阪奈間の長いトンネルを往来します。【近鉄奈良線石切駅】

▼今回は、近畿日本鉄道、奈良線の石切駅に行ってみました。子供の頃は石切神社に参拝に連れてきてもらったり、大人になってからは通勤で通過したりしている駅ですが、撮影に訪れたのは初めてです。

▼奈良線は瓢箪山駅を越えると、生駒山の山腹を南から北へ最高35.7パーミルで上がって行き、新生駒トンネルに入って、生駒駅に到着します。まるで登山鉄道のような急勾配を上がっていき、夜は大阪平野のすばらしい夜景が見られる路線でもあります。

Img_5979
上下線の交換風景(9820系(左)と珍しい9200系)

▼石切駅を出るとすぐにトンネル入ります。このトンネルは約3.5キロの長さがあり、ストップウォッチで計測すると3分で通過したので、70キロで通過していることが分かります。

Img_5954
石切駅からトンネルを望む

▼石切駅では、特急、快速急行以外はすべて停車し、パターンとしては、昼間においては普通が待避線に先着し、区間準急、急行が本線に到着し普通を追い抜くというダイヤです。

▼ホームはトンネルに向かって、右カーブでかなり曲がっており、カントがきつく、乗降には注意が必要です。

Img_5973
きついカントのホーム

▼急行は奈良線内での運用のみで、阪神なんば線に乗り入れないので、主に8000系などの形式車種が運用されています。阪神なんば線に乗り入れる型式車種は、バラエティに富んでおり、シリーズ21の9020系、9820系、1020系、1230系、5800系などが運用されています。

Img_5976
トンネルを出て石切駅に到着する9820系

Img_5992_2
石切駅を通過する快速急行の1020系

▼速度としては、JR岸辺駅に比べると遅く、70キロから80キロ程度で通過していくので、迫力はそれほどでもありません。この駅の楽しみは何といってもバリエーションが豊かな車種を撮れることでしょうか。

Img_5960
阪神の9000系

▼奈良線、京都線の共通運用の3200系も見られます。この車種は京都市営地下鉄乗り入れ用に開発された車両なので、この奈良線以外にも、京都の地で乗ることができるのは不思議な気がします。

Img_5983

▼最後に、動画をご覧いただき、今回は終わります。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SL北びわこ号回送に遭遇。ぶらりJR岸辺駅撮影。

▼先週に引き続き。JR岸辺駅にて撮影。JR貨物の吹田駅での入換作業も見れました。通過する新快速、快速も見れました。130キロの通過は迫力あります。EF510形の入換も見れました。

Img_5937

▼普通の321系や207系も見れました。

Img_5932

▼今回はゲリラ豪雨もなく、曇り空でしたが撮影は容易にできました。今回は動画を主に紹介。SL北びわこ号の回送にも遭遇しました。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

突然のゲリラ豪雨に遭遇。【JR岸辺駅】

▼最近JRを撮影していないので、岸辺駅にでも行ってみようということに。なぜなら、ここは東海道本線の往来や吹田貨物駅の機関車の入換作業も撮れるからです。

Img_5874
車庫入れの回送「こうのとり」

▼吹田駅から千里丘駅までの間は、旧の吹田操車場が廃止され、コンテナ貨物の駅に生まれ変わりました。余った土地は現在再開発のため、建設が真っ最中。国立循環器病センターや吹田市民病院が移転の予定です。また、マンションの建設も計画されており、吹田操車場はすっかり変わってきています。

Img_5883
入替作業中のEF210形「桃太郎」

▼この駅に停車するのは、京都と須磨・西明石間、高槻と新三田間の普通ですが、通過する列車は、新快速、快速、特急(サンダーバード、スーパーはくと、はるか)、あと回送の特急こうのとりが往来します。特急や新快速などの優等列車は130キロで爆走します。

