、生駒駅に到着します。まるで登山鉄道のような急勾配を上がっていき、夜は大阪平野のすばらしい夜景が見られる路線でもあります。

Img_5979
上下線の交換風景(9820系(左)と珍しい9200系)

▼石切駅を出るとすぐにトンネル入ります。このトンネルは約3.5キロの長さがあり、ストップウォッチで計測すると3分で通過したので、70キロで通過していることが分かります。

Img_5954
石切駅からトンネルを望む

▼石切駅では、特急、快速急行以外はすべて停車し、パターンとしては、昼間においては普通が待避線に先着し、区間準急、急行が本線に到着し普通を追い抜くというダイヤです。

▼ホームはトンネルに向かって、右カーブでかなり曲がっており、カントがきつく、乗降には注意が必要です。

Img_5973
きついカントのホーム

▼急行は奈良線内での運用のみで、阪神なんば線に乗り入れないので、主に8000系などの形式車種が運用されています。阪神なんば線に乗り入れる型式車種は、バラエティに富んでおり、シリーズ21の9020系、9820系、1020系、1230系、5800系などが運用されています。

Img_5976
トンネルを出て石切駅に到着する9820系

Img_5992_2
石切駅を通過する快速急行の1020系

▼速度としては、JR岸辺駅に比べると遅く、70キロから80キロ程度で通過していくので、迫力はそれほどでもありません。この駅の楽しみは何といってもバリエーションが豊かな車種を撮れることでしょうか。

Img_5960
阪神の9000系

▼奈良線、京都線の共通運用の3200系も見られます。この車種は京都市営地下鉄乗り入れ用に開発された車両なので、この奈良線以外にも、京都の地で乗ることができるのは不思議な気がします。

Img_5983

▼最後に、動画をご覧いただき、今回は終わります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«SL北びわこ号回送に遭遇。ぶらりJR岸辺駅撮影。