Img_5907
新三田行き普通321系

▼濃密なダイヤなので、カメラの構えが結構忙しいです。京都方のホームで下り線を待っていると、後ろから上り列車がやって来ますが、気が付きにくいので、バックビューでしか撮影ができません。

Img_5875
回送の特急こうのとり

▼吹田工場も近くにありますが、近所には阪急の正雀工場もあります。

Img_5899

▼元々、曇り空でしたが、撮影していると、雨が降り出しました。いったん改札を出て、歩道橋に避難していると、一転してゲリラ豪雨となりました。

Img_5916

▼稲妻が光り、雷鳴がとどろきます。

Img_5917

▼ひどい状況がつ続きました。

Img_5919
雨で列車が見えない。

▼ということで、岸辺駅からは退散です。最後に、雷雨の状況をアップしておきます。今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

わずか30分足らずの間に6本の特急が発着。【近畿日本鉄道】

▼休日の朝。久しぶりにプレミアム観光特急「しまかぜ」を見たくなり、大阪上本町駅に行ってみました。「しまかぜ」は大阪上本町駅を10時43分に発車するので、少し前に地下ホームに降りました。

▼しばらくすると、名古屋からの名阪特急「アーバンライナー」が到着しました。車両は21000系6両で、名古屋は朝の8時20分に発車しています。大阪上本町には10時31分着。停車駅は津、大和八木、鶴橋、大阪上本町で、大阪難波には10時34分に着きます。

Img_5846_2

▼次にやって来たのは、名古屋行きの乙特急。大阪上本町を10時33分に発車。停車駅はアーバンライナーに比べると多くて、鶴橋、大和八木、名張、津、白子、近鉄四日市、桑名と停車し、終着近鉄名古屋には12時49分に到着します。この列車は、すべて旧カラーリング車ですが、前から22000系+22600系+12200系の混合編成でした。

Img_5851

▼続いてやって来たのは、賢島発の阪伊特急。賢島を8時に発車、大阪上本町には、10時37分に到着。この列車は、なんと22000系の新カラーリングですが、なんと、4両編成の短い編成でした。


Img_5855

▼その次は、いよいよプレミアム観光特急「しまかぜ」です。あいにくの雨模様だからか、空席が目立ちます。鶴橋からの乗車が多いのでしょうか。大阪難波は10時40分発で大阪上本町は43分に発車。

Img_5860

▼反対ホームには、2分後の10時45分に、名阪乙特急が到着。この列車は大阪難波方から22000系2両と後ろは新カラーリングの30000系ビスタカーでした。名古屋からの特急でビスタカーにはまだ乗ったことがないので、一度乗車してみたいです。

Img_5866

▼最後にやって来たのは、近鉄奈良発の伊勢志摩ライナー。阪奈間で伊勢志摩ライナーを使うとはなんと贅沢な運用方法でしょう。阪伊間の間合いの運用かもしれません。近鉄奈良を10時19分に発車し、大阪上本町には10時53分に到着します。

Img_5868

▼30分足らずの間に上下線で合計6本もの特急に出会うことができました。その間には、奈良線の一般列車が運転されており、休日にもかかわらず、なんとも高密度のダイヤで運転が行われています。やはり、特急王国の近鉄ならではの醍醐味ですね。今日はそうした特急の発着動画をご紹介しておしまいです。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「瑞風」に続く新しい観光列車の導入。【JR西日本】

▼JR西日本の6月定例社長会見で、新たな長距離列車の導入が発表されました。

JR西日本定例社長会見

▼先日、トワイライトエクスプレス「瑞風」が営業運転を開始しましたが、この列車はなかなか普通に乗車することはむずかしいです。それに対して、今回の長距離列車は価格的にも安くて手ごろな旅を提供してくれそうです。

Cimg7440
営業を終了した「トワイライトエクスプレス」

▼列車のコンセプトとしては、「多様性」「カジュアル」「くつろぎ」を考えています。「多様性」としては、多様な旅のスタイルを提供するための複数の種類の座席を提供し、時季によって複数の区間を運行する予定。

▼「カジュアル」としては、リーズナブルな価格設定にして気軽なテツ旅を楽しめるようにします。「くつろぎ」としては、車内でゆったりできるよう快適性の高い設備と歓談や食事が自由にできるフリースペースを用意する予定です。

Cimg7194
近鉄の観光特急「しまかぜ」

▼訪日観光の外国人をもターゲットとして、2020年の東京オリンピック前までには運行できるように準備を進めていくそうで、運行区間は、京阪神と山陰方面、京阪神と山陽方面を結ぶことを考えています。始発駅や途中駅で、その土地の名産品を買うことができるようにするようです。

▼車内設備としては、グリーン車(個室、1-2シート)と普通車(コンパートメント、フルフラットシート、2-2シート)とフリースペースをもつ車両を連結します。編成イメージとしては、グリーン車+普通車+普通車+フリースペース車+フルフラットシート車+グリーン車といったイメージだそうです。多様な座席の設定は近鉄の「伊勢志摩ライナー」に似ています。

Cimg5220
近鉄「伊勢志摩ライナー」

▼この列車のデザインは株式会社イチバンセンというデザイン事務所で、2014年に設立され、これまで「えちごトキめき鉄道」のリゾート列車「雪月花」の設計や、「土佐くろしお鉄道」中村駅のリノベーションを手掛けた実績を持ちます。

▼社長の記者会見では、この列車のネタ車には117系がなり、大阪・出雲市間で約7千円から2万3千円程度を想定しているそうです。新造ではなくて改造なので、近鉄の「青の交響曲(シンフォニー)」と同様の考え方のようです。

Cimg6234
ネタ車の117系@京都駅

Img_4403
改造車両で成功した「青の交響曲(シンフォニー)」

▼「瑞風」のように富裕層をターゲットにする列車以外に、もっとカジュアルに乗れる列車の開発に乗り出したJR西日本。JR九州や他の鉄道会社が試む観光列車へも本格的に進出するようですが、さて、近鉄やJR九州のように成功するでしょうか。

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヘッドライト以外に点灯するもので列車種別が一目でわかります。【近鉄】

▼久しぶりに近鉄の撮影に行ってみました。場所は近鉄奈良線八戸ノ里駅。ここは、待避線が上下にあり、普通が両端に停車して、快速急行や急行などが真ん中で追い抜いていきます。直線なので、ほぼ最高速度110キロで通過していき、迫力があります。

▼また、花園車庫から大阪難波や大阪上本町への特急の送り込み回送が待避線で停車するので、いろいろ身近に特級車両を観察することができます。この時も新カラーリングの12600系が停まっていました。

Img_5819

▼ところで、近鉄では阪神とは異なりヘッドライトは常時点灯して運転しています。これはJRとも共通しています。しかし、それ以外に面白い点灯をしていることをご存知でしょうか。ヘッドライト以外に尾灯と補助ライトが前面の裾あたりに設置されています。このライトを点けて列車種別を区別しています。近鉄では通過標識灯と言われています。

▼特急はこの通過標識灯を両方点灯させます。鶴橋駅での22000系特急です。前面の下部の通過標識灯が左右両方点灯しています。

Img_5429

▼快速急行も通過標識灯は両方点灯させています。大和西大寺駅での奈良行き快速急行で。

Cimg5752

▼続いて急行は、運転席側、つまり向かって右側の通過標識灯が点灯されます。鶴橋駅での宇治山田行きの急行です。右側の標識灯が点いています。

Img_5379
▼準急は逆に向かって左側の標識灯が点灯しています。 鶴橋駅での準急榛原行きです。

Img_5414

▼普通は標識灯を点灯させません。ヘッドライトのみの点灯となります。八戸ノ里駅での
大和西大寺行き普通です。この車両はシリーズ21で京都市営地下鉄への乗り入れが可能な3220系です。

Img_5817

▼また、回送は優等列車と同様標識灯を両方点灯させます。30000系の回送です。

091128_008

▼珍しいところでは、鮮魚列車があります。これは、なんと両方が点灯しています。

Cimg5250

▼細かいところなので、なかなか気が付きませんが、標識灯ひとつとってもなかなか面白い点灯の仕方をしています。この通過標識灯のおかげで、遠くからでも、接近する列車の種別がなにか分かるのはありがたいですね。

▼最後に通過標識灯をまとめた動画を紹介して、今回はおしまいです。
 

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今まで知らなかったんですが・・・【京阪準急はなぜ7両?】

▼京阪の特急のプレミアムカーが先ほど公開されました。どうですか。皆さんは乗りたいですか。私的には微妙ですが・・・

▼さて、今回は、雑学的な話題です。これまで、京阪は7両編成と8両編成が混在していて、どうして8両編成に統一しないのかと、疑問に思っていました。以前、枚方市まで通勤していた時に、つまり特急が京橋から七条まで止まらなかった時代ですが、あの頃、急行は今の特急並みの停車駅で意外に早かったのです。

▼その時代、急行は8両編成や7両編成が混在していました。ホームで待っていると、運転席のガラスに、「7」か「8」という数字が貼り付けられていて、それによって、乗車位置が変わってしまいます。7編成だと混雑するので、なかなか座れないので、ちょっと嫌でした。

Img_5683

▼いまや、その急行は朝夕の通勤時に運転される以外、特急と準急の天下となってしまいました。だって、特急が急行並みに停車するから、急行の出番がなくなりました。

Img_5681_2

▼ところで、8000系や3000系は8両編成なのに、一般車はなぜ7両と8両が混在しているのか。最新の10000系や13000系でも7両があります。京阪はケチなのかと思ったりしていました。最近までよくわかりませんでした。しかし、ようやく理解できました。

Img_5669

▼準急の停車駅で京都市内に入ると、ホームの長さが8両に足らなくて、7両が停車するのが精いっぱいだということが分かりました。中書島・七条間の急行停車駅以外のホームは短いそうです。今の今まで知らなかったとはお恥ずかしいお話ではあります。

▼今日の最後は、いろいろな型式の7両編成の準急の動画で締めくくります。では、今日はこの辺で。


にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

このご時世に運賃値上げ!?【広島電鉄】

▼広島電鉄では、3月24日に国土交通大臣に対して鉄道事業及び軌道事業の旅客運賃の改定(値上げ)申請を行っていましたが、5月23日に申請どおり認可を受けたと発表がありました。デフレが続くこのご時世に値上げとはちょっと奇異な感じがしますが、8月1日から改定となります。広島電鉄運賃値上げの認可

Img_4766

▼改定の概要としては、軌道事業では、普通運賃が本線が現行の均一160円から180円に、白鳥線が110円から130円に値上げとなります。鉄道事業では、3キロまで120円が140円に、14キロから17キロまでが210円から230円の値上げとなります。定期運賃も通勤、通学とも値上げになります。

Img_4761

▼値上げによる増収率は、定期外で10.9%のアップ、定期で10.7%のアップとなり、合計10.9%のアップとなります。鉄軌道部門の収支の実績及び推定によると、平成27年度の実績が5億6,500万円の赤字、収支率91.9%となっていますが、今回の改定による推定では、平成29年度から31年度までの3年間の平均で、1億5,200万円の赤字に縮減し、収支率も97.9%に改善する見通しとなっています。

Img_3168

▼今回の値上げに至った原因の1つは、輸送人員の減少があげられます。1995(平成7)年度をピークに輸送人員は減少傾向にあり、2015(平成27)年度の輸送人員は5,605万8,000人の実績から、2019年度の5,769万4,000人へと増加するとの推定ではありますが、マイカー、バスやJRなどの他の交通機関との競争、郊外への人の動きなどにより楽観はできません。

▼50年以上経過している車両が35両もあり、その置き換えが急がれており、その車両更新として超低床車両の導入により、24億7,600万円が必要となります。バリアフリー化のため、駅や電停の整備に2億7,200万円、そのほか、全国共通のICカードが利用できるようにする対策、ICカード共通定期券の導入、ICカード利用全ドア乗降化工事などにも投資が必要となります。

Img_3197

▼人件費の抑制策として、平成13年に契約社員制度を導入したものの、その後非正規乗務員の正社員化に当たり、職種別賃金制度の導入を図るとともに、退職金制度でも、調整率の圧縮や職種ごとの単価積み上げ方式への改定などにより、人件費の抑制を図っています。

▼車両の更新、バリアフリー化やICカードの利便性向上により、サービス向上を図り乗降客の増加をもくろんでいますが、そのためには多額の投資が必要であり、今後の人口減少傾向の状況のもとで、どの程度の増収が図られるかは疑問なところもあります。いずれにしても、この時期の値上げはちょっと、この先怖いものがありそうです。

Img_1328

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ここを越えると、ループトンネルへ。【北陸本線、新疋田駅】

▼2年ぶりに、北陸本線新疋田駅に行ってきました。この駅は敦賀まで1駅ですが、名物のループトンネルがあります。停車する列車は新快速が上下1本程度。朝夕は少し本数が増えます。

Img_5738

▼相変わらず、のんびりした駅です。近江塩津から到着した新快速からは、一人しか乗客が降りてきませんでした。

Img_5722

▼停車する列車は少ないですが、通過する列車は結構あります。大阪・金沢間の特急「サンダーバード」と名古屋・金沢間の特急「しらさぎ」が通過するので、1時間に4本は通過します。その合間に貨物列車も通過して行きます。

Img_5731

▼待合室には、鉄道ファンが撮った列車の写真が壁にいっぱい飾られています。みんな持ち寄って待合室に置いていくみたいです。懐かしい「トワイライトエクスプレス」の写真もあります。数年前までここを通過していました。

Img_5733

▼ここには中継信号機が上下線とも設置されており、今度は上下線のどちらから列車が来るかがわかります。撮影には便利な信号機です。

Img_5716

▼今回は、久しぶりにこの駅で撮った動画をご紹介します。まずは全般的なものです。



▼次は、大阪・金沢間の特急「サンダーバード」の通過風景です。



▼おしまいは、名古屋・金沢間の特急「しらさぎ」の通過風景です。


▼2年ぶりで訪れましたが、駅自身に変化はありません。しかし、駅の近隣地に、太陽光発電パネルが設置されていました。これには驚きました。今日はこの辺で。

Img_5741

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おけいはんの「洛楽」。

▼桜のシーズン、大型連休中、京阪では臨時の快速特急「洛楽」を運転していましたが、すでに5月6日で終了しました。この臨時列車は、比叡山連絡、鞍馬・貴船連絡、大原連絡など、京都の有名な観光地を結ぶ特急として、京橋から七条までノンストップで運転。以前の特急の停車駅を復活しています。

Img_5686

▼ところで、今年の2月25日から、これまでの土休日に運転して快速特急「洛楽」は平日にも、上下2本づつ運転が開始になりました。京橋と七条間のノンストップ運転は懐かしいです。

Img_5687

▼2月25日からは土休日も平日も「洛楽」は全列車が3000系がその役割を担うようになりました。一方、通常の特急は8000系は、8月デビューの「プレミアムカー」の改造工事のため、7両編成で運転されています。

Img_5690

▼8月に「プレミアムカー」が運転されると、また、ダイヤ改正はあるのでしょうか。「洛楽」はまた、8000系に戻るのでしょうか。気になりますね。今回は、3000系の動画をご紹介しておしまいです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道乗車記録へ

鉄道コム

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«偉大なる本線は、のどかなローカル線だった。【山陰本線山家駅